医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

研修医のための輸液・水電解質・酸塩基平衡【電子版】

藤田 芳郎 志水 英明 富野 竜人 野村 篤史 (編集)

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/09/24
ページ数
356ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥6,048 (本体¥5,600+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-12360-1
印刷版発行年月
2015/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

臨床に応用するための水電解質・酸塩基平衡の基本を,日々の臨床経験を踏まえて,本格的にわかりやすく解説する.研修医,救急医はもちろん,すべての医療者必読の1冊!

目次

第1章 研修医のための水電解質と輸液の基本
 1.初期研修医のための輸液の基本 <今泉貴広 藤田芳郎> 
   1.水を3 L急速に飲んだら「細胞内液」と「細胞外液」はどう変化するか? 
   2.水を3 L飲んだとき血清Na濃度はどうなるか?
   3.水を3 L飲むことの問題点は何か?
   4.浮腫とは何か?
   5.水を3 L急速に飲んだ状態を点滴で再現できるか?
   6.5%ブドウ糖液を点滴することの問題点?
   7.「等張液」とは?
   8.「有効浸透圧」=「張度」とは?
   9.等張液⊿Lを点滴すると「細胞内液量」と「細胞外液量」はどうなるか?
  10.「等張液を投与する」行為を何と呼ぶか? 
  11.脳梗塞直後に輸液をするときどんな輸液が適切か? 
  12.細胞内液量と細胞外液量の変化を定義する 
 2.細胞内液量と細胞外液量の変化とその組み合わせ<川人瑠衣 藤田芳郎> 
  1.例題 
  2.ある濃度のNaCl輸液yL点滴後の細胞内液量と細胞外液量の求め方 
  3.症例問題 
  4.まとめ 
 3.頻出する6つの尿細管細胞 <野村篤史 藤田芳郎> 
  1.尿細管の区分 
  2.尿細管沿岸の都市の全体像 
  3.覚えておくと便利な主要な尿細管細胞6つ 
 4.初期研修医のための利尿薬の基本 <湊口 俊 藤田芳郎> 
  1.利尿薬とは何か 
  2.利尿薬は基本的にどんな時に用いるのか? 
  3.利尿薬を使う時の14の心得 
  4.「Na吸収阻害薬」の副作用 
  5.トルバプタン 
 5.生理食塩水は等張液か? 「偽性低Na血症」とは?<滝澤直歩 藤田芳郎>
  1.生理食塩水は等張液か? 
  2.各種輸液製剤の比較 
  3.「偽性低Na血症」とは何か? 
  4.「高血糖」の時の低Na血症は「偽性低Na血症」ではない!「低Na血症」が「細胞萎縮」となる例外的な状況である 
 6.初期研修医のための「ショックの診かた考え方」<丸井伸行> 
 7.救急外来における糖尿病性ケトアシドーシスと高浸透圧性高血糖状態の治療
  1.DKAとHHSの病態と比較 
  2.救急外来での診断にあたって 
  3.検査のポイント 
  4.DKAとHHSの治療ポイント 
  5.治療効果判定 
 8.栄養輸液の基本 <尾関貴哉> 
  1.栄養輸液の大前提 
  2.維持輸液の基本 
  3.蛋白質(アミノ酸製剤) 
  4.脂質(脂肪乳剤) 
  5.糖質(ブドウ糖液) 
  6.インスリン 
  7.電解質 
  8.微量元素 
  9.ビタミン 
  10.急性期の患者の栄養輸液 
  11.低栄養患者とRefeeding症候群について 
 9.本書で使う用語の定義について <藤田芳郎> 

第2章 研修医のための酸塩基平衡の診かた考え方
 1.誰でもできる酸塩基平衡異常のステップ診断<湊口 俊 藤田芳郎> 
 2.アニオンギャップ上昇代謝性アシドーシス―アニオンギャップと「Na-Cl」の考え方― <湊口 俊 藤田芳郎> 
 3.乳酸アシドーシス(もう1つのショック) <志水英明> 
 4.アニオンギャップ正常代謝性アシドーシス(高Cl性代謝性アシドーシス)<志水英明>
 5.代謝性アルカローシス <川人瑠衣 藤田芳郎> 
 6.呼吸性アルカローシス <谷澤雅彦> 
 7.呼吸性アシドーシス <木田 節>

第3章 水電解質の診かた考え方
 1.K代謝 
 2.CaとMgとリン酸の総論 <藤田芳郎> 
 3.Ca代謝 <龍華章裕> 
 4.Mg代謝 <大山友香子>
 5.リン酸代謝
 6.血清Na濃度異常 

クイックリファレンス <葉末 亮 藤田芳郎> 
 高K血症の治療 
 低K血症の緊急治療 
 高Ca血症の治療 
 低Ca血症の治療 
 低リン酸血症の治療 
 高リン酸血症の治療 
 低Mg血症の治療 
 高Mg血症の治療 
 低Na血症の緊急治療 
 高Na血症の治療のまとめ  

索 引