医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

jmed61 あなたも名医!意識障害【電子版】

坂本 壮 (著)

地方独立行政法人総合病院国保旭中央病院救急救命科医長

出版社
日本医事新報社
電子版ISBN
978-4-7849-6835-0
電子版発売日
2019/04/29
ページ数
166ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,780 (本体¥3,500+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7849-6661-5
印刷版発行年月
2019/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
78 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

救急外来で遭遇頻度の高い「意識障害・失神」。原因が多岐にわたり、診断に困るケースも多いこのテーマについて、現場の第一線で活躍する坂本 壮先生と安藤裕貴先生がわかりやすく解説します。
数ある原因疾患の中でも、「致死的疾患を見逃さない」ことに重点を置き、検査とその解釈、鑑別診断、疾患別対応についてまとめました。
本文中では「A総合病院」「Bクリニック」と設定し、それぞれ異なる環境で行うべき対応を紹介。筆者独自の視点で書かれたコラムも豊富に掲載しています。
本誌の冒頭では、ここだけでしか読めないお二人による対談も収録! 読み通すことで「意識障害・失神」に対応する力が身につく1冊です。

目次

対談「意識障害」(坂本 壮×安藤裕貴)

第1章 本誌の使い方
1 A総合病院・Bクリニックの設定

第2章 意識障害
1 意識障害のアプローチ
2 意識障害×低血糖
3 意識障害×脳梗塞
4 意識障害×クモ膜下出血
5 意識障害×感染症
6 意識障害×薬剤
7 意識障害×肝性脳症
8 意識障害×精神疾患
9 意識障害×痙攣
10 意識障害×電解質・内分泌異常

第3章 意識消失
1 意識消失のアプローチ
2 意識消失×心原性(心血管性)失神
3 意識消失×消化管出血
4 意識消失×反射性失神