医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

プロフェッショナル腰痛診療【電子版】

山下 敏彦 西良 浩一 金岡 恒治 (編著)

札幌医科大学医学部整形外科教授/徳島大学大学院医歯薬学研究部運動機能外科学教授/早稲田大学スポーツ科学学術院教授

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/12/17
ページ数
176ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,320 (本体¥4,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-05480-6
印刷版発行年月
2018/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
102 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

本邦における腰痛の有病率は約4割。もはや国民病の域といっても過言ではなく、職業性腰痛の総医療費は820億
円にものぼります。一方で、近年は新薬の登場や運動療法の進歩、手術療法の低侵襲化などさまざまな進歩によっ
て診療に変革が生じている領域でもあり、本疾患診療のスキルアップは必須であるともいえます。そこで本書で
は、腰痛診療の「プロ」として身につけておくべき知識・ノウハウ、最新知見をあまさず解説します。

目次

I プロフェッショナルのための腰痛基礎知識
 1.現代腰痛事情 〈山下敏彦〉
  1.腰痛の疫学
  2.腰痛の社会的影響
  3.アスリートの腰痛
  4.腰痛の原因
 2.腰痛に関する生理学・解剖学 〈山下敏彦〉
 腰痛の発生・伝達の生理学
  1.腰椎組織の侵害受容器
  2.腰痛の伝達と制御
 腰痛発生源の解剖・生理学
  1.筋肉・筋膜
  2.椎間関節
  3.椎間板
  4.仙腸関節
 3.腰痛診療のストラテジー―最近の考え方 〈山下敏彦〉
  1.腰痛症例の初期診断
  2.腰痛の治療方針の策定
  3.慢性腰痛症例への対応
  4.治療のゴール設定

II 腰痛の発生源を見極める
 1.腰痛患者の初期対応―問診・身体診察の手順 〈西良浩一〉
  1.問診
  2.身体診察
 2.腰痛診療のトリアージ 〈西良浩一〉
  1.Red flags
  2.下肢症状
  3.深刻な原因のない腰痛(従来の非特異的腰痛)
 3.若年者(アスリートを含む)の腰痛の原因究明 〈金岡恒治〉
  1.若年者(アスリート)の腰痛の特徴
  2.腰痛の発生メカニズム
  3.腰部障害と他の運動器障害との関連性
 4.中高年の腰痛の原因究明 〈西良浩一〉
  1.問診から画像診断
  2.下肢症状の診断
  3.腰痛の診断

III 腰痛をどう治す?
 1.患者への説明と指導(ムンテラ) 〈酒井紀典〉
  1.患者への説明
  2.患者への指導
 2.薬物療法の方針と実際 〈酒井紀典〉
  1.腰痛に対する薬物療法の基礎知識
  2.腰痛に対する第一選択薬について
  3.腰痛に対する第二選択薬について
 3.理学療法の方針と実際―運動療法,物理療法 〈大久保 雄〉
  1.腰痛治療のエビデンス
  2.腰痛の病態分け
  3.病態に応じた腰痛の運動療法
  4.腰痛に対する物理療法
 4.装具療法の方針と実際 〈酒井紀典〉
  1.腰痛に対する装具療法の効果
  2.腰痛に対する装具の種目
  3.腰痛に対する装具療法の実際
  4.著者らの装具療法の選択
  5.腰痛は装具で予防可能か?
 5.他診療科・メディカルスタッフとの連携(集学的治療) 〈村上孝徳〉
  1.病態把握
  2.Red flag+α
  3.「痛い」に対し包括的意義付けを
  4.病態に応じた治療
  5.集学的治療の意義
  6.集学的治療形態
  7.集学的治療にかかわるスタッフ
  8.治療はオーダーメード
  9.集学的治療の有効性
  10.集学的治療の問題点
 6.心理・社会的要因の評価と対応 〈村上孝徳〉
  1.痛みに対する評価
  2.患者に話させよう
  3.Hospital Anxiety and Depression Scale(HADS)
  4.Pain Disability Assessment Scale(PDAS)
  5.Pain Catastrophizing Scale(PCS)
  6.Brief Scale Psychiatric Problem in Orthopaedic Patients(BS—POP)
  7.Athens Insomnia Scale(AIS)
  8.General Self—Efficacy Scale(GSES)
  9.Narrative—based Medicine(NBM)
  10.心理・社会的評価の意義

IV 腰痛を起こさないために(腰痛予防のストラテジー)
 1.日常生活指導 〈手束文威〉
  1.腰痛の発生因子
  2.腰痛発症の危険因子
  3.日常生活指導のポイント
 2.腰痛予防のための運動療法 〈成田崇矢〉
  1.腰痛の発生因子
  2.機能面からの椎間板変性,椎間板性腰痛予防
  3.伸展型腰痛,椎間関節性腰痛の予防
  4.腰痛予防の基本としての腹筋運動
 3.腰痛予防のための環境整備 〈村上孝徳〉
  1.腰痛を構成する要素
  2.腰痛と加齢的変化
  3.腰痛とストレス
  4.腰痛と運動療法
  5.職場における腰痛予防対策指診
  6.職業性腰痛
  7.リスクアセスメント
  8.家庭におけるリスクマネジメント
  9.腰痛に対する理解

V 腰痛診療アドバンスド
 1.腰痛に対する低侵襲手術の適応と注意点 〈手束文威〉
  1.腰痛に対する手術療法の適応
  2.危険信号(red flag)を有する腰痛に対する低侵襲手術
  3.神経症状を伴う腰痛,椎間板性腰痛,腰椎分離症に対する低侵襲手術
 2.トップアスリートにおける腰痛診療 〈半谷美夏〉
  1.トップアスリートの腰痛の実態
  2.診療に訪れるトップアスリートの腰痛の原因と特徴
  3.トップアスリートの腰椎分離症
  4.腰部障害と鑑別が必要な腰痛
  5.変形性変化に関係した腰痛(棘突起間インピンジメントなど)
  6.トップアスリートの診療におけるポイント
 3.難治性腰痛患者への対応 〈村上孝徳〉
  1.身体的要因からも難治化する
  2.何をしてあげられるか考えよう
  3.「痛い」は「辛い」である
  4.鎮痛薬にこだわらない
  5.薬物療法の意義
  6.運動療法の有効性
  7.認知行動療法の有効性
  8.慢性腰痛の治療目標
  9.身体的評価は定期的に行う

索引