医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ここが知りたい 虚血性心疾患【電子版】

診断とカテーテル治療のコンテクスト

樋口 義治 (著)

大阪警察病院心臓センター内科部長/循環器科部長

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/03/25
ページ数
283ページ
 判型
A5判
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,940 (本体¥5,400+税10%)

印刷版ISBN
978-4-498-13666-3
印刷版発行年月
2021/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
70 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

虚血性心疾患の診療の基本と診断,急性冠症候群,慢性虚血性心疾患のカテーテル治療について書き下ろした渾身の1冊.上手なカテーテル治療を行うにはどうすればよいか,また達人はなぜそのような手技を行うのかについて,カテーテル治療はアートであるという著者が,その思考の流れ(コンテクスト)を理解するため,ロジカルに説明できるテクニックを中心に,豊富な経験と豊富な図表を使ってわかりやすく解説した実践書.

目次

Part1 虚血性心疾患診療の基本と診断

 section1 序章─CV continuumのコンテクストから考える虚血性心疾患
   1-1 CV continuumにおける虚血性心疾患の位置づけ
   1-2 虚血性心疾患はpolyvascular diseaseの一亜形であり,かつ最も致死的な表現型である
    ここが知りたい Polyvascular diseaseを意識するセンス
   1-3 CV continuumの終着駅
   1-4 Polyvascular diseaseの本質
    風姿カテ伝 臨床では時にブラックスワンが発見される

 section2 基本となる動脈硬化の成り立ちを知る
   2-1 動脈硬化の成立要因
   2-2 糖尿病からみた虚血性心疾患─インスリン抵抗性が動脈硬化を促進する
   2-3 脂質異常症からみた虚血性心疾患

 section3 心筋虚血の病態生理
   3-1 心筋虚血の成り立ち
   3-2 心筋虚血の病態生理
    ここが知りたい 隠れたプラークをみるセンス
    ここが知りたい 心筋虚血と心筋バイアビリティ,気絶心筋(stunning)と冬眠心筋(hibernation)

 section4 虚血性心疾患の分類
   4-1 心筋壊死の有無を基準にした場合
   4-2 発症様式を基準にした場合
    ここが知りたい 心筋梗塞の4th Universal Definitionについて
   4-3 冠攣縮性狭心症(CSAまたはVSA)

 section5 心筋虚血の診断と心筋バイアビリティ
   5-1 心筋虚血の診断
    ここが知りたい 虚血と心電図のロジック
    ここが知りたい aVR誘導上昇の意味
    風姿カテ伝 診断基準は変化する
    風姿カテ伝 虚心坦懐に診る

 section6 冠動脈の形態的画像診断
   6-1 冠動脈CT検査
   6-2 冠動脈造影(CAG)
    ここが知りたい 冠動脈は栄養血管として捉える
   6-3 血管内エコー(IVUS)
   6-4 光干渉断層法(OCT)
   6-5 血管内視鏡
   6-6 近赤外線分光法(NIRS)
   6-7 侵襲的冠血流予備能評価(FFR)

 section7 虚血性心疾患に対する薬物治療
   7-1 虚血性心疾患治療を俯瞰する
   7-2 血行再建術時代における,虚血性心疾患の治療薬
    ここが知りたい DAPTの継続期間は?
    ここが知りたい 心房細動合併虚血性心疾患症例における抗血栓療法
    ここが知りたい Fire and Forgetから再びthe lower,the betterへ
    風姿カテ伝 NNT=50のコストパフォーマンス
    ここが知りたい プラーク視点で考える,1次予防・2次予防のロジック LDL低下療法とbeyond LDLの意義を読み解くセンス

Part2 急性冠症候群の診断とカテーテル治療

 section1 序章:急性冠症候群診療のコンテクスト

 section2 急性冠症候群の急性期診断・総論
   2-1 心不全/心原性ショックを呈さない急性冠症候群をみたとき
   2-2 心不全を呈した急性冠症候群をみたとき
    ここが知りたい 虚血リスクに応じたPCIタイミング

 section3 急性冠症候群の急性期診断・各論
   3-1 問診
    ここが知りたい 胸痛以外の症状を呈するACS
    ここが知りたい Ischemic preconditioningとは?
    ここが知りたい 心筋梗塞においてprotectiveな因子(心筋保護的に働く因子)
   3-2 身体所見
   3-3 胸部X線検査
   3-4 心電図検査
    ここが知りたい Mirror image(reciprocal change)の見方
   3-5 心エコー図検査
    ここが知りたい LMT asynergyとは?
    ここが知りたい ACSの機械的合併症とは?
    風姿カテ伝 カテ室入室前に病態を予測しておく
   3-6 血液検査(特に心筋バイオマーカーの測定)
    ここが知りたい なぜonsetを知ることが大切なのか
   3-7 症例演習 一筋縄ではいかない急性冠症候群
    風姿カテ伝 例外に出会い,学ぶこと

 section4 急性冠症候群の薬物治療とカテーテル治療総論
   4-1 ACSの薬物療法
    ここが知りたい ACE阻害薬とβ遮断薬の使い方.使い分けはあるのか?
   4-2 ACSのカテーテル治療総論
    ここが知りたい 新しい心筋細胞保護の概念:door to unloadの短縮

 section5 急性冠症候群のPCI治療各論
   5-1 基本システムと手技
   5-2 病変が固いとき,どうする
   5-3 急性冠症候群に伴う微小循環障害
   5-4 PCI中およびCCU帰室後に起こりうる血行動態の悪化・破綻
    ここが知りたい 再灌流傷害とは
   5-5 機械的補助デバイス
   5-6 高度狭窄を複数もつAMIのPCI(心不全/心原性ショックを呈していない場合)
   5-7 中等度狭窄(すなわちAHA分類75%狭窄)の非梗塞責任血管をどう評価して,いつ治療するのか(心不全/心原性ショックを呈していない場合に)
   5-8 心不全・心原性ショックを呈する急性冠症候群に対する
   カテーテル治療
    風姿カテ伝 「NSTE-ACSの方がSTEMIよりも予後が悪い」は本当か?

Part3 慢性虚血性心疾患の診断とカテーテル治療

 section1 序章:慢性虚血性心疾患診療のコンテクスト
   1-1 待機的PCIをめぐる状況─日本と米国で大きく異なっている

 section2 慢性心筋虚血の症状による分類
   2-1 慢性心筋虚血の症状
   2-2 慢性心筋虚血の病態

 section3 慢性虚血性心疾患の診断と検査
   3-1 慢性虚血性心疾患の診断と検査総論
   3-2 慢性虚血性心疾患診断のための検査各論
    ここが知りたい PROSPECT studyの解釈
    ここが知りたい 冠動脈CTは将来の心血管イベントを予測できるか
    ここが知りたい 覚えておきたい,DEFER試験とFAME試験

 section4 慢性虚血性心疾患の治療と総論
   4-1 治療総論と薬物療法

 section5 慢性虚血性心疾患のカテーテル治療
   5-1 慢性虚血性心疾患に対するカテーテル治療総論
   5-2 カテーテル治療手技各論
    風姿カテ伝 自分がうまくなったのではない,血管が合わせてくれているのだ
    風姿カテ伝 「開心術後は心タンポナーデにならない」というのは真実か?
    ここが知りたい デブリスとは一体何なのか?
    ここが知りたい デバイス通過時に発生する“作用・反作用の法則”
    ここが知りたい “回転操作”によるカテーテルの挙動
    ここが知りたい ステント留置のためのworking viewの選び方
    ここが知りたい ワイヤーバイアス
    ここが知りたい プラークの局在を同定する.DCAで狙う
    風姿カテ伝 技術を習得する目的
   5-3 Supported PCI

 section6 虚血性心不全の病態とカテーテル治療
   6-1 虚血性心筋症(ICM)とは
   6-2 心筋バイアビリティの診断と血行再建の場面での考え方
    ここが知りたい 血行再建術の視点からみた心筋虚血と心筋バイアビリティ,その用語の使い分け
   6-3 虚血性心不全の治療
    風姿カテ伝 医療におけるシンギュラリティ

索引