医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

陰陽虚実がわからなくても処方できる!

漢方薬処方レクチャー まずはこれだけ20【電子版】

生薬の処方構造で「どの薬を」「なぜ使う」がピピッとわかる

淺羽 宏一 (著)

近森病院総合診療科部長

出版社
メディカ出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/04/22
ページ数
200ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,320 (本体¥4,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-8404-6197-9
印刷版発行年月
2017/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

【症状・愁訴別にもっと簡単に使える漢方薬!】

ベストティーチャー賞受賞の弁舌さわやかな処方レクチャー。陰陽、虚実、寒熱、五臓などなど、漢方のことはくわしくわからなくても処方はできる! 生薬の処方構造をもとに現代の言葉で漢方処方をスッキリ解説。今日の臨床から使ってみたくなる漢方処方の極意。

目次

・はじめに

(0)漢方薬をもっと処方する前に知っておきたいこと
(1)こじらせた風邪に小柴胡湯
(2)うつ病のような忠者さんの喉の詰まりに半夏厚朴湯
(3)胃カメラで異常がないのにご飯が食べられない人に六君子湯
(4)血流がよくない人の足のしびれに桂枝茯苓丸
(5)冷えからくる下痢に人参湯
(6)雨が降り出すと起こる頭痛に五苓散
(7)長引く咳に麦門冬湯
(8)冷え性とむくみに当帰芍薬散
(9)風邪の引き始めに葛根湯
(10)アンチエイジングの薬としての八味地黄丸
(11)ストレス性胃炎に柴胡桂枝湯
(12)熱感のある関節炎に越婢加朮湯
(13)画像診断で異常のないめまいに苓桂朮甘湯
(14)不安のある忠者さんの症状に桂枝加竜骨牡蠣湯
(15)冷えで弱り切っている人に真武湯
(16)尿路感染症に猪苓湯
(17)水太りの浮腫や関節痛に防已黄耆湯
(18)ストレスを感じている人に四逆散
(19)冷えからくる神経痛に桂枝加朮附湯
(20)腹痛(過敏性腸症候群)に桂枝加芍薬湯

<漢方薬miniレクチャー>
◆特別な生薬、甘草
◆二日酔いの漢方薬
◆漢方の物差し 感染症の診断
◆漢方の物差し 非感染性疾患の診断
◆怒りと不安が身体によくない理由

・参考文献
・索引