医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ICUから始める離床の基本【電子版】

あなたの施設でできる早期離床のヒケツ教えます!

劉 啓文 小倉 崇以 (著)

出版社
羊土社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/08/05
ページ数
224ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,850 (本体¥3,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7581-1853-8
印刷版発行年月
2019/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
24 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

ICUで離床を始めたい医師やメディカルスタッフ必携!患者の社会復帰をめざした早期離床プロトコールを大公開.離床を行うためのしくみ作りから実践的スキルまで,対話形式でやさしく楽しく学べます!

目次

はじめに

第1章 PICSと早期離床の基礎知識
1.PICS(Post Intensive Care Syndrome)
2.早期離床

第2章 早期離床の実践
1.エビデンスを実臨床の世界に Quality Improvement キャンペーンのモデル
2.実践編1 人を集めよう 対PICSの戦略会議
3.実践編2 院内整備をしよう 施設のバリアをクリアした前橋早期離床プロトコールの作成
4.実践編3 実際にやってみよう そして成功症例は共有する
5.実践編4 評価し,さらなる向上につなげる 常に流動性のあるフィードバックシステムを

第3章 病態ごとの離床のヒケツ
1.鎮痛・鎮静・せん妄・睡眠の整備 ~PADIS 2018
2.敗血症の離床 カテコラミンを恐れない
3.CRRT中の患者の離床 デバイスを恐れない,患者は動きたいと思っている
4.脳卒中の離床 離床のタイミングと脳循環の管理がポイント
5.静脈血栓症のある患者の離床 一体いつまで寝かせているんですか??
6.各離床レベルでの工夫・注意点 明日から使える離床のTips
7.ECMOの離床 高い安全性の維持がECMO離床のキモ

第4章 早期離床のこれから
1.多様化するバンドル!のるか?そるか? ABCDE・FGHIバンドル
2.早期離床の可能性 患者をよくし,病院を変える
3.ICUで生活する
4.家族も支えを必要としている
5.日常生活をとり戻し,明日をきりひらく
おわりに

付録

索引

column
1 用語の整理
2 抑制帯は必要?不必要?
3 早期離床の歴史その1 戦争と早期離床
4 早期離床の歴史その2 20世紀と現代の早期離床:ICUの昔と今
5 いろいろな離床器具
6 リハ科が参戦!前橋ICLS(心肺蘇生コース)
7 本音シリーズその1 医師,看護師,理学療法士の本音
8 早期離床・リハビリテーション加算
9 離床困難症例
10 早期離床は有害!?
11 本音シリーズその2 患者の本音