医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

未破裂脳動脈瘤Japan standard【電子版】

井川 房夫 (他編)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/02/26
ページ数
206ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,912 (本体¥6,400+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-22850-4
印刷版発行年月
2015/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
34 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

世界トップレベルの発見数・治療数を誇る,本邦の未破裂脳動脈瘤の研究成果を第一人者がまとめた初めての書.現時点での最新エビデンスを踏まえた,指針となるバイブルだ.

目次

日本の医療背景 〈井川房夫,栗栖 薫〉
 日本の医療の評価  
 日本の医療と社会の問題点

本邦の破裂脳動脈瘤の疫学と統計データ 〈井川房夫,加藤庸子,小林祥泰〉
 島根県立中央病院のデータ
 脳卒中データバンク2015の解析  
 日本のSAHの疫学  
 SAHの頻度の推移  

破裂脳動脈瘤の危険因子 〈宮脇 哲,斉藤延人〉
 後天的要因  
 先天的要因
 環境要因
 脳動脈瘤の特徴  

感染と脳動脈瘤 〈田中篤太郎〉
 古典的感染性脳動脈瘤  
 感染と脳血管障害の新たな展開:リスクファクターとしての口腔内常在細菌  

脳動脈瘤の基礎研究:動物モデルと薬剤検証 〈青木友浩〉
 脳動脈瘤動物モデル
 脳動脈瘤形成機序の概略  
 モデル動物を使用した検討から見出された脳動脈瘤治療薬の創薬標的候補因子と候補薬剤  
 脳動脈瘤治療薬候補薬剤での臨床研究
 新時代の未破裂脳動脈瘤治療への展望  

脳動脈瘤の遺伝解析 〈広田健吾,赤川浩之,糟谷英俊〉
 脳動脈瘤を合併する遺伝性疾患
 脳動脈瘤遺伝解析の歴史  

未破裂脳動脈瘤の疫学と自然歴 〈森田明夫〉
 未破裂脳動脈瘤の頻度
 未破裂脳動脈瘤の分布  
 未破裂脳動脈瘤保有患者のリスク
 未破裂脳動脈瘤の破裂リスク  
 未破裂脳動脈瘤の拡大,新規動脈瘤発生リスク  

脳ドックと未破裂脳動脈瘤 〈山村明範,井上英明,端 和夫〉
 最初の脳ドックと未破裂脳動脈瘤
 わが国での脳ドックの普及  
 脳ドックでの未破裂脳動脈瘤検出の現状
 脳ドックで明らかとなった未破裂脳動脈瘤の特徴
 脳ドックで発見された未破裂脳動脈瘤への対応  

脳血管・神経内科医からみた未破裂・非破裂脳動脈瘤 〈岡田 靖,湧川佳幸〉
 未破裂脳動脈瘤と非破裂脳動脈瘤
 高齢化社会と未破裂脳動脈瘤  
 UCAS Japanの部位・サイズ別破裂リスクに関する脳血管内科医の見方  
 脳血管内科での非破裂脳動脈瘤の診療の実際  
 生涯累積破裂率やオッズ比より1日の破裂リスクの説明  
 未破裂脳動脈瘤に対する積極的内科治療  

未破裂脳動脈瘤の治療適応 〈山口竜一,塩川芳昭〉
 UCAの治療背景
 無症候性小型のUCA治療決定に関わる因子  
 症候性または大型のUCA治療  
未破裂脳動脈瘤のマルコフモデル解析 〈張 漢秀〉
 序論
 目的
 マルコフ過程モデル
 結果
 考察  

未破裂脳動脈瘤のインフォームドコンセントと訴訟リスク 〈福永篤志〉
 インフォームドコンセント(IC)
 訴訟リスク  

未破裂脳動脈瘤と医療倫理 〈穂刈正昭,寳金清博〉
 インフォームドコンセント
 医療安全・リスクマネジメント  
 脳神経外科治療におけるEBM
 臨床研究と個人情報
 教育
 基礎研究  

未破裂脳動脈瘤の数値流体力学(CFD) 〈石田藤麿,鈴木秀謙〉
 血行力学的パラメータ
 CFDの脳動脈瘤臨床応用  

未破裂脳動脈瘤の画像フォローと評価 〈石橋敏寛,村山雄一〉
 MRAかCTAか?
 画像評価の間隔について
 増大の可能性に関する考察  
 経過観察中のde novo脳動脈瘤
 未破裂脳動脈瘤の外来診療  

未破裂脳動脈瘤の推移と統計データ解析 〈井川房夫,森田明夫〉
 未破裂脳動脈瘤の保有率
 日本の未破裂脳動脈瘤の推移と今後(人口変化)  
 SAHの予防について
 今後の検討事項  

未破裂脳動脈瘤の治療(手術) 〈吉岡秀幸,木内博之〉
 手術適応
 治療法の選択
 クリッピング術前神経放射線学的診断  
 手術戦略
 開頭方法
 術中モニタリング  
 治療成績
 代表的部位の動脈瘤クリッピング術  

未破裂脳動脈瘤に対する血管内治療 〈坂井信幸,今村博敏,有村公一〉
 用いる機器と治療方法
 治療成績  

困難な未破裂脳動脈瘤の治療 〈菊池隆幸,宮本 享〉
 何が困難なのか?
 バイパス術併用クリッピング術・バイパス術併用コイル塞栓術  
 外科的トラッピング術・血管内治療による親血管閉塞術  
 外科的血流変更治療
 治療に際してのほかの留意点  

QOLの側面からみた無症候性未破裂脳動脈瘤の外科的治療 〈山城重雄,西 徹〉
 QOLはなぜ大切か
 健康関連QOLの概念と測定  
 未治療の脳動脈瘤を有する患者のQOL
 治療後のQOLの変化  
 QOLからみた未破裂脳動脈瘤根治術の妥当性  
 患者の心理を考慮した手術適応の考え方
 高齢者に対する対応  
 コイル塞栓術とQOL  

小型未破裂脳動脈瘤 (Small Unruptured Intracranial Aneurysm Verification Study─SUAVe Study)
  〈山崎友郷,園部 眞,米倉正大,SUAVe Study, Japanグループ〉
 方法
 対象
 Endpoint
 結果
 考察  

本邦の進行中未破裂脳動脈瘤研究 〈辻 篤司,野崎和彦〉
 疾患リスクの評価
 現行治療法の効果およびリスクの評価  
 新規治療法の評価  

未破裂脳動脈瘤の今後の展望~治療に残された課題~  〈鈴木倫保〉
 UCA治療効果の再考  
 UCAにおける治療決断とその根拠:破裂リスク治療リスクとは何か,morbidityとは何か