医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪メディカのセミナー濃縮ライブシリーズ≫

Dr.讃岐のツルっと明解! 周術期でよくつかう薬の必須ちしき【電子版】

病棟ナースにもさらさら役立つ

讃岐 美智義 (著)

広島大学病院麻酔科 講師

出版社
メディカ出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/04/22
ページ数
352ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,456 (本体¥3,200+税8%)

印刷版ISBN
978-4-8404-5621-0
印刷版発行年月
2016/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
226 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

【大人気セミナーを本でも楽しめる!】

メディカ出版の人気セミナー1日分のエッセンスを、脱線話も含め話し言葉そのままに読みやすく再現! 麻酔薬や降圧薬などの周術期薬全般について、ケア・治療の流れにそってなぜ?から解説しているから、暗記だけじゃない知識が胸に刻まれる。麻酔薬、周術期薬に関わる全ナース・研修医必読の一冊。

目次

【講義を始める前に】

【導入編 薬は「使うときの状況」を知らないとダメ!】
・「薬を使う状況を理解する」ことの大切さ
・周術期薬を理解した看護師の存在に期待が集まっている
・分類ごとに理解すれば薬の学び効率アップ!

【1時間目 麻酔とセデーションを理解する!~麻酔薬・鎮静薬・鎮痛薬~】
・現代の麻酔は鎮静、鎮痛、筋弛緩の3つで行っている
・そもそも、「麻酔」って?
・全身麻酔はバランス麻酔で行う
・バランス麻酔を行う。そのとき、何を考える?
・セデーションにはさまざまな深さがある
・鎮静の深さを見極められるようになろう
・鎮静薬と鎮痛薬の併用が現代の麻酔の真骨頂
・麻酔の頻出用語「MAC」とは?
・鎮静薬の作用
・鎮静薬を早く安全に効かせるには?

【2時間目 鎮静薬をマスターする!(1)】
・鎮静薬 プロポフォール(ディプリバン(R)):前編
・TCIポンプと通常のシリンジポンプ:前編
・鎮静薬 プロポフォール(ディプリバン(R)):中編
・TCIポンプと通常のシリンジポンプ:後編
・鎮静薬 プロポフォール(ディプリバン(R)):後編
・鎮静薬 バルビツレート(イソゾール、ラボナール(R)など)
・吸入麻酔薬 セボフルラン(セボフレン(R))
・吸入麻酔薬 デスフルラン(スープレン(R))
・鎮静薬・吸入麻酔薬 笑気

【3時間目 鎮静薬をマスターする!(2)】
・「血液/ガス分配係数」とは?
・鎮静薬 ミダゾラム(ドルミカム(R))
・鎮静薬 デクスメデトミジン(プレセデックス(R))
・鎮痛薬 レミフェンタニル(アルチバ(R))
・鎮静薬 ケタミン(ケタラール(R))
・鎮痛薬 フェンタニル
・BISモニターをマスターしよう!

【4時間目 術前:麻酔はもう始まっている!?~中止薬・継続薬・補充薬~】
・術前の評価1:すべての患者に対する評価
・術前の評価2:合併症のある患者に対する評価
・服用薬もチェックしておこう
・全身状態はどうやって見る?
・常用薬をマスターする。その前に……
・既往歴のチェックポイントは?
・常用薬をマスターする1~お酒とタバコ~
・常用薬をマスターする2~中止薬~
・常用薬をマスターする3~継続薬~
・常用薬をマスターする4~補充薬~

【5時間目 術中(1):めざすは循環の維持!~昇圧薬~】
・昇圧薬とは?
・昇圧薬 エフェドリン
・昇圧薬 フェニレフリン(ネオシネジン)
・昇圧薬 ドパミン(イノバン(R))
・昇圧薬 ドブタミン(ドブトレックス(R)、ドブポン(R))
・昇圧薬 ノルアドレナリン(ノルアドリナリン(R))
・昇圧薬 E入りキシロカイン
・昇圧薬 アドレナリン(ボスミン(R)、アドレナリン0.1%注)
・ガンマを理解しよう

【6時間目 術中(2):めざすは循環の維持!~輸液(1)~】
・低血圧について考えてみよう
・循環を維持する:輸液をマスターしよう

【7時間目 術中(3):めざすは循環の維持!~輸液(2)~】
・循環を維持する:代表的な輸液製剤をおさえよう
・循環を維持する:貧血を乗り越える!
・循環を維持する:輸血をマスターしよう

【8時間目 安全な手術について考えてみよう】
・チェックリスト、使ってますか?
・サージカルAPGARスコア(SAS)をマスターしよう

【9時間目 筋弛緩薬をマスターする!】
・筋弛緩薬はどのように効くのか?
・筋弛緩薬 ロクロニウム(エスラックス(R))
・筋弛緩薬 スキサメトニウム(レラキシン)
・リバース薬(拮抗薬)を理解する
・筋弛緩モニターを読み取る

【10時間目 術後(1):降圧薬と抗不整脈薬をマスターする!】
・十分な観察と知識で術後を安全に!
・降圧薬をマスターする!
・抗不整脈薬をマスターする!
・みんなが知りたい麻酔の組み合わせ:全身麻酔と区域麻酔

【11時間目 術後(2):安全な術後を過ごすために~アルドレートスコア・シバリング・PONV~】
・改変アルドレートスコアをマスターしよう
・これを知っていれば、シバリングも怖くない!
・PONV(術後の悪心・嘔吐)の原因と対策
・モニターと酸素でシバリング・PONV対策を!
・みんなが知りたい麻酔の組み合わせ:術後の鎮痛と鎮静

【12時間目 術後(3):合併症予防と早期離床に向けて~術後鎮痛薬・局所麻酔薬~】
・術後鎮痛は複数の薬で行う
・術後鎮痛薬 NSAIDs
・術後鎮痛薬 アセリオ(R)
・そのほかの術後鎮痛薬
・術後の局所麻酔薬をマスターしよう
・副作用を評価する
・患者と看護師の負担を軽減する医療機器「PCA」
・鎮痛スコア~痛みからの回復を測定し、記録する~
・決定版!術後管理

・引用・参考文献
・索引
・著者略歴