医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

こんなときどうする?PCIトラブルの対処術【電子版】

坂田 泰史 (監)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-24933-6
電子版発売日
2018/08/20
ページ数
186ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,940 (本体¥5,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-24141-5
印刷版発行年月
2018/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

PCI手技中にデバイススタック、冠動脈破裂・穿孔、ステント脱落、空気塞栓などに遭遇したことはありませんか? 本書では、これまでPCI合併症とその対策について20年以上症例検討を続けている研究会、Gruentzig Clubが集積した、PCI合併症に関する情報を余すことなく提供し、PCI初級者とカテ室スタッフが、必ず知っておくべき合併症とその予防法、具体的な対処法をわかりやすく解説した。

目次

【内容目次】
A 日本におけるPCI合併症の現状
B デバイススタック
 〈1〉IVUSスタック
  1.発生機序と予防法
  2.対処術
 〈2〉ガイドワイヤースタック
  1.発生機序
  2.対処術
 〈3〉バルーンスタック
  1.発生機序と予防法
  2.対処術
C 冠動脈血腫
 1.発生機序と診断法
 2.対処術
D 冠動脈破裂バルーン血管形成術やステント留置後
 1.発生機序と予知法
 2.対処術
  a パーフュージョンカテーテル利用法
  b カバードステント利用法
E 冠動脈穿孔
 1.発生機序と予防法
 2.対処術
  a コイル利用法
  b 塞栓物質利用法
  c マイクロカテーテル利用法
F slow flow/no flow
 1.発生機序と予知法
 2.予防法
 3.対処術
G ステント脱落
 1.発生機序と予防法
 2.対処術
H 穿刺部合併症
 1.仮性動脈瘤・動静脈瘻
 2.後腹膜血腫
 3.TRIの穿刺部合併症
 4.Angio-Sealのトラブル
 5.腸腰筋膿瘍
I 空気塞栓
 1.発生機序と予防法
 2.対処術
J その他の合併症
 1.急性A型大動脈解離に合併する冠虚血
 2.造影剤腎症
 3.ガイディングカテーテルのキンク
 4.Tornusの合併症
K ロータブレーターの合併症
 1.発生機序と予防法
 2.対処術
  a slow flow/no flow
  b 冠動脈破裂
  c スタック
  d その他
L レーザー血管形成術の合併症
 1.発生機序と予防法
 2.対処術
  a 冠動脈破裂
  b その他
M 角辻流:IVUSを活用した合併症対処術
 1.血腫の診断・対処術
 2.冠動脈破裂の予知・診断・対処術
索引