医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

子宮全摘出 ロボット手術のキホン【電子版】

近藤 英司 (著)

三重大学医学部産科婦人科学教室准教授

出版社
メディカ出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2020/06/22
ページ数
144ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥15,400 (本体¥14,000+税10%)

特記事項
本製品は電子書籍版のみの商品となり、動画DVDは付属しておりません。
動画については本書内、「WEB 動画の視聴方法」ページの手順で閲覧ください。動画閲覧のためにはネット環境が必要です。
印刷版ISBN
978-4-8404-7231-9
印刷版発行年月
2020/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
150 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

【エキスパートが婦人科ロボット手術を伝授】
婦人科腫瘍のエキスパートである著者が、ロボット手術の魅力と実際の手技の基本とコツを、きれいな画像・動画を用いて解説。子宮体癌に対する準広汎子宮全摘術を均てん化された安全に行える基本の術式について、さらに骨盤リンパ節郭清についても惜しみなく見せる。

目次

・序文
・WEB動画の視聴方法

【第1章 準備・トレーニング・教育】
◆はじめに
◆I ライセンス取得までの流れ
◆II 実施基準
◆III 初回症例にあたって
◆IV トレーニング・教育
◆V ラーニングカーブ
◆VI ロボット手術の現状(三重大学)

【第2章 インストゥルメント・基本操作法】
◆I ロボット本体(サージョンコンソール・ペイシェントカート・ビジョンカート)
◆II 手術台
◆III インストゥルメント
◆IV ジェネレーター・気腹装置
◆V その他
◆VI 配置図

【第3章 麻酔・体位・セッティング】
◆I ロボット手術の適応
◆II 前処置・術後管理
◆III 麻 酔
◆IV 体 位
◆V ポート設置
◆VI ドッキング
◆VII 基本セッティング
◆VIII タッチパネル

【第4章 実際の手術手技(1) 単純子宮全摘出術】
◆I 臨床解剖
◆II 良性疾患に対する単純子宮全摘出術
◆III 手術の適応
◆IV 実際の手術手技
◆V 実際の手順
◆VI 困難症例への対応

【第5章 実際の手術手技(2) 準広汎子宮全摘出術】
◆I 子宮体癌に対する手術
◆II 手術の適応
◆III 手術の種類
◆IV 準広汎子宮全摘出術(拡大子宮全摘出術)のポイント
◆V 実際の手術手技
◆VI 実際の手順

【第6章 骨盤リンパ節郭清術】
◆I 子宮体癌のリンパ節郭清
◆II 子宮体癌に対する骨盤リンパ節郭清の重要性
◆III 解 剖
◆IV 実際の手術手技(Xiバージョン)
◆V 手術手順:右骨盤リンパ節郭清(Xiバージョン)
◆VI 実際の手術手技(Siバージョン)
◆VII 手術手順:左骨盤リンパ節郭清(Siバージョン)
◆VIII 特殊症例:内臓逆位を合併した子宮体癌症例

【第7章 肥満症例への対応】
◆はじめに
◆I 肥満症例の現状
◆II ロボット手術のメリット
◆III 手術の合併症
◆IV 術前準備
◆V 麻 酔
◆VI 手 術
◆VII 実際の症例
◆VIII 術 後

【第8章 合併症】
◆はじめに
◆I 術中合併症対策
◆II 術後合併症対策
◆III その他
◆おわりに

【第9章 今後の展望および教育】
◆I 若手医師のロボット手術に対する意識
◆II 今後の技術的展望
◆III 今後のロボット開発の動向
◆IV 今後の教育
◆V プロクターの動向

・索引

・おわりに

・著者紹介
・手術動画DVD CONTENTS