医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ビッグデータが医療を変える【電子版】

北風 政史 (著)

国立循環器病研究センター臨床研究部長

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2018/12/31
ページ数
150ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,592 (本体¥2,400+税8%)

印刷版ISBN
978-4-498-04860-7
印刷版発行年月
2018/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

近年、経済やマーケティングの世界、身近な天気予報などの分野でビッグデータが用いられるようになり、医学や
医療の世界においてもPrecision Medicine = F(ビッグデータ)の時代へ向け、仮説主導の統計的手法から、データ
マイニング(発掘)による研究手法へと変化しつつある。そこで本書では筆者らの十数年間にわたるビッグデータ
解析の証跡をたどりながら、医学・医療におけるビッグデータ解析から生まれる新たな研究手法の可能性を探る。

目次

第1章 科学としての医療・医学とはなにか?
 1 医療の科学性は必然か?
 2 医学のなかの科学性
 3 医学という学問に内在する科学と技術
 4 医学における研究とは
 5 医学・医療は自然科学か、それとも応用科学か
 6 医学における基礎研究とは
 7 医学における臨床研究とは

第2章 医学研究の進展方向と実臨床への展開
 1 医学・医療の宿命としての生体の多様性
 2 その原因は出口研究としての創薬研究
 3 出口研究としての大規模臨床研究
 4 出口研究としての科学の新しい方向性
 5 次世代の科学とは
 6 次世代科学としての数理科学・データ中心科学
 7 第3の科学の実例
 8 第4の科学の実例
 9 出口研究としての医学研究の将来像
 10 医学研究の最終的ゴール・医療の最終的ゴール

第3章 数理医学のあり方
 1 医学・医療を数理科学で扱えるか
 2 医科学構造の中での生理学の位置づけ
 3 生理学から臨床研究へ
 4 数理医学を普遍化する
 5 数理医学を現実化する
 6 The Lancetへの挑戦
 7 The Lancetからの返事
 8 The Lancetへの反論
 9 The Lancet:希望と挫折

第4章 新たな数理医学への挑戦
 1 BNPと心不全
 2 一次予防や先進治療における数理医学の広がり

第5章 医学とデータマイニング
 1 データマイニングへ至る道
 2 データマイニングの考え方
  1.データ数はどれぐらい必要ですか?
  2.データの形式はどうするのがいいのですか?
  3.データ品質はどのようなことが問われますか?
  4.データ前処理とは何ですか?
 3 医学におけるデータマイニングの必要性
 4 医学におけるデータマイニング─心不全
 5 医学におけるデータマイニング─心筋梗塞
 6 医学におけるデータマイニング─生活習慣病
 7 医学・医療におけるデータマイニングの総括

第6章 データマイニングから基礎研究へ
 1 糖尿病と心不全
 2 心不全症例における糖尿病・IGT
 3 心不全と糖尿病・IGTに関する基礎研究
 4 心不全と糖尿病・IGTが関係するメカニズム
 5 ヒスタミンH2受容体拮抗薬と心不全
 6 医学における基礎研究・臨床研究の在り方

第7章 医療・医学のビッグデータを如何に集めるか
 1 医学領域におけるビッグデータ
 2 循環器領域におけるビッグデータ
 3 循環器領域のビッグデータ活用の利点と課題

第8章 ゲノムにおけるビッグデータ
 1 心不全モデル動物におけるDNAマイクロアレイ解析
 2 ヒト不全心筋を用いたマイクロアレイ解析
 3 心不全におけるSNP解析の可能性

第9章 基礎医学と臨床医学の往還
 1 今後の医学研究のあり方
 2 臨床医学の科学化