医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

高次脳機能障害を解きほぐす 臨床推論と理学療法介入【電子版】

渡辺 学 (執筆)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/07/30
ページ数
176ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,320 (本体¥4,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1926-3
印刷版発行年月
2018/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
36 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

高次脳機能障害は症状・背景ともに数多くの要素が絡み合っているため,リハビリテーション医療のなかでも特に難解とされている。本書は高次脳機能障害の理学療法場面において,多彩な症状をどう評価すればよいのか,どのように介入すればよいのかを整理し簡潔に示している。
「リーチがずれる」「左側に気づかない」など臨床症状に基づく構成とし,それぞれ関連する高次脳機能障害を挙げて,鑑別方法,理学療法評価,治療介入を示している。特に治療介入については「文献的エビデンス」で科学的根拠を充実させている。また,認知機能よりもさらに低次レベルからの介入として「視機能からの介入」も記述している。

目次

Ⅰ 概論
 1 高次脳機能障害とは
  認知機能とは
  認知機能と高次脳機能との違い
  認知心理過程
  神経機能的認知処理過程
  高次脳機能障害
  階層的高次脳機能障害
 2 高次脳機能障害と理学療法
  感覚運動統合
  環境適応のための行動要素
  高次脳機能障害の評価における理学療法の役割
  高次脳機能障害の治療における理学療法の役割
 3 視機能と高次脳機能障害
  視覚は現実か
  視覚の脳内処理
  視覚認知障害
  視覚と視機能
  視機能の障害
 4 視機能と視覚認知
  視野と視力
  立体視と両眼視機能
  大脳における階層的視覚処理
  視覚性注意と恒常性
 5 視機能と運動
  眼と手の協調
  視空間認知能力
  眼球運動と姿勢
  視覚と姿勢バランス
  視覚と歩行
  視覚的イメージと身体
  他者の動きの知覚
  一人称的イメージと三人称的イメージ
  眼球運動の神経機構
 6 視機能からの理学療法
  眼球運動トレーニング
  眼と身体の協応トレーニング
  イメージ・トレーニング
  メンタル・リハーサル
  動作の言語誘導
  動作の視線誘導
 
Ⅱ 行為の障害
 1 リーチがずれる 主に頭頂葉損傷に由来するリーチ障害
 2 握り方が不自然 主に頭頂葉損傷に由来するpreshaping 障害
 3 物品を扱うのが拙劣 主に道具の使用障害
 4 動作をマネできない 主に模倣障害
 5 動作の手順がおかしい 主に系列的操作の障害
 6 左右の手で反する行為をする 主に脳梁離断症候群
 7 社会生活に適応できない 主に遂行機能障害
 8 半身を動かそうとしない 主に運動無視
 9 なかなか動き出さない 主に運動開始困難
 10 同じことを繰り返す 主に運動性保続
 11 勝手に行動を起こす 主に道具の強迫的使用
 12 握って離さない 主に把握現象
 
Ⅲ 認知の障害
 1 左側に気づかない 主に半側空間無視
 2 左手を自分のものと思わない 主に半側身体失認
 3 病識に乏しい 主に病態失認
 4 椅子やベッドに不適切な姿勢をとる 主に頭頂葉損傷による空間定位障害
 5 姿勢矯正に抵抗する 主にpusher 症候群
 6 壁にぶつかる 主に視覚性注意障害
 7 衣服を着るのが不適切 主に着衣障害
 8 左右を間違える 主にゲルストマン症候群
 9 物を探し出すことができない 主に視覚性失認
 10 道に迷う 主に地誌的失見当識
 11 周囲のものが気になる 主に注意障害