医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ここが知りたい

強心薬のさじ加減【電子版】

北風 政史 (編著)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/02/26
ページ数
456ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,344 (本体¥6,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-13642-7
印刷版発行年月
2016/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
198 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

あえて時代を逆行しガイドラインやEBMの真逆をいく「さじ加減」について本邦の第一線で活躍する先生方に,ご自身の“さじ加減”のノウハウを披露して頂いた貴重な一冊.

目次

第1章 心臓の収縮と弛緩のメカニズム
  1.生理学的観点から 〈杉町 勝〉
  2.心筋細胞のカルシウムハンドリング 〈木原康樹〉
  3.高エネルギーリン酸の観点から 〈高島成二〉
  4.分子生物学的観点から 〈瀬口 理〉
  5.臨床の観点から 〈筒井裕之〉
第2章 強心薬とは
  1.強心効果のメカニズム 〈朝倉正紀〉
  2.経口強心薬 〈中本 敬 坂田泰史〉
  3.ドパミンとドブタミン 〈佐藤幸人〉
  4.ノルエピネフリン・エピネフリン 〈肥後修一朗〉
  5.PDE III阻害薬 〈塚本 蔵〉
  6.薬理学的視点からみた各種強心薬の特徴 〈柳澤輝行〉
第3章 強心薬を投与すべき病態とは
  1.強心薬が必要な病態とは? 〈高濱博幸〉
  2.どのような病態に強心薬が必要か? ―血行動態の観点から 〈大西勝也〉
  3.どのような病態に強心薬が必要か? ―心エコー図からわかること 〈長谷川拓也〉
  4.急性心不全―虚血性,非虚血性の病態と治療の差異 〈猪又孝元〉
  5.クリニカルシナリオ3の病態と強心薬 〈高濱博幸〉
  6.急性心不全―いかに強心薬をweaningするのか? 〈猪又孝元〉
  7.慢性心不全の病態と治療 〈絹川真太郎〉
  8.慢性心不全―いかに強心薬をweaningするのか? 〈絹川真太郎〉
  9.心不全患者の血行動態と神経体液性因子の関連性―強心薬により是正は必要か? また,可能か?
   〈市来智子〉
 10.心不全患者の血行動態と交感神経活性化の関連性―強心薬の投与はどのような影響を及ぼすのか?
   〈坂本隆史 岸 拓弥〉
第4章 急性心不全における強心薬の使いかた
  1.Forrester分類からみた考えかた 〈橋村一彦〉
  2.クリニカルシナリオからみた考えかた 〈橋村一彦〉
  3.Nohria-Stevenson分類からみた考えかた 〈橋村一彦〉
  4.腎不全を併発しているとき 〈吉原史樹〉
  5.肺高血圧症を合併するとき 〈大郷 剛〉
  6.心機能が極端に低下しているとき 〈安村良男〉
  7.心機能が保たれているとき 〈安斉俊久〉
  8.電撃性肺水腫での使いかた 〈舟田 晃〉
  9.左心不全が主体のときの使いかた 〈神崎秀明〉
 10.右心不全が主体のときの使いかた 〈福井重文 中西宣文〉
 11.COPDを合併したときの使いかた 〈佐田 誠〉
 12.強心薬の効果が十分でないときの対応 〈朝野仁裕〉
第5章 慢性心不全における強心薬の使いかた
  1.HFrEFでの強心薬の使いかた 〈木原康樹〉
  コラム:HFpEFでの強心薬の位置づけ 〈高濱博幸〉
  2.NYHAが悪化してきたときに強心薬を用いるべきか? 〈橋村一彦〉
  3.腎機能が悪化してきたときにどのように強心薬を用いるのか? 〈上田友哉 斎藤能彦〉
  4.BNPが上昇してきたときに強心薬を使うべきか? 〈橋村一彦〉
  5.EFが低下してきたときに強心薬を使うべきか? 〈橋村一彦〉
  6.心拡大が生じてきたときに強心薬を使うべきか? 〈坂根和志 石坂信和〉
  7.虚血性心疾患による心不全に強心薬を使うべきか? 〈田巻庸道 中川義久〉
第6章 強心薬と他の薬剤との併用のさじ加減
  1.強心薬と利尿薬 〈永井利幸〉
  2.強心薬とβ遮断薬 〈安村良男〉
  3.強心薬とRAS阻害薬 〈浅沼博司 北風政史〉
  4.強心薬と血管拡張薬 〈佐々木英之 橋村一彦〉
第7章 病態による強心薬の使いかた
  1.拡張型心筋症による心不全と強心薬 〈高濱博幸〉
  2.肥大型心筋症による心不全と強心薬 〈舟田 晃〉
  3.大動脈弁疾患における強心薬 〈天木 誠〉
  4.僧帽弁疾患による心不全と強心薬 〈天木 誠〉
  5.三尖弁疾患による心不全と強心薬 〈大原貴裕〉
  6.頻脈性および徐脈性心不全における強心薬の使いかた 〈山本博之 橋村一彦〉
  7.心筋梗塞後の心不全と強心薬 〈川上将司 野口暉夫〉
第8章 強心薬についてのワンポイントレッスン
  1.臨床で強心薬を用いると心筋細胞は傷害されるのか? 〈高濱博幸〉
  2.強心薬使用による心筋傷害は検出できるのか? 〈中野 敦〉
  3.強心薬と内皮機能は関係するのか? 〈塩島一朗〉
  4.強心薬とアディポネクチンは関係するのか? 〈岩嶋義雄〉
  5.呼吸機能に強心薬は関係するのか? 〈山本博之 橋村一彦〉
  6.強心薬は耐糖能異常と関係するのか? 〈佐々木英之〉
  7.強心薬は小児にどう使うのか? 〈白石 公〉
  8.強心薬は高齢者にどう使うのか? 〈菅野康夫〉
第9章 重症心不全患者の強心薬の使いかた
  1.重症心不全患者の強心薬の使いかた 〈大谷朋仁〉
  2.カテコラミンの導入・離脱の実際 〈瀬口 理〉
  3.IABPとの併用・IABP weaning時の使いかた 〈花谷彰久〉
  4.PCPS/VASとの併用・weaning時の使いかた 〈花谷彰久〉
  5.植込み型補助人工心臓時代の強心薬の使いかた 〈瀬口 理〉
第10章 強心薬の将来像 〈和泉 徹〉