医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

Dr.ヤンデルの病理トレイル 「病理」と「病理医」と「病理の仕事」を徹底的に言語化してみました【電子版】

市原 真 (著)

出版社
金芳堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/04/12
ページ数
278ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,080 (本体¥2,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7653-1862-4
印刷版発行年月
2021/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
10 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

病理医は何を見て、何を考えているのか。医療という壮大なトレイルで一体何をしているのか。病理医の立ち位置、臨床医との関わり、そして病理診断――病理医の無意識の領域に迫り徹底的に言語化する試み。

目次

序章:無敵の医学生・初期研修医たちへ なぜ、私が病理診断学を「言語化」しようと思ったか

第1章:君たちはどう医きるか
1 医療人マップ 医療の三角形[概説]
2 病理医の立ち位置 医療の四面体[概説]
3 「診断」
4 「診断世界」における、病理医の立ち位置

第2章:病理医トレイル
1 消化器内視鏡医ルート
2 消化管外科医ルート
3 皮膚科医ルート
4 血液内科医ルート
5 「内科医」ルート

第3章:病理診断トレイル
1 手術検体の診断
2 生検の診断
3 クリニコ・パソロジカル・カンファレンス
4 研究会と症例報告

終章:くたびれはてた医療人へ なぜ、私が病理診断学を「言語化」しようと思ったか