医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

本質の感染症【電子版】

岩田 健太郎 (著)

神戸大学大学院医学研究科教授

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/05/25
ページ数
195ページ
 判型
A5判
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,420 (本体¥2,200+税10%)

印刷版ISBN
978-4-498-02138-9
印刷版発行年月
2021/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
70 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

岩田健太郎先生による感染症の「本質」をめぐる知的冒険の記録.医学のみならず歴史・哲学・社会問題・サブカルチャーなどあらゆる話題を横断しながら感染症について語り尽くした「J-IDEO」の連載をまとめ,さらに書き下ろしや國松淳和先生との特別対談「『本質』とはなにか」も新たに収録しました.

目次

第1回 現象化
第2回 記号化
第3回 一般化
第4回 欧米化
第5回 形式化
第6回 適当化
第7回 形骸化
第8回 酸化
第9回 個別化
第10回 見える化
第11回 女性化
第12回 風化
第13回 知性の劣化
第14回 非劣性化
第15回 いじめ体質化
第16回 未来化
第17回 賃金低下,いや低化
第18回 環境化
第19回 デジタル化
第20回 原理原則化
BONUS TRACK コロナ禍(コロナ化)COVID-19の「本質」を考える
対談 『本質』とはなにか(岩田健太郎×國松淳和)