医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

糖尿病性腎臓病の診かた,考えかた【電子版】

和田 隆志 柏原 直樹 (編著)

金沢大学医薬保健学総合研究科腎臓内科学教授/川崎医科大学腎臓・高血圧内科学教授

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/12/24
ページ数
224ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,536 (本体¥4,200+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-22436-0
印刷版発行年月
2018/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
142 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

糖尿病の視点からも腎臓病の視点からも大きなテーマである糖尿病性腎症.近年ではdiabetic kidney disease
(DKD)という新しい用語も現れ,「糖尿病性腎臓病」と訳され,その定義付けが課題の一つとなっている.この
ように糖尿病性腎症を取り巻く環境が変化する中で,最新の知見を踏まえて従来の腎症との違いを理解すること
は必須.本書では多様化する臨床病態を見抜く洞察力を手に入れるべく,エキスパートが結集しまとめあげた.

目次

Ch. I 臨床疫学[和田隆志]
 ■ 超高齢社会により糖尿病性腎症・糖尿病性腎臓病はどのように変化したか?
 ■ 糖尿病例における正常アルブミン尿かつ腎機能低下例:糖尿病性腎症?
 ■ 2型糖尿病にみられる糖尿病性腎症の早期病変とは?
 ■ 高齢者の糖尿病性腎症の臨床的な特徴は?
 ■ 糖尿病性腎症と腎硬化症
 ■ 現在社会を背景とした糖尿病性腎症レジストリー
 ■ 糖尿病性腎症病期分類2014
 ■ 2型糖尿病例では急性腎障害が起こりやすい
 ■ 糖尿病性腎症とアジア諸国を中心とした国際共同研究の展開
 ■ 糖尿病性腎症は寛解が見込まれるか?
 ■ アルブミン尿・蛋白尿が改善すると予後の改善も見込まれる?
 ■ 糖尿病性腎症とチーム医療

Ch. II 病理・臨床像[古市賢吾]
 ■ 腎生検の適応
   臨床的背景
   糖尿病性腎症の臨床的特徴
   腎生検を考慮するポイント
   腎生検の意義
 ■ 病理所見の定義とその鑑別
   びまん性病変
   結節性病変
   びまん性病変と結節性病変の鑑別
   GBM二重化・内皮下腔開大
   滲出性病変
   メサンギウム融解
   糸球体肥大
   糸球体門部小血管増生
   全節性硬化
   分節性硬化
   間質線維化/尿細管萎縮
   間質の細胞浸潤
   細動脈硝子化
   動脈硬化
 ■ 糖尿病性腎症と腎硬化症
   糖尿病性腎症
   腎硬化症
   糖尿病性腎症と腎硬化症
 ■ 病理所見の臨床的意義

Ch. III 診断・バイオマーカー[湯澤由紀夫,稲熊大城,高橋和男,伊藤衣里,秋山真一]
 ■ 臨床診断
   糖尿病の分類と診断
   どういう場合に糖尿病性腎症を疑うか?
   糖尿病性腎症診断の実際の例
 ■ 病理診断
   糖尿病性腎症による腎の変化
   病態生理
   腎生検の適応
   結節性病変の鑑別
 ■ 臨床的バイオマーカー
   バイオマーカー
   腎障害の理想的なバイオマーカーは?
   尿中バイオマーカー
   血清・尿中の炎症性バイオマーカー
   血清・尿中の酸化ストレスバイオマーカー
 ■ 基礎的バイオマーカー
   バイオマーカー探索技術の進歩
   オミックス科学と分析技術
   糖尿病性腎症における基礎的バイオマーカー
   システムズ生物学への統合と人工知能による診療時代の到来

Ch. IV 治療 1:生活習慣に関わる治療・指導
1 生活指導・運動療法 [久米真司]
 ■ 生活指導の実際
   生活指導概論
   生活習慣改善・維持のための戦略 ─目標の設定─
   生活習慣改善・維持のための戦略 ─自己管理のサポート─
   糖尿病性腎症患者に求められる生活指導
   生活指導の一実践例
   生活指導のまとめ
 ■ 運動療法
   糖尿病性腎症における運動療法の現状
   糖尿病性腎症における運動療法の有効性
   運動療法の実際─リスク評価と注意事項─
   運動療法の実際─運動療法の処方─
   運動療法のまとめ
2 食事療法 [鈴木芳樹]
 ■ CKDおよび腎症の食事療法基準
 ■ エネルギー
 ■ 蛋白質
 ■ ナトリウム(食塩)
 ■ カリウム
 ■ リン
 ■ CKDおよび腎症におけるLPDに関するエビデンス
   腎代替療法までの期間延長
   腎機能低下の抑制
   尿蛋白(アルブミン)量の減少
   サルコペニア,フレイル,protein-energy wasting(PEW)
 ■ 体重の取り扱い方
 ■ 注目されている問題および今後の食事療法の展望

Ch. V 治療 2:血圧管理[柏原直樹]
 ■ 治療の基本方針
 ■ 糖尿病性腎症の基盤病態
   腎内微小血行動態の異常
   血管内皮機能障害
 ■ 糖尿病性腎症における血圧管理:130/80mmHg未満の厳格な降圧が必要
 ■ 糖尿病性腎症の第一選択薬:RA系阻害薬
   糖尿病性腎症進展抑制,重症化抑制効果
   糖尿病性腎症の発症抑制効果
 ■ 降圧薬併用療法
   RA系阻害薬と利尿薬の併用のアドバンテージ
   Ca拮抗薬併用のアドバンテージ
   RA系阻害薬の併用療法

Ch. VI 治療 3:血糖管理と新しい治療法の開発
1 G1〜G3aの血糖コントロール [宮本 聡,四方賢一]
 ■ 糖尿病性腎症の病期分類
   治療方針
   血糖コントロールの目標値
 ■ 血糖コントロールと腎症の進展抑制
 ■ 血糖コントロール上の留意点
 ■ G3aにおける薬物療法上の留意点
2 G3b以降の血糖コントロール[小田香織,四方賢一]
 ■ 経口血糖降下薬
 ■ インスリン製剤
 ■ GLP-1受容体作動薬
Column 1 糖尿病性腎症の透析管理[大西章史,杉山 斉]
 血糖管理
 体液管理
 血圧管理
 骨代謝の管理
 透析療法の選択(血液透析か,腹膜透析か)
3 糖尿病治療薬の選択[利根淳仁,四方賢一]
 ■ 糖尿病治療薬の選択にあたって
   ビグアナイド薬
   DPP-4阻害薬
   GLP-1受容体作動薬
   SGLT2阻害薬
   SU薬,速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)
   その他の薬剤(αグルコシダーゼ阻害薬,チアゾリジン薬)
   インスリン
 ■ 腎保護作用が期待される糖尿病治療薬
4 集約的治療[梶谷展生]
 ■ 糖尿病性腎症に対する集約的治療
 ■ 早期腎症を有する2型糖尿病に対する集約的治療の効果
 ■ 顕性腎症患者に対する集約的治療の効果
 ■ 本邦における糖尿病性腎症の進展抑制のための集約的治療
Column 2 チーム医療の実践スキル[遠山直志,徳丸季聡,古市賢吾,和田隆志]
 チーム医療とは
 糖尿病性腎症におけるチーム医療の目的
 糖尿病性腎症のチーム医療を実践する仕組み
 チーム医療における専門性
 チーム医療を推進する診療体制
 チーム医療に対する診療報酬
 チーム医療の研究例 1:Steno-2 試験
 チーム医療の研究例 2:FROM-J研究
 チーム医療の研究例 3:DNETT-Japan 試験
5 期待される今後の治療薬[四方賢一]
■ 糖尿病性腎症の成因と治療薬
  糸球体血行動態異常とレニン・アンジオテンシン系の亢進
  糖化反応
  酸化ストレス
  細胞内代謝異常
  炎症
■ 新たな糖尿病治療薬の開発
  ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬
■ エンドセリン受容体拮抗薬
  バルドキソロンメチル
  SGLT2阻害薬
  GLP-1受容体拮抗薬

索引