医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

匠が伝える低侵襲脊椎外科の奥義【電子版】

西良 浩一(編集) 石井 賢 (編集)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2020/10/19
ページ数
430ページ
 判型
B5変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥19,800 (本体¥18,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1877-8
印刷版発行年月
2019/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
190 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

低侵襲化が急速に進んでいる脊椎手術の最前線がこの1冊に凝縮!
最先端手技のFED(全内視鏡手技),MISt(脊椎最少侵襲手術)に加えて,最先端治療である人工椎間板やVR/AR(仮想現実/拡張現実)を使用した手術法なども紹介。さらに理学療法士任せになりがちな運動療法についても,脊椎外科医が知っておくべき内容を解説。「匠のポイント伝授!」や「匠の奥義」など,重要ポイント解説も充実!

目次

Part1 低侵襲を支える運動療法の奥義
 体幹リハの基本理論:Joint by Joint Theory  倉持梨恵子,清水卓也
  Joint by Joint Theoryを基にした運動療法の目的・目標・意義
  コレクティブアプローチにおけるJoint by Joint Theoryの位置づけ
  腰椎・骨盤帯,体幹のスタビリティ改善-ローカル筋と腹腔圧
  その他の関節における役割を改善するためのアプローチ
 体幹リハの基本理論:integrated movement approach   鈴木 岳
  運動指導における「奥義」
  正しい動作教育について
  不良動作の改善のためのコンディショニング
  トレーニングプログラムデザイン
  実務の必須要素
  まとめ
  最後に
 体幹リハの基本理論:elongation and articulation  増渕喜秋,武田淳也
  メカニカルストレスによる脊椎疾患の原因
  脊柱の動きの機能的なゴール
  脊柱のneutralポジション
  脊柱neutralのアライメントを整えるAE意識
  脊柱の動きの分配の評価
  さまざまなフィードバックを用いてSA機能の獲得を目指す
  AE意識とSA機能をADLやスポーツ活動の課題に汎化させる
 体幹リハの基本理論:active corrective approach  室伏由佳,倉持梨恵子
  はじめに
  身体活動と体力の低下に影響する腰痛症
  エクササイズやレジスタンストレーニングの実施に向けて
  FMS® による動作パターンの評価とコレクティブエクササイズの位置づけ
  コレクティブエクササイズの実践
  コレクティブエクササイズの種目例
 体幹リハの基本理論:mobilization & stabilization  佐藤 紀,西良浩一
  はじめに
  まず,「joint-by-joint approach」を知ろう
  次に,胸椎・胸郭,股関節の可動性の
  向上を図ろう
  さらに,腰椎の安定化を図ろう
  すべての運動において留意する点
  患者指導のコツ
  まとめ
 応用:ピラティス(Pilates)  藤谷順三,武田淳也
  エビデンスベースの運動療法:ピラティス
  ピラティスの原理原則
  低侵襲の運動療法として-ピラティスの実際
  まとめ
 応用:Core Power Yoga CPY®  本橋恵美
  体幹の安定化に関与するローカル筋とグローバル筋
  Core Power Yoga CPY®
  CPYプログラム構成
  CPYによる動作評価
  脊椎の機能改善
  屈曲時痛
  体幹屈曲機能向上
  まとめ
 応用:胸椎・胸郭をよみがえらせる運動療法  成田崇矢
  目的・目標
  胸椎・胸部に対する運動療法の意義
  インフォームドコンセント
  基礎疾患・合併症への配慮
  患者指導のコツ
  実技解説
 応用:体幹motor control機能不全 -評価と改善策 金岡流-  金岡恒治
  はじめに
  脊柱のmotor control機能
  体幹と四肢のmotor control
  終わりに
 応用:体幹motor control不全 -評価と改善策 武田流-  武田淳也
  はじめに
  モーターコントロール&ラーニングとは
  MCの評価
  リハビリテーション(運動療法)の原理原則
  終わりに
  
Part2 匠が伝える全内視鏡手技の奥義
 腰椎椎間板ヘルニア:transforaminal full-endoscopic discectomy(inside-out)  南部浩史
  Introduction
  手術手技
   ①術前準備
   ②手術体位
   ③手術環境
   ④麻酔および鎮静
   ⑤注射針刺入〜椎間板造影
   ⑥カニューラ挿入
   ⑦ヘルニア摘出
   ⑧硬膜外鏡視
   ⑨閉創
   ⑩後療法
 腰椎椎間板ヘルニア:transforaminal full-endoscopic discectomy(outside-in)  山屋誠司
  Introduction
  Inside-out法,outside-in法
   手術手技
   ①椎間板穿刺・椎間板造影後CT検査の重要性
   ②術前検査でinside-out法かoutside-in法か計画する
   ③Kambin's triangleとtwo-incision法
  TF-FED(foraminoplastic outside-in法)
   手術手技
   ①シリアルダイレーション
   ②カニューラ挿入
   ③High speed barで上関節突起腹側を掘削
   ④Hand-down,カニューラをinsideに挿入,ヘルニア摘出
   ⑤Ventral epiduroscopic observation technique
   ⑥神経根の除圧を確認
   ⑦後療法
 腰椎椎間板ヘルニア:inter-laminar full-endoscopic discectomy  土屋邦喜
  Introduction
  手術手技
   ①アプローチ,オリエンテーション
   ②ヘルニア摘出のポイント
   ③出血コントロール
   ④エンドポイント
   ⑤より安全,効率的な操作のために
   ⑥特殊な病態,解剖学的バリエーションへの対応
  まとめ
 腰椎外側椎間板ヘルニア:extraforaminal full-endoscopic discectomy  坂根正孝
  Introduction
  手術手技
   ①ガイド針刺入点の位置,外筒管刺入まで
   ②外筒管の選択,ヘルニア摘出
   ③ヘルニア摘出後
 腰椎L5/s椎間板ヘルニア:transforaminal full-endoscopic discectomy(outside-in)  手束文威
  Introduction
  手術手技
   ①穿刺,麻酔,椎間板造影
   ②皮膚切開,ダイレーティング,内視鏡設置
   ③椎間孔拡大
   ④Outside設置でのヘルニア摘出
   ⑤Inside設置でのヘルニア摘出
   ⑥硬膜外鏡視,神経根の除圧の確認
   ⑦止血,ドレーン挿入,閉創
 腰部脊柱管狭窄症(foraminal):full-endoscopic foraminotomy  寺井智也
  Introduction
  手術手技
   ①麻酔,椎間板穿刺,造影
   ②ダイレーター挿入,外筒設置
   ③ForaminoplastyによるSAP切除
   ④黄色靱帯切除
   ⑤椎間板ヘルニア切除,exiting nerve rootの除圧確認
   ⑥術後ドレーン留置,後療法
 腰部脊柱管狭窄症(recess):transforaminal full-endoscopic ventral facetectomy(TF-FEVF)  山下一太
  Introduction
  手術手技
   ①アプローチ,麻酔,椎間板造影・染色
   ②皮膚切開,ダイレーション
   ③内視鏡設置,上関節突起の掘削
   ④黄色靱帯の露出,下関節突起の掘削
   ⑤黄色靱帯の剥離,除去,神経根の除圧の確認
   ⑥ドレーン設置,閉創
   ⑦術後処置
 化膿性脊椎炎,椎間板炎に対する全内視鏡手技  東野恒作,西良浩一
  Introduction
  手術手技
   ①麻酔の注入
   ②培養検体の採取
   ③掻把洗浄
  症例提示
  考察
  結語
 Full-endoscopic discectomy &foraminoplastyテクニックの腰椎固定術への応用:PETLIF(ペトリフ)  長濱 賢
  Introduction
  手術手技
   ①経皮的椎弓根スクリューシステムを用いたテクニックで椎体すべりを整復
   ②楕円スリーブを挿入,回転させ椎体間高を開大
   ③楕円スリーブを経由してキュレットで移植母床を作製
   ④半楕円スリーブで椎体間高を開大させたまま椎体間ケージを挿入
   ⑤神経症状に対し間接除圧のみで良好な結果を獲得
  結語
 腰椎椎間板症へのthermal annuroplasty  眞鍋裕昭
  Introduction
  手術手技
   ①刺入ポイントと皮切
   ②内視鏡設置
   ③内視鏡視,変性椎間板の切除
   ④HIZとpainful annular tearの処置
   ⑤閉創
   ⑥術後後療法
  終わりに
  
Part3 匠が伝えるMIStの奥義
 胸椎・腰椎PPSの基本手技 中野正人
  Introduction
  手術手技
   ①皮膚マーキング・切開
   ②PPS挿入
   ③ロッド挿入
   ④閉創
  手技のコツとピットフォール
 腰椎変性疾患:MIS-TLIF  鈴木亨暢
  Introduction
  L4/5 MIS-TLIF,左進入
  手術手技
   ①皮切
   ②椎弓の展開
   ③除圧および進入側椎間関節の切除
   ④椎間板切除と椎体間固定
   ⑤PPSの挿入とロッド固定
   ⑥閉創
   ⑦後療法
 腰椎変性疾患:CBT法  海渡貴司
  Introduction
  手術手技
   ①皮切と展開
   ②スクリュー挿入点の同定とスタートホールの作製
   ③ドリリング,タップ,スクリュー挿入
   ④ロッドとの連結
   ⑤患者適合型スクリューガイドを使用する場合
  最後に
 MIS-long fixation総論  篠原 光,曽雌 茂,丸毛啓史
  Introduction
  手術手技
   ①皮切
   ②JプローブとPPSの挿入
   ③ロッドベンディング
   ④ロッド挿入とセットスクリュー設置
   ⑤エクステンダー取りはずしと閉創
 破裂骨折:MISt  二階堂琢也
  Introduction
  手術手技
   ①皮切,筋膜切開,筋層の展開
   ②PPS挿入
   ③ロッドベンディング,ロッド挿入,セットスクリュー設置
   ④骨折椎体の整復
   ⑤タブまたはエクステンダーの取りはずし
   ⑥椎体形成
   ⑦閉創
   ⑧初期の後療法
   ⑨抜釘
 不安定型骨盤輪骨折:MISt  伊藤康夫
  Introduction
  手術手技
   ①皮切とPPSの挿入
   ②腸骨スクリューの挿入
   ③ロッドの挿入
   ④整復操作
   ⑤ロッド間の連結,インストゥルメンテーションの完成
   ⑥後療法
 転移性脊椎腫瘍と感染性疾患:MIS-long   磯貝宜広,石井 賢
  Introduction
  手術手技
   ①皮切
   ②Jamshidi® ニードルの挿入
   ③ガイドワイヤー・スクリューの挿入
   ④ロッドの連結
   ⑤閉創
   ⑥後療法
 びまん性特発性骨増殖症を伴った脊椎損傷:MIS-long fixation  岡田英次朗,渡辺航太,松本守雄
  Introduction
  手術手技
   ①X線透視によるマーキング
   ②除圧
   ③経皮的椎弓根スクリュー設置
   ④ロッドの連結
   ⑤閉創
 成人脊柱変形:MIS-long  石原昌幸
  Introduction
  手術手技
   ①イメージにて各椎弓根レベルを確認
   ②皮切
   ③L5/S1 TLIF
   ④S2AI挿入
   ⑤PPS挿入(T10,11)
   ⑥PPS挿入(T12 〜S1 LICAPテクニックを用いて)
   ⑦スクリューエクステンダーの高さをそろえる
   ⑧rodベンディング
   ⑨rod挿入とセットスクリュー設置
   ⑩X線画像にて前弯および冠状面バランス確認
   ⑪エクステンダーの取り外しと閉創
 成人脊柱変形:All PPS  原田智久,石橋秀信
  Introduction
  手術手技
   ①LIF
   ②体位変換,術前のマーキング
   ③皮切,胸椎部への骨移植
   ④皮切,L5/S PLIFまたはTLIF
   ⑤皮切,All PPSと腸骨スクリューの挿入
   ⑥ロッドの挿入
   ⑦矯正操作
   ⑧閉創
   ⑨初期の後療法
 LIF(direct lateral approach)  岩﨑 博,山田 宏
  Introduction
  手術手技
   ①皮切,展開
   ②レトラクター設置
   ③椎間板郭清
   ④ケージ設置
 LIF(oblique approach)  藤林俊介
  Introduction
  手術手技
   ①手術体位
   ②皮膚切開
   ③術野の展開
   ④レベル確認
   ⑤レトラクター設置
   ⑥椎間板郭清
   ⑦ケージ挿入
   ⑧閉創
   ⑨後方固定
 脊柱後弯症:stand-alone LIF  酒井紀典
  Introduction
  手術手技
 頚椎MISt(後外側進入によるMICEPS法)  時岡孝光
  Introduction
  手術手技
   ①ナビゲーションの準備
   ②後外側の皮膚切開と外側塊の展開
   ③椎弓根スクリューのエントリーポイントの決定
   ④椎弓根の掘削
   ⑤椎体後縁から椎体内の掘削
   ⑥椎間関節固定と骨移植
   ⑦除圧術
   ⑧ロッド締結
   ⑨創を閉鎖
   ⑩後療法
 L5/S1前側方椎体間固定術(OLIF51:Hynes technique)  折田純久,大鳥精司
  Introduction
  手術手技
   ①体位・皮切の設定
   ②外腹斜筋膜から後腹膜腔への進入
   ③術野の展開と確保
   ④椎間板郭清とケージ設置
 経皮的S2AIスクリュー  野尻英俊,篠原 光
  Introduction
  手術手技
   ①セッティング
   ②皮切とエントリー
   ③仙腸関節部の進入
   ④タッピングとスクリュー挿入
   ⑤ロッドへの連結
  まとめ
 分離部修復術:smiley face rod  石濱嘉紘,西良浩一
  Introduction
  手術手技
   ①皮切と展開
   ②分離部郭清,神経根除圧
   ③採骨
   ④PPS挿入
   ⑤ロッド設置
   ⑥分離部骨移植,閉創,術後X線撮影

Part4  新規医療機器・手術手技・薬物併用の奥義
 頚椎人工椎間板置換術(Prestige LP®)  吉井俊貴
  Introduction
  手術手技
   ①展開
   ②除圧操作
   ③インプラント挿入
   ④閉創,術後
 頚椎人工椎間板置換術(Mobi-C®)  石井 賢
  Introduction
  手術手技
   ①皮切と展開
   ②フィクセーションピンの刺入
   ③椎間板切除
   ④硬膜管・神経根の除圧
   ⑤インプラントのサイズ決定
   ⑥トライアルの設置
   ⑦インプラント設置
   ⑧ドレーン留置と閉創
 脊柱管内治療(経仙骨的脊柱管形成術):intraspinal canal treatment(trans-sacral canal plasty)  船尾陽生,横須賀公章,鵜飼淳一,中西一夫,朴 正旭,富田 卓,星野雅洋,齋藤貴徳,石井 賢,佐藤公治
  Introduction
  硬膜外腔アプローチ,myeloscopyの歴史
  適応・禁忌等
  手術手技
   ①皮切,イントロデューサーの挿入
   ②カテーテルの挿入
   ③硬膜外腔造影,剥離操作
   ④薬剤投与,カテーテルの抜去
   ⑤皮膚を縫合
  TSCPの治療成績
  周術期合併症
  症例
  終わりに
 ナビゲーションを応用したMISt手技の実際  小谷善久
  Introduction
  後方MISt手技におけるナビゲーション技術の応用と有用性
  手術手技
   LIFにおけるナビゲーション手術の実際
   ①体位取りとreference frameの設置
   ②3D撮影と使用機器の先端情報の登録
   ③皮切とアプローチ方向のデザイン
   ④ケージの設置
   ⑤経皮スクリューの設置を行う場合
  その他の前方手技における
  ナビゲーションの応用
  終わりに
 仮想現実・拡張現実技術を用いた手術支援による脊椎・脊髄腫瘍手術の低侵襲化  中西一義
  Introduction
  手術手技
   ①皮切と頚椎,病巣の展開
   ②VR/AR技術を使用した画像閲覧による3D空間認識
   ③椎弓切除,椎間関節部分切除
   ④腫瘍切除
   ⑤閉創
   ⑥初期の後療法
 腰椎椎間板ヘルニアに対する化学的融解術:コンドリアーゼを使用して  松山幸弘
  Introduction
  コンドリアーゼ
  至適適応について
  手技
  代表症例
  考察
  
おわりに:次世代の低侵襲脊椎外科