医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

子どもの心臓聴診【電子版】

聴診からわかる病態

中澤 誠 (著者)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/07/01
ページ数
128ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,280 (本体¥4,800+税10%)

特記事項
このコンテンツには音声が収録されています。
【ダウンロード型配信】音声データは専用ビューア内で再生可能です。
【アクセス型配信】音声はメジカルビュー社ウェブサイトの聴診音リスニングサービスからご利用ください。
印刷版ISBN
978-4-7583-1956-0
印刷版発行年月
2019/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
18 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

子どもの心臓病の診断法には「心エコー図」が有用であることは,誰でも知っている。しかし,正しい手順で必ず行われているだろうか。見落としはないだろうか。また,心エコー機器が常に手元にあるとは限らない。
診療現場には聴診器が必ずある。正しい聴診を行えば,心機能の良し悪しを簡単に推量することが可能である。聴診での病態の判断は月齢,年齢を超えて共通なので,所見をしっかり把握し,疑問をもち診療に当たることが大切である。
本書を読んで,聞いて,是非,その一歩を踏み出してほしい。
※Webでの聴診音リスニング付き

目次

■Ⅰ 総論
A 聴診器
B 聴診の基本
C 心音
 C-1 Ⅰ音とⅡ音
 C-2 心音の異常
  C-2-1 心音の亢進・減弱
  C-2-2 Ⅰ音の異常
   a 亢進
   b 減弱
   c 強弱の変化
  C-2-3 Ⅱ音の異常
   a Ⅱ音の分裂
   b Ⅱ音の亢進
  C-2-4 過剰音(過剰心音)
   a 収縮期過剰音
    a-1 駆出クリック(駆出音)
    a-2 収縮中期(後期)クリック
   b 拡張期過剰音
    b-1 Ⅲ音
    b-2 Ⅳ音
    b-3 房室弁開放音(opening snap)
D 心雑音
 D-1 雑音の発生
  D-1-1 雑音は乱流から
  D-1-2 狭窄の形態が乱流発生を左右する
  D-1-3 血流速度が増すと乱流が大きくなる
  D-1-4 雑音の大きさは解剖学的形態と一対一対応ではない
 D-2 雑音の周波数(高調と低調)と聴診器のヘッド:膜型かベル型か?
 D-3 収縮期心雑音
  D-3-1 収縮期駆出性心雑音
   a 機能性心雑音
   b 器質的心雑音
  D-3-2 収縮期逆流性心雑音
  D-3-3 収縮期心雑音の最強点と疾患
 D-4 拡張期心雑音
  D-4-1 拡張期逆流性心雑音
  D-4-2 拡張期流入性心雑音
  D-4-3 拡張期心雑音の最強点と疾患
 D-5 収縮期拡張期心雑音
  D-5-1 連続性心雑音
  D-5-2 to and fro(往復性)心雑音
  D-5-3 心膜摩擦音
  D-5-4 連続性心雑音/ 収縮期拡張期心雑音の最強点と疾患
 
■Ⅱ 各論
A 雑音と診断
B 新生児期発症の心疾患
 B-1 完全大血管転位/ 転換症
 B-2 総肺静脈還流異常症
 B-3 大動脈縮窄複合(大動脈縮窄+心室中隔欠損)
 B-4 肺高血圧+α
 B-5 肺動脈閉鎖症+動脈管開存
 B-6 肺動脈弁欠如症
C 乳児期以降発症の主な疾患
 C-1 心室中隔欠損症
  C-1-1 雑音の最強点
  C-1-2 欠損孔の大きさ,肺高血圧の程度による聴診所見の特徴
  C-2 心房中隔欠損症(二次孔心房中隔欠損)
 C-3 心内膜床欠損症(房室中隔欠損症)
  C-3-1 不完全型心内膜床欠損症(房室中隔欠損,一次孔心房中隔欠損)+僧帽弁閉鎖不全
  C-3-2 完全型心内膜床欠損症(房室中隔欠損)+僧帽弁閉鎖不全
 C-4 動脈管開存症
 C-5 Fallot 四徴症
  C-5-1 右室流出路狭窄例
  C-5-2 肺動脈閉鎖例(所謂,Fallot 四徴症極型)
 C-6 肺動脈狭窄症
  C-6-1 肺動脈弁狭窄症
  C-6-2 肺動脈弁下(漏斗部)狭窄
  C6-3 末梢性肺動脈狭窄症
  附 先天性肺動脈弁閉鎖不全(肺動脈弁低形成)
 C-7 大動脈弁狭窄症
 C-8 Ebstein 病
 C-9 修正大血管転位症,心内合併奇形のない例
 C-10 冠動脈瘻
D 術後例
 D-1 大動脈肺動脈短絡術後
 D-2 Fallot 四徴症,心内修復術後
 D-3 Rastelli 手術後
 D-4 人工弁置換術後
 D-5 心膜摩擦音

■Column
 聴診は,患者・家族との信頼関係を築く重要で,かつ,簡単なツールである
 あなたは心臓聴診所見を述べるとき「心雑音は……」と言ってはいないか? でも,それは正しいのか?
 心音異常の聴取は診断へ導く
 Ⅰ音の分裂:駆出音をしっかり聞き分けられるか?
 Ⅲ音の正確な聴取が患者を救う
 心雑音はすべて心疾患ではない
 聴診は,良い聴診器だと良く聴こえるか? Yes or No
 Episode =昔の経験=
 新生児の心雑音が心疾患発見のきっかけ?