医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

「産婦人科診療ガイドライン産科編2017」に対応!

読める 生かせる 説明できる! 産科の臨床検査ディクショナリー【電子版】

関沢 明彦 (編集)

昭和大学医学部産婦人科学講座 教授

出版社
メディカ出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/04/22
ページ数
306ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,320 (本体¥4,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-8404-6589-2
印刷版発行年月
2018/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
240 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

【妊婦健診から分娩までの臨床検査を網羅!】

適切な時期に、適切な検査を行い、その結果を適切に判断して妊娠・分娩管理につなげるために必要な知識を完全網羅する。妊婦への説明のポイントや検査のコツ、検査結果の判断における注意点が分かる。検査の活用の仕方が学べるケーススタディ付き。

目次

・序文
・執筆者一覧

【第1章妊娠中の基本検査を理解しよう!】
(1) 〔理学所見〕身長・体重
(2) 〔理学所見〕血圧
(3) 〔理学所見〕腹囲・子宮底長・胎位・胎向
(4) 〔尿検査〕糖・蛋白
(5) 〔血液検査〕血液型・不規則抗体
(6) 〔血液検査〕血算
(7) 〔血液検査〕風疹抗体価
(8) 〔血液検査〕HBs抗原
(9) 〔血液検査〕HCV抗体
(10)〔血液検査〕HTLV-1抗体
(11)〔血液検査〕HIV抗体
(12)〔血液検査〕梅毒血清反応
(13)〔内診・腟鏡診〕子宮頸部細胞診
(14)〔耐糖能検査〕随時血糖・50g糖負荷試験・75g経口糖負荷試験
(15)〔細菌関連検査〕腟分泌物培養検査
(16)〔細菌関連検査〕GBS
(17)〔細菌関連検査〕クラミジア

【第2章超音波検査を理解しよう!】
(18)胎嚢の確認
(19)妊娠週数の確認
(20)膜性診断
(21)胎児発育
(22)胎児形態スクリーニング
(23)NuchalTranslucency(NT)
(24)子宮頸管長・内子宮口の形態
(25)子宮付属物の位置確認
(26)羊水量
(27)胎児血流計測(臍帯動脈・中大脳動脈)
(28)子宮動脈血流測定

【第3章出生前遺伝学的検査を理解しよう!】
(29)母体血清マーカー検査/コンバインド検査
(30)絨毛染色体検査
(31)羊水染色体検査
(32)非侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)

【第4章特別なニードがある場合の検査を理解しよう!】
(33)凝固・線溶系
(34)肝機能
(35)甲状腺機能
(36)腎機能
(37)脂質代謝
(38)自己抗体検査
(39)トキソプラズマ抗体
(40)サイトメガロウイルス抗体
(41)ヒトパルボウイルスB19
(42)麻疹
(43)水痘
(44)早産マーカー

【第5章胎児心拍数モニタリングを理解しよう!】
(45)胎児心拍数モニタリング

【第6章分娩時に必要な検査を理解しよう!】
(46)Bishopスコア
(47)子宮内圧・陣痛周期
(48)児頭骨盤不均衡
(49)ショックインデックス・産科DICスコア

【第7章新生児に対する検査を理解しよう!】
(50)臍帯動脈血ガス
(51)Apgarスコア
(52)Silvermanスコア
(53)新生児マススクリーニング
(54)ビリルビン
(55)新生児聴覚スクリーニング

【第8章ケーススタディ 検査はこう活用しよう!】
◆Case(1)切迫早産様症状が認められる
◆Case(2)妊娠高血圧症候群の妊婦が頭痛を訴えた
◆Case(3)妊婦が突然意識を失った
◆Case(4)胎児発育不全が疑われた
◆Case(5)胎児機能不全が疑われた
◆Case(6)妊娠32週の妊婦が胎動消失を訴える
◆Case(7)妊婦が羊水流出感を自覚した
◆Case(8)高年妊娠であることを心配している
◆Case(9)重症妊娠高血圧腎症の既往がある
◆Case(10)妊婦が39度の発熱で外来受診した
◆Case(11)胎児が子宮内胎児死亡となった
◆Case(12)早産を反復した既往がある

・索引