医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

形成外科治療手技全書 VII

美容医療【電子版】

波利井 清紀 野崎 幹弘 (監)

出版社
克誠堂出版
電子版ISBN
978-4-7719-6057-2
電子版発売日
2020/11/09
ページ数
350ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥26,400 (本体¥24,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7719-0518-4
印刷版発行年月
2019/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
148 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

本シリーズは形成外科治療手技全書の中でも最も基本的な手技を解説する。個人的な論述ではなく、現代の形成外科でのほぼ共通認識を収めるところにシリーズの意義がある。
本書はその7、美容医療。現在の最新のスタンダードをここに纏めた。

目次

第1章 顔面の若返り治療
1.リサーフェシング治療
1)ケミカルピーリング 山下 理絵・近藤 謙司
ケミカルピーリングとは/適応/合併症と対策
I 瘡:グリコール酸
II 瘡:サリチル酸
III 若返り(小じわ):トリクロール酢酸(TCA)
IV 若返り(しみ):グリコール酸+ TCA ポイント
2)レーザー治療(CO2 レーザー):脂漏性角化症 加王 文祥
機器の特徴/適応/合併症と対策
CO2 レーザー:脂漏性角化症
3)レーザー治療(Q スイッチ・ピコ秒レーザー):しみ・色素斑 河野 太郎
機器の特徴/適応/合併症と対策
I ナノ秒レーザー(Q スイッチレーザー)
II ピコ秒レーザー
4)レーザー治療:小じわ,Skin tightening 宮田 成章
機器の特徴/適応/合併症と対策
Ⅰ フラクショナルCO2 レーザー:しわ
Ⅱ ロングパルスNd:YAG レーザー:Skin tightening
5)光治療:しみ,Skin tightening 石川 浩一
機器の特徴/適応/合併症と対策
I しみ
II Skin tightening
2.高周波治療 石川 浩一
機器の特徴/適応/合併症と対策
たるみ
3.フィラー注入療法 辻 晋作
フィラーについて/適応/合併症と対策
I   ヒアルロン酸:小じわ
II  ヒアルロン酸:ボリュームアップ
III コラーゲン:小じわ
4.顔面自己脂肪注入術・脂肪吸引術 青井 則之
適応/合併症と対策
I 脂肪注入術:若返り(くま)
II 脂肪吸引術:頬部,下顎部
5.ボツリヌストキシン注射療法 辻 晋作
ボツリヌストキシン療法とは/適応/合併症と対策
I 目尻
II 眉間,額
6.自己多血小板血漿注入療法 楠本 健司
自己多血小板血漿療法とは/適応/合併症と対策
I PRP の調製法
II 眼瞼周囲
III 鼻唇溝
第2章 眼瞼周囲の手術
1.上下眼瞼の解剖 石川 恵里・柿崎 裕彦
はじめに/上眼瞼の解剖/下眼瞼の解剖/眼輪筋と眼窩隔膜/
上下眼瞼後方の脂肪コンパートメント
2.重瞼術 百澤 明
適応/手術法の選択/合併症と対策
I 埋没法
II 切開法(小切開法)
III 切開法(全切開法)
3.内眼角・外眼角形成術 福田 慶三
適応/手術法の選択/合併症と対策
I 内眼角形成術(いわゆる目頭切開術)
II 蒙古襞形成術
III 外眼角形成術(いわゆる目尻切開術)
4.上眼瞼皮膚弛緩症手術 福田 慶三
適応/手術法の選択/合併症と対策
I 重瞼線皮膚切除術
II 眉毛下皮膚切除術
5.下眼瞼形成術 小室 裕造
適応/手術法の選択/合併症と対策
I 下眼瞼除皺(しわ取り)術
II 経結膜脂肪切除術
III 睫毛下皮膚切開による脂肪切除および脂肪移動術
第3章 鼻の手術
1.鼻の解剖 緒方 寿夫
鼻の表面解剖/鼻の構成要素
2.隆鼻術 中北 信昭
適応/隆鼻材料の種類/手術法の選択/合併症と対策
I 人工物(シリコンプロテーゼ)による隆鼻術
II 自家組織(筋膜被覆細片耳介軟骨移植)による隆鼻術
3.わし鼻(hump nose)形成術 菅原 康志
適応/手術法の選択/合併症と対策
  手技
4.鼻翼形成術 広比 利次
適応/手術法の選択/合併症と対策
I 鼻翼縮小術(鼻翼切除)
II 鼻翼幅縮小術(modified alar base cinching method)
5.鼻尖形成術 広比 利次
適応/手術法の選択/鼻尖縮小術(reduction)/鼻尖増高術(augmentation)/合併症と対策
I 鼻尖縮小術(reduction)
II 鼻尖増高術(augmentation)
6.斜鼻形成術 宮脇 剛司/渡辺 頼勝
適応/手術法の選択/合併症と対策
I オープンアプローチ
II クローズドアプローチ(経皮的鼻骨骨切り術)
7.短鼻形成術 宮脇 剛司
適応/手術法の選択/合併症と対策
  鼻中隔延長術
第4章 フェイスリフト
1.顔面・頸部の解剖 一瀬 晃洋・華山 博美
知覚神経(三叉神経,頸神経)/運動神経(顔面神経,三叉神経)/
SMAS(superficial musculoaponeurotic system)/支持靭帯(retaining ligament)
2.SMAS 法フェイスリフト 野平久仁彦・矢島和宜・新冨芳尚
SMAS 法とは/適応/合併症と対策
  手技
3.MACS フェイスリフト 一瀬 晃洋
MACS 法とは/適応/合併症と対策
  Simple MACS-lift
4.ミッドフェイスリフト 一瀬 晃洋
ミッドフェイスリフトとは/適応/合併症と対策
  手技
5.スレッドリフト 鈴木 芳郎
スレッドリフトとは/適応/合併症と対策
  手技
第5章 顔面輪郭形成術
1.前額形成術 百澤 明
適応/手術法の選択/合併症と対策
I 人工物と削骨を使用した前額形成術
II 骨切りによる前額形成術
2.頬骨形成術 倉片 優
適応/手術法の選択/合併症と対策
  手技
3.下顎角(下顎骨)形成術 倉片 優
適応/手術法の選択/合併症と対策/ボツリヌストキシン製剤による輪郭形成
  Angle osteotomy
4.オトガイ形成術 広比 利次
適応/手術法の選択/合併症と対策
I オトガイ部水平骨切り術(短縮,前進)
II オトガイ部前額断骨切り術
III オトガイ部T 字型骨切り術
IV インプラントによるオトガイ形成術
第6章 毛の治療
1.男性型脱毛症と女性型脱毛症の治療 今川賢一郎
男性型脱毛症と女性型脱毛症/外用薬/内用薬/治療方針
2.男性型脱毛症の外科的治療 今川賢一郎
適応/タイプ別植毛法/手術法の選択/合併症と対策
  FUT(follicular unit transplantation)
3.脱毛 大城 貴史・大城 俊夫
機器の特徴/適応/合併症と対策
I 蓄熱式脱毛レーザー
II ロングパルスアレキサンドライトレーザー
第7章 乳房の手術
1.乳房の解剖 冨田 興一
血管/神経/筋膜/リンパ流路
2.豊胸術
1)インプラントによる豊胸術 高柳 進/李 政秀
適応/乳房インプラントの種類/手術法の選択/合併症と対策
I 大胸筋下豊胸術(乳房下溝アプローチ)
II 乳腺下豊胸術(乳房下溝アプローチ)
III 乳腺下および筋膜下豊胸術(腋窩アプローチ)
2)脂肪注入による豊胸術 辻 直子
適応/手術法の選択/合併症と対策
I 脂肪採取
II 脂肪注入
3.乳房固定術・乳房縮小術 野村 紘史
適応/手術法の選択/合併症と対策
I 乳房固定術:縦型切除(vertical excision)
II 乳房縮小術:縦型切除(ventical excision:Hall Findlay 法)
III 乳房縮小術:逆T 字型切除(inverted T excision)
4.乳頭・乳輪形成術
1)陥没乳頭の治療 白石 知大
適応/手術法の選択/合併症と対策
  手術手技
2)乳頭縮小術・乳輪縮小術 白石 知大
適応/手術法の選択/合併症と対策
  乳頭縮小術
第8章 体幹輪郭形成術
1.脂肪吸引術 石井 秀典・半田 俊哉
適応/手術法の選択/合併症と対策
  手技
2.余剰皮膚切除術 石井 秀典・半田 俊哉 287
適応/手術法の選択/合併症と対策
  手技 288
第9章 腋臭症・多汗症の治療
1.治療法の適応 森 弘樹
腋臭症・多汗症とは/診断
2.薬物療法 森 弘樹
外用薬:作用機序と効果/ボツリヌストキシン注射:作用機序と効果/
内服薬:作用機序と効果/適応/合併症と対策
  ボツリヌストキシン注射療法
3.手術療法 森 弘樹
適応/手術法の選択/合併症と対策
  皮弁法(切除剪除法)
第10章 外陰部形成術
1.包茎の治療 土井 秀明
適応/手術法の選択/合併症と対策
  手術手技
2.小陰唇肥大の治療 土井 秀明
適応/手術法の選択/合併症と対策
  手術手技
第11章 刺青の治療
刺青の治療 林 洋司
適応/治療法の選択/合併症と対策
  レーザー治療
第12章 知っておきたい知識
1.美容外科の歴史 大慈弥裕之・白壁征夫
美容外科の歴史のあらまし/美容手術の歴史
2.抗加齢医学の歴史・背景と現状 大慈弥裕之・高木誠司
はじめに/抗加齢医学の背景と歴史/抗加齢医学研究のトピックス/
抗加齢医学と美容医療/おわりに
3.美容外科患者の精神病理 中嶋 英雄
美容外科を受診する心理/身体醜形障害とは/境界性パーソナリティ障害とは/
思春期失調症候群とは/美容外科医の患者に対する責任について

 索引