医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ケアとまちづくり、ときどきアート【電子版】

西 智弘 守本 陽一 藤岡 聡子 (著)

川崎市立井田病院化学療法センター医長/公立豊岡病院組合立出石医療センター総合診療科/株式会社ReDo代表取締役・福祉環境設計士

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2020/07/06
ページ数
240ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,740 (本体¥3,400+税10%)

印刷版ISBN
978-4-498-05730-2
印刷版発行年月
2020/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
22 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

急速な高齢化に伴い,緩和ケア・福祉の需要が増加傾向にあるなか,医療者が病院内で患者に接する時間は限られている.今のままでは患者の苦痛を取り除くことはできないと,はがゆい思いを抱えている医療者は少なくないだろう.現在,その解決方法として注目されているのが,社会的手法である.キーワードは「まちづくり」と「アート」.これは,近い将来日本の緩和ケアを救うかもしれない,新しいバイブルである.

目次

目 次

1 ケアとまちづくり
 1 医療の「上流と下流」(西/守本)
   健康の社会的決定要因
   格差が大きいほど死亡率が高まる
   暮らしの場に医療・福祉を混ぜ込む
  コラム まちにあふれる商品のサイズ・表記と、人の行動の微妙な関係(西)
 2 医療者はなぜ地域に出てこないのか(守本)
   なぜ医療者がまちへ出ないのか
   医療者としての肩書なしにまちに入っていく
   「仕事に惚れろ、地方に惚れろ、女房に惚れろ」
 3 ケアとまちづくりのコミュニケーション (守本)
   平田オリザさんの講演から……コンテクストのずれ
   わかり合えないことを前提に対話が始まる
   環境をデザインする
   人は様々な役割をもって社会に生きている
 4 広い意味での緩和ケアの実践 (西)
   がん治療と緩和ケアの統合……「まず緩和ケアありき」
   「早期からの緩和ケア」はいつから?
   緩和ケアという高い壁
   まちなかで緩和ケア・ACPをする
 5 ポジティヴヘルス (藤岡)
   医療者が育んでいく心持ちそのもの
   自分と、他者と対話する
   地域全体を診る医師たち
   ハコの中身の設計に関わる家庭医、理学療法士たち
   国の医療基盤になり始めたポジティヴヘルス

 6 社会的処方とは何か (西)
   社会的孤立を解消する社会的処方
   イギリスなどにおける社会的処方
   社会的処方研究所
   社会的処方を文化にしていく
   社会的処方の落とし穴
   社会的資源を「使わせていただいている」感謝と謙虚さを忘れない
 7 地域への「入り方」と「在り方」(西)
   「ひとをあつめる」「ひとがあつまる」
   「行く系」「呼ぶ系」そして第3の「在る系」
   「往来におけるたき火」〜川崎かってにおもてなし
   「ハブ」と「マインドセット」
   ハブを押さえることのメリット 〜コミュニティ疲れを予防する
   どのようにコミュニティに入っていけるか?
 8 ソーシャル・キャピタル (西)
   ソーシャル・キャピタルの健康への影響
   ソーシャル・キャピタルの負の側面
   結合型&橋渡し型ソーシャル・キャピタル
   地縁型コミュニティとテーマ型コミュニティ、そして「分散型コミュニティ」へ
  コラム SNS時代に、医療情報を発信するということ(西)

2 今日どこかのまちで─社会的処方の実践例─
 1 地域を知るには……地域診断の方法と実践 (守本)
   まずは地域の先輩たちに聞いてみる
   「地域診断」とは
   地域診断の実践
 2 三種のスペシャリストを仲間にしよう (藤岡)
   一、「不動産」─ 家のことを知り尽くしている人 ─
   二、「編集者」─ものごとを客観的に、時に情熱的に言葉を紡ぐ人─
   三、「デザイン」─「絵」が描ける人─
 3 暮らしの保健室の本質 (西/守本)
   暮らしの保健室の落とし穴
   暮らしの保健室を始めるなら
 4 団地という場のケア (守本)
   団地が抱える課題
   団地内でソーシャル・キャピタルを増やす
   「ぐるんとびー」が編みなおす団地コミュニティ
 5 まちで暮らすを支える……長崎二丁目家庭科室の実践 (藤岡)
   〝関わりしろ〟をつくったら、看板そのものがいらなくなった
   アウトプットとアウトカムの生み出し方
   「長崎二丁目家庭科室」を畳んだ後のまちの様子

3 明日、あなたの施設・あなたのまちで─社会的処方のはじめかた─
 1 多世代がいる環境を作る (守本)
   介護施設の課題
   多世代が集まる「銀木犀」
   多世代が集うしかけ
   仕事付き高齢者住宅、というあり方
 2 一緒に住む (守本)
   地域で一番力になってくれる場所……はっぴーの家ろっけん
   コレクティブハウジング
   高齢者住宅は突き詰めると、ただの住宅になる
 3 病院・施設をまちへ向けて開く……医療を「非日常」から「日常」に (守本)
   病院という場に「余白」をつくれるか
   まちと一体化した「余白のある病院」
   暮らしの導線上に病院があるまち
  コラム もしバナ……「もし、職場である施設のロビーを誰もが来られるよう
地域に解放しよう!」って話が出たら、何をどうする?  (藤岡)

4 今、どこかのまちで─個人の取組みにみる展望─
 1 違う業界からみた違和感を形にしている、ヘラルボニーがクールすぎる。 (藤岡)
   ヘラルボニーのストーリー
   福祉作業所のプロダクト=低廉品の常識を打ち破った
 2 まち全体を健康にする (守本)
   気づいたら、健康になるしかけ
   地域住民と地域を楽しむ「谷根千まちばの健康プロジェクト」
   小さな公共空間を作るYATAI CAFÉ/モバイル屋台de健康カフェ
   銭湯という場の可能性とケアのつながり
  コラム 離れて、つながる(西/藤岡/守本)

あとがき
索引