医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

血液内科グリーンノート 第2版【電子版】

木崎 昌弘 (編著)

埼玉医科大学 副学長,埼玉医科大学総合医療センター血液内科 教授

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/09/02
ページ数
592ページ
 判型
B6変形
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,700 (本体¥7,000+税10%)

特記事項
■この電子版では,QRコードより外部のサイトとリンクをしております.閲覧のためにはネット環境が必要です.
印刷版ISBN
978-4-498-22507-7
印刷版発行年月
2021/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
396 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

最高水準の診療をめざし,現場で本当に必要な情報を凝縮したポケットマニュアル「グリーンノート」シリーズの血液内科編.改訂2版となる今版では,血液内科の臨床で必須とされる厳選知識をミニマムかつ網羅的に伝えつつ,全体を最先端の情報にアップデート.実臨床で活躍できる力がつく,新たな診療マニュアルである.

目次

I.血液内科を目指す若い先生方へ
   血液内科の勧め〈別所正美〉

II.造血の仕組みと造血因子の基本
   造血の仕組みと造血因子の基本〈海老原康博〉

III.血液疾患の診断に必要な形態アトラス
   1.末梢血・骨髄塗抹標本〈三ツ橋雄之〉
   2.骨髄生検〈百瀬修二〉
   3.リンパ節生検アトラス〈増田 渉・田丸淳一〉

IV.血液診療に必要な検査とその解釈
   1.骨髄検査(穿刺,生検)〈石川真穂〉
   2.リンパ節生検〈岡村大輔〉
   3.フローサイトメトリー〈得平道英〉
   4.染色体検査 (G-banding)/FISH検査 〈前田智也〉
   5.遺伝子検査〈前田智也〉
   6.血液診療に必要なゲノム解析研究の知識 〈山口健太郎・片岡圭亮〉
   7.病態解析に必要なウイルス検査〈富川武樹〉
   8.造血器腫瘍の画像診断〈久慈一英〉
   9.止血検査〈石川真穂〉

V.主要な徴候の鑑別診断
   1.発熱・不明熱〈木村勇太〉
   2.リンパ節腫脹〈高橋直樹〉
   3.貧血〈前田智也〉
   4.出血傾向〈石川真穂〉
   5.白血球減少〈永沼 謙〉
   6.白血球増加〈永沼 謙〉

VI.造血器腫瘍に対して必要な治療総論
   1.治療計画の立て方〈木崎昌弘〉
   2.抗がん薬と化学療法〈富川武樹〉
   3.造血幹細胞移植の実際と合併症対策 〈森 毅彦〉
   4.放射線治療の計画の立て方と実践 〈高橋健夫〉
   5.造血器腫瘍の治療に伴う感染症に対する対策 〈川村隆之・岡 秀昭〉
   6.安全で適正な輸血療法〈岡田義昭・石田 明〉
   7.造血器腫瘍治療時の患者ケア 〈阿南朋恵・木崎昌弘〉
   8.Hematological emergencyへの対応
    I>腫瘍崩壊症候群〈田中佑加〉
    II>脊髄腫瘤性病変についての対応(脊髄圧迫症候群) 〈田中佑加〉
    III>大量出血への対応〈山本晃士〉
    IV>抗がん薬漏出時の対応〈高橋康之〉

VII.疾患各論
   1.鉄欠乏性貧血(IDA)〈阿南朋恵・木崎昌弘〉
   2.自己免疫性溶血性貧血(AIHA)〈高橋康之〉
   3.寒冷凝集素症(CAD)〈高橋康之〉
   4.二次性貧血〈岡村大輔〉
   5.巨赤芽球性貧血(MA)〈岡村大輔〉
   6.再生不良性貧血(AA)〈松田 晃〉
   7.赤芽球癆(PRCA)〈松田 晃〉
   8.発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH) 〈松田 晃〉
   9.骨髄異形成症候群(MDS)〈松田 晃〉
   10.急性骨髄性白血病(AML)〈麻生範雄〉
   11.急性前骨髄球性白血病(APL)〈麻生範雄〉
   12.急性リンパ性白血病(ALL)〈木村勇太〉
   13.慢性リンパ性白血病(CLL)と類縁疾患 〈得平道英〉
    I>慢性リンパ性白血病(CLL)/小リンパ球性リンパ腫(SLL)
    II>有毛細胞白血病(HCL)
   14.慢性骨髄性白血病(CML)〈木崎昌弘〉
   15.骨髄増殖性腫瘍(MPN)〈木崎昌弘〉
    I>真性多血症(PV)
    II>本態性血小板血症(ET)
    III>原発性骨髄線維症(PMF)
   16.ホジキンリンパ腫(HL)〈照井康仁〉
   17.非ホジキンリンパ腫(NHL)〈照井康仁〉
   18.成人T細胞白血病・リンパ腫(ATLL) 〈塚崎邦弘〉
   19.多発性骨髄腫(MM)〈中村裕一〉
   20.原発性マクログロブリン血症(WM)・原発性アミロイドーシス・キャッスルマン病(CD) 〈渡部玲子〉
    I>原発性マクログロブリン血症(WM)
    II>原発性アミロイドーシス
    III>キャッスルマン病(CD)
   21.血球貪食症候群(HPS)〈脇本直樹〉
   22.伝染性単核症(IM)〈脇本直樹〉
   23.慢性活動型EBウイルス感染症(CAEBV) 〈田中佑加〉
   24.特発性血小板減少性紫斑病(ITP)〈宮川義隆〉
   25.血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)〈宮川義隆〉
   26.播種性血管内凝固症候群(DIC)〈得平道英〉
   27.血友病〈山本晃士〉
   28.ビタミンK欠乏症〈山本晃士〉
   29.von Willebrand病〈山本晃士〉
   30.現場で役に立つ血栓症の診断と対応〈山本晃士〉

VIII.実践に役立つ造血器腫瘍治療レジメン
   1.急性骨髄性白血病(AML)〈多林孝之〉
   2.急性前骨髄球性白血病(APL)〈多林孝之〉
   3.急性リンパ性白血病(ALL)〈多林孝之〉
   4.慢性リンパ性白血病(CLL)とヘアリー細胞白血病〈多林孝之〉
   5.非ホジキンリンパ腫(NHL)〈多林孝之〉
   6.ホジキンリンパ腫(HL)〈多林孝之〉
   7.成人T細胞白血病・リンパ腫(ATLL) 〈多林孝之〉
   8.多発性骨髄腫(MM)〈多林孝之〉
   9.腎障害,肝障害の際の抗がん薬減量規定 〈多林孝之〉

付録1 体表面積換算表
付録2 血液診療に役立つアプリ集 〈多林孝之〉
付録3 CTCAE最新版の利用の仕方〈高橋康之〉

索引