医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

静がんメソッド 乳癌編<第2版>【電子版】

安井 博史 (監)

静岡県立静岡がんセンター副院長/消化器内科部長

出版社
日本医事新報社
電子版ISBN
978-4-7849-6841-1
電子版発売日
2019/07/29
ページ数
192ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,280 (本体¥4,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7849-5617-3
印刷版発行年月
2019/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

好評書が待望の改訂!
患者さんの状態や背景がさまざまで「この治療法を」という“正解”が存在しない癌化学療法。本書は,多数の癌患者さんを診療する静がん(静岡県立静岡がんセンター)での経験則から,治療選択の注意点や有害事象対策のポイントを解説。EBMを根幹としつつ,EBMだけではカバーしきれない,静がんの実臨床から得られた経験的ポイントを惜しげもなく公開。
第1章では各癌腫に対する化学療法,手術,放射線療法などの治療決定の指針「SCC院内ガイドライン」を提示。第2章では重要なレジメンについて個別に解説し,投与量や投与スケジュールなどの基本的事項のみならず,起こりうる有害事象とそのマネジメントについても詳述。

目次

1. SCC 院内ガイドライン
 1)周術期乳癌(手術可能乳癌)
 2)進行再発乳癌
2.レジメン・有害事象マネジメント
 1)周術期乳癌
 EC(FEC)療法
 EC(FEC)+3weekly DTX療法
 EC(FEC)+weekly PTX療法
 TC療法
 dose-dense EC-PTX療法
 トラスツズマブ
 PER+Tmab+DTX 療法
 CMF療法
 2)進行再発乳癌
 進行再発乳癌 レジメン索引
 アベマシクリブ+内分泌療法
 エキセメスタン+エベロリムス
 S-1(TS-1)
 エリブリン(+トラスツズマブ)
 オラパリブ
 カペシタビン(+トラスツズマブ)
 ゲムシタビン(+トラスツズマブ)
 抗HER2療法
 トラスツズマブ エムタンシン
 パクリタキセル+ベバシズマブ
 weeklyパクリタキセル(+トラスツズマブ)
 パルボシクリブ+内分泌療法
 ビノレルビン(+トラスツズマブ)
 ペルツズマブ+トラスツズマブ+ドセタキセル
 ラパチニブ+カペシタビン
 ラパチニブ+トラスツズマブ

Column
1. 乳癌における免疫チェックポイント阻害薬の可能性
2. 内臓転移と肝転移〜リスク因子としての重みづけを考える〜
3. リスク因子としての骨転移
4. CDK4/6阻害薬,どちらを選ぶか
5. 中枢神経転移
6. 癌薬物療法と間質性肺疾患〜主に鑑別について〜
7. PER+Tmab+DTXの代替療法の可能性
8. 腫瘍崩壊(融解)症候群(TLS)
索引