医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

救急・集中治療領域における緩和ケア【電子版】

氏家 良人 (監)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-64147-0
電子版発売日
2021/02/22
ページ数
200ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,970 (本体¥2,700+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-04147-8
印刷版発行年月
2021/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
16 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

救命ができても死が避けられなくても、がんだけではなく心不全でも外傷でも、緩和ケアニーズは存在する。救急外来やICUにおける緩和ケアニーズのアセスメント、患者・家族とのコミュニケーション、苦痛症状に対するケア──時間が限定された救急外来やICUだからこそ、提供できる緩和ケアがある。「救命か、緩和か」ではなく、「救命も、緩和も」かなえるために、領域を越えて編まれたはじめての書。

目次

Prologue これまでの歩みを踏まえ,領域を越えた協働を実現するために

Chapter 1 緩和ケアの実際
 overview

Chapter 2 緩和ケア視点からの評価を通常のケアに統合する
 アセスメント
 Section 1 救急外来における緩和ケアニーズのアセスメント
 Section 2 ICUにおける緩和ケアニーズのアセスメント

Chapter 3 治療の中止と差し控え
 法律と倫理
 Section 1 治療の中止と差し控えをめぐる法的側面
 Section 2 延命治療中止に関するジレンマ
  法律家からのコメント「刑事訴追の恐れがある」にどう対応するか?
 Section 3 治療の中止と差し控えにどう対応するか
  「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」に基づいた
  臨床実践とは?

Chapter 4 患者・家族と話し合う
 コミュニケーション
 Section 1 ケアのゴールについて患者・家族と話し合う
 Section 2 治療の中止と差し控えについて話し合う

Chapter 5 苦痛症状に対するケア

Chapter 6 生命維持治療の中止とその後に行うべき緩和ケア

Column
 臓器提供の可能性がある場合,家族にいつ,どう伝え,何を一緒に考えるか
 ICUにおける緩和ケアの導入
 救急・集中治療領域における緩和ケア──患者中心のケアのために
 スタッフのケア──バーンアウトを防ぐために
 POLST(Physician Orders for Life Sustaining Treatment)──患者の意向に沿った人生の最終段階をかなえるために
 患者と死別した後の家族のケア
 ほぼ亡くなった状態での救急搬送への対応・看取り

索引