医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

オールインワン 経験症例を学会・論文発表するTips【電子版】

見坂 恒明 (著)

出版社
金芳堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/04/05
ページ数
304ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,960 (本体¥3,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7653-1848-8
印刷版発行年月
2020/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
18 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

日々の臨床の中で、「学会で発表しては?」「論文にしては?」と上級医から言われることもあるでしょう。しかし、どのように手をつけていったら良いかわからずに、結局、何もせずに終わる場合もあることでしょう。

著者は、日々の臨床にしっかり向き合い、そこで出会った症例より、症例報告を書き、それを学会・論文で発表するといった流れを実践し、学会では優秀演題賞を受賞し、論文執筆ではお蔵入りゼロです。

本書は、著者の経験を踏まえ、症例に出会ってから、学会・論文発表までの流れをわかりやすく紹介しました。医師や医療従事者にとって、論文発表までのベストルーティーンになることでしょう。

目次

第1章 症例報告の学会発表・論文作成、こんなところでつまずいていませんか?
1-1.つまずく要因
1-2.つまずきポイント1)期限について
1-3.つまずきポイント2)症例選択の話
 1)症例選択の基準
 〈例1〉稀な疾患である症例①
 〈例2〉稀な疾患である症例②
 〈例3〉論文化されていなかった症例
1-4.つまずきポイント3)論文化にあたっての話
 1)論文作成の意義
 〈例4〉検査羅列の症例
 〈例5〉新しい治療の提示が客観的事実に基づく症例
 2)論文投稿時の査読への対応
 〈例6〉査読者の指摘が大いに役立った症例
 〈例7〉査読者の指摘をそのまま記載した症例
 〈例8〉査読者の指摘が納得できなかった症例①
 〈例9〉査読者の指摘が納得できなかった症例②

第2章 学会発表・論文にできる症例の見つけ方
2-1.貴重な症例、見逃していませんか? 症例の見つけ方
 1)頻度が高い疾患✕よくある症状や検査結果✕一般的な治療経過
 2)頻度が多い疾患✕見逃しがちな症状・報告が少ない症状・所見
 3)頻度が少ない疾患✕よくある症状や検査結果✕一般的な治療経過
 4)日本で発症者が少ない疾患
 5)頻度が少ない疾患✕あまりない症状・検査結果
 6)治療・救命に難渋した症例
 7)非典型所見✕診断に難渋した症例
2-2.その症例、学会発表できる題材ですか?
 1)一般的な情報検索方法
 2)私の情報検索方法
2-3. 文献検索の方法について
 1)例1.伝染性単核球症に心筋炎を合併した症例を調べる
 2)例2.青汁によって肝機能障害を来たした症例を調べる
 3)例3.70歳の悪性リンパ腫による腸重積の症例を調べる

第3章 学会発表に向けて
3-1.学会発表ができそうと思ったらすること
 1)学術的に耐えうる内容にする
 〈症例1〉アロプリノール内服中の60歳代の発熱と皮疹
 〈症例2〉70歳代の発熱と皮疹、多関節痛、フェリチン高値
 〈症例3〉60歳代の発熱と四肢の筋痛、四肢末梢の浮腫
 2)患者とその家族への説明
3-2.学会発表の準備、発表の持って行き方
 1)臨床的メッセージについて
 2)一般化できる臨床メッセージを示す
3-3.学会発表までの流れ
 1)余裕を持って、文献的考察を深める
 2)学会発表は計画的に
3-4.抄録の書き方について
 1)抄録例①
 -〈症例〉
 -〈主訴〉
 -〈現病歴〉
 -〈来院後経過〉
 -〈考察〉
 -〈演題名〉
 -抄録作成時、文献的考察をしっかり行う
 -抄録登録時の注意点
 2)抄録例②
 -〈症例〉
 -〈主訴〉
 -〈現病歴〉
 -〈薬剤使用歴〉〈社会生活歴〉
 -〈臨床経過〉
 -〈考察〉
 -〈演題名〉
 -文字数制限に気をつける
 -抄録作成後、学会発表のスライド作成に着手する
3-5.学会発表のスライド作成について
 1)スライドのサイズ
 2)書体
 3)スライド内の情報量
 4)スライド中の文字サイズと行数
 5)適切な行間の使用、改行部分への配慮
 6)結語
 7)スライドの構成
 8)スライドの具体例
 -「タイトル」「COI開示」「緒言」のスライド
 -「症例」のスライド
 -「身体所見」のスライド
 -「検査所見」のスライド
 -「画像所見」のスライド
 -「経過」のスライド
 -「一般論」のスライド
 -「考察」のスライド
 -「結語」のスライド
 -「謝辞」のスライド
3-6.学会発表のポスター作成について
 1)ポスターの基本はわかりやすいことが何より大事
 2)ポスターサイズ
 3)フォント
 4)文字サイズ
 5)レイアウトの方法
 6)ポスターの内容の配列順
 7)改行部分への配慮
 8)余白をとる
 9)背景の塗りと囲いの2重強調
 10)矢印は目立たせない
 11)全体レイアウトも囲い枠をうまく使う
 12)情報の整理
 13)PDF形式に書き出してチェック
 14)ポスターの印刷
3-7.学会発表について
 1)院内予演会の意義
 2)発表の実際
 3)学会発表後
3-8.学会発表の意義を理解していますか
 1)似た症例に出会った医療者や患者のために
 2)専門家の見解が聞ける

第4章 論文発表に向けて
4-1.学会発表した症例は論文化できそうですか
 1)ある疾患で症状・所見・経過が新規
 2)副作用、薬剤相互作用が新規
 3)二つの疾患間に予想外の関連性
 4)新規の診断方法
 5)新規の治療方法、予想外の治療効果
 6)稀・新規の疾患・病原体
4-2.論文化の意義について
 1)症例報告が臨床研究につながった例
 2)記録として残す
4-3.同意書のとり方について
 1)倫理規定を把握する
 2)研究とみなされる症例報告の例数は
 3)同意書をとるタイミング
4-4.論文投稿先の選択について
 1)論文投稿先の相談
 2)IFが高いジャーナルが良いか
 3)内容に応じた投稿先
 4)論文採択率と論文掲載料
4-5.論文を書いてみましょう!どの部分から書きますか?
 1)私の執筆順
 2)Introduction
 3)Discussion
 4)References
 5)Abstract
4-6.論文を書いてみましょう!実際の本文の書き方について
 1)Introduction
 2)Case
 3)Discussion
 4)Abstract
4-7.論文を書いてみましょう!タイトルのつけ方
 1)良いタイトルとは
 2)「症例報告」と入れるべきか
4-8.論文を書いてみましょう! 意外に手間のかかる本文以外のところ
 1)References
 2)Figure Legends
 3)Keywords
 4)List of abbreviations
 5)Declarations
 6)Consent for publication
 7)Availability of data and materials
 8)Competing interests
 9)Funding
 10)Authors’ contributions
 11)Acknowledgements
4-9.英文校正について
 1)英文校正会社に依頼をする
 2)英文校正会社でできること
 3)カバーレター
4-10.論文を投稿してみましょう!
 1)オンライン投稿前に
 2)オンライン投稿の実際
4-11.査読者とのやりとり
 1)論文投稿後の流れ
 2)査読コメントへの対応方法
 3)再投稿する
4-12.Reject後の流れ
 1)査読に回らずrejectの場合
 2)査読されrejectの場合
 3)査読コメントに対する対応
4-13.論文のAccept後の流れ
 1)論文掲載料の支払い
 2)出版社から校正依頼
 3)いよいよ刊行
4-14.論文のPublish後に起こること
 1)学会等へのお誘い
 2)投稿の依頼
 3)Letterへの対応
 4)査読の依頼
索引
執筆者プロフィール

こぼれ話

自治医科大学CRST活動
守破離について
PubMedが新しくなりました
文献管理ソフト
論文共著者の並び順と共著者資格について
1日に4度の論文のrejectコラム

コラム

査読してわかるいろいろな論文
PubMedが新しくなりました
剽窃・盗用について
画像系論文(Clinical picture / clinical image)
オープンジャーナルと論文掲載料
「Letter」を活用した論文投稿