医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

海から生まれた毒と薬【電子版】

Anthony T. Tu (著)

出版社
丸善出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2019/09/02
ページ数
144ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,530 (本体¥2,300+税10%)

印刷版ISBN
978-4-621-08598-1
印刷版発行年月
2015/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
36 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

自然界にはさまざまな毒があり、天然由来の薬がありますが、本書では、海洋生物に焦点をあてて、海産の毒、海洋生物由来の薬や、毒の研究から発展してきた薬の研究、さらに海藻由来の天然物質やDHAをはじめとする健康食品について紹介します。 フグ毒テトロドトキシン、海ヘビやイソギンチャク、クラゲなどのタンパク毒など、海洋生物の持つ毒は特異で、強力な毒が多いことがわかり、毒性学、生理学、薬理学、生化学、有機化学などさまざまな分野の科学者の関心を引いています。一方、毒と不可分の関係にある薬についても、ナマコからの水虫薬、ホヤや海綿から生まれた抗がん剤、その他の健康食品などを紹介します。

目次

1 毒のしくみと薬のしくみ
2 多くの海産毒の元は藻
3 赤潮はどうして起きるか
4 フグ毒と海蛇毒作用の比較
5 魚の刺毒
6 刺されると痛いクラゲやイソギンチャク
7 魚の腐敗とアレルギー症
8 海産毒からの薬 ーその原理
9 駆虫薬海人草と興奮毒性物質
10 ナマコからの水虫薬
11 海面由来の特異なヌクレオシドと抗ウイルス薬
12 カリブ海産ホヤからの抗がん剤
13 日本産海綿から生まれた抗がん剤
14 魚油からの抗動脈硬化症・高脂血症薬
15 海産健康食品
付録 スパイ戦や生物兵器に使われる海産毒
索引