医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

希少がん・難治がん診療ハンドブック【電子版】

石岡 千加史 (監)

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-23289-5
電子版発売日
2021/09/13
ページ数
248ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥9,350 (本体¥8,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-524-22859-1
印刷版発行年月
2021/07
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
28 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

わが国初の“希少がん・難治がん”の成書として,診療に必要な知識を網羅的に解説.Ⅰ章では希少がん・難治がんの定義や疫学などの基本的知識,Ⅱ章では代表的な希少がん・難治がんごとの病態や検査,治療法を示し,各疾患の診療実践についてまとめた.さらにⅢ・Ⅳ章では,希少がん・難治がんにおけるフォローアップとチーム医療,今後期待される診断法や治療法に触れ,希少がん・難治がんに関して必要十分に学べる内容となっている.

目次

【内容目次】
第Ⅰ章 総論
 1.希少がんとは
 2.難治がんとは
 3.希少がん・難治がん診療の課題
第Ⅱ章 希少がん・難治がん診療の実際
 希少がん
  1.部位別希少がん診療の実際
  2.臓器横断的希少がん診療の実際
 難治がん
  1.部位別難治がん診療の実際
  2.原発不明がん
  3.神経内分泌腫瘍・神経内分泌がん
第Ⅲ章 フォローアップとチーム医療
 1.治療後のフォローアップ
 2.希少がん・難治がん患者の診療,心理社会的支援
第Ⅳ章 希少がん・難治がん診療の展望・トピックス
 1.今後注目される診断法
 2.今後注目される治療法
索引