医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

症例でたどる 頭部MRI・CT 時間経過で画像はこう変わる【電子版】

縄田 昌浩 (著)

出版社
金芳堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/05/03
ページ数
220ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,060 (本体¥4,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7653-1771-9
印刷版発行年月
2018/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
96 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

脳血管障害や頭部外傷等ではMRI・CT画像は、時々刻々と変化する。
本書は急性期から慢性期、緩解再燃など変わりゆく画像を実症例を提示し、わかりやすく解説する。

目次

Ⅰ 脳血管障害
1.出血性脳卒中と関連疾患
くも膜下出血
遅発性脳血管攣縮
コイルコンパクション
脳動脈瘤増大
脳出血MRIの信号変化
脳出血CTの変化

2.虚血性脳卒中と関連疾患
脳梗塞
自然再開通
Early CT signと経過
FLAIRの信号変化
出血性梗塞
Fogging effect
出血性梗塞とFogging effect
皮質層状壊死
ワーラー変性
交差性小脳萎縮

3.その他の脳血管障害
脳静脈洞血栓症
脳動脈解離
もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)

Ⅱ 脱髄・変性
多発性硬化症
Wernicke脳症
亜急性連合性脊髄変性症

Ⅲ 外傷
急性硬膜外血腫
急性硬膜下血腫
脳挫傷
脳脂肪塞栓症
脳脊髄液漏出症

Ⅳ 腫瘍・その他
海綿状血管腫
脳腫瘍増大
脳腫瘍縮小
ガンマナイフ治療
下垂体卒中
けいれん発作後の拡散強調画像
一過性全健忘
可逆性脳血管攣縮症候群
特発性正常圧水頭症
サイホン現象
脳表ヘモジデリン沈着