医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

スタートアップ冠動脈造影(CAG)【電子版】

臨床現場で上手に活用するために

七里 守 (編)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-22999-4
電子版発売日
2020/10/19
ページ数
160ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,720 (本体¥5,200+税10%)

印刷版ISBN
978-4-524-24982-4
印刷版発行年月
2020/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
54 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

冠動脈造影(CAG)の基本的知識から、急性冠症候群(ACS)・安定性狭窄症におけるCAG所見の見方、血管内イメージングの評価方法まで、画像や症例を多く提示し、実際の診断の流れをわかりやすく解説した実践書。特に、早期に的確な診断が求められるACSのCAGについて重点的に解説し、手技上で注意すべき点も随所に盛り込んだ。若手循環器医師にとって“診療現場で活かすCAGの知識”を学べる一冊。

目次

【内容目次】
口絵 CAGのアンチョコ集
 1.ACS,SAPの診断アルゴリズム
 2.典型的な所見
 3.略語一覧
01 CAGを識る
 1.冠動脈疾患診療におけるCAGの位置付け
 2.急性冠症候群(ACS)と安定狭心症(SAP)におけるCAGの捉え方
 3.押さえておきたいCAGの基本知識
  (1)AHA分類とRentrop分類
  (2)検査の進め方~事前準備,穿刺,カテーテル挿入~
  (3)冠攣縮薬物誘発試験における造影
  (4)合併症対策
02 急性冠症候群(ACS)のCAG~PCIへつなげる~
 1.ACS診断の基本的な流れ
 2.ACSのCAG
  (1)病変の形態を読む
  (2)責任病変を診断する
  (3)血流を評価する
  (4)primary PCIの特殊性
03 安定狭心症(SAP)のCAG~PCIの適応を判定する~
 1.SAP診断の基本的な流れ
 2.解剖学的有意狭窄と機能的有意狭窄
 3.冠動脈CT
  (1)冠動脈の狭窄度評価
  (2)冠動脈プラークの評価
 4.画像診断による心筋血流の機能的評価
 5.冠内圧測定による狭窄病変の機能的評価
  (1)FFR(fractional flow reserve)
  (2)resting index
 6.SYNTAXスコアによる治療戦略
04 血管内イメージングとCAG~PCIを進化させる~
 1.CAGに血管内イメージングを組み合わせる
 2.血管内イメージングの種類
 3.基本的画像
 4.知っておきたい画像
 5.PCI時に知っておきたい基本知識
索引