医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

ビジュアル・サージカルテクニック

肩関節鏡視下手術【電子版】

石橋 恭之(監) 三幡 輝久 (編)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/09/20
ページ数
348ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥17,600 (本体¥16,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-2746-0
印刷版発行年月
2021/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
196 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

関節鏡視下手術の初学者が必要な知識と技術をまとめた教科書.高い技術力・経験知を要する上級レベルの手術は扱わず,初学者がレベルアップのために知っておきたい内容に特化.この一冊で初学者が関節鏡視下手術をマスターできるよう,肩関節鏡視下手術に必要な局所解剖やバイオメカニクス,診断からはじまり鏡視下Bankart手術や腱板修復手術を含むさまざまな手術手技を網羅.豊富なイラスト・鏡視像と共に手術の流れを明解に解説した.

目次

Chapter 1 解剖とバイオメカニクス
 1.肩関節鏡視下手術に役立つ局所解剖
 2.肩関節鏡視下手術に役立つバイオメカニクス

Chapter 2 手術器具と基本手技
 1.肩関節鏡視下手術の手術器具とセットアップ
 2.肩関節鏡視下手術のための鏡視下糸結び法

Chapter 3 合併症
 1.肩関節鏡視下手術の合併症とその予防と対策

Chapter 4 麻酔と術後疼痛管理
 1.肩関節鏡視下手術における麻酔と術後疼痛管理

Chapter 5 診断
 1.ポータル作製と正常肩関節の所見
 2.肩甲上腕関節内にみられる異常所見
 3.肩甲上腕関節の外部にみられる異常所見

Chapter 6 肩関節不安定症
 1.鏡視下Bankart修復術
 2.骨性Bankart病変を伴う症例に対する鏡視下Bankart修復術
 3.大きなHill-Sachs病変を伴う症例に対するRemplissage法
 4.Rotator interval closure
 5.鏡視下Bankart-Bristow変法
 6.HAGL病変に対する鏡視下修復術
 7.後方不安定症に対する関節唇修復術

Chapter 7 腱板断裂
 ❶ 修復可能な症例
 1.小・中断裂に対する鏡視下腱板修復術
 2.大・広範囲断裂に対する鏡視下腱板修復術
 3.肩甲下筋腱断裂に対する鏡視下腱板修復術
 4.腱板不全断裂に対する鏡視下腱板修復術:完全断裂にして修復
 5.腱板関節包側不全断裂に対する鏡視下腱板修復術:trans-tendon repair
 6.肩上方関節包再建術による補強を追加した鏡視下腱板修復術
 ❷ 修復不能な症例
 1.鏡視下腱板部分修復術
 2.大腿筋膜を用いた鏡視下肩上方関節包再建術
 3.テフロンパッチを用いた鏡視下肩上方関節包再建術
 4.鏡視下小胸筋移行術
 5.筋前進術を併用した鏡視下腱板修復術

Chapter 8 投球障害肩
 1.オーバーヘッドスポーツ選手のSLAP病変に対する鏡視下手術
 2.オーバーヘッドスポーツ選手の腱板断裂に対する鏡視下手術
 3.重度肩関節後方タイトネスと肩Bennett病変に対する鏡視下手術
 4.オーバーヘッドスポーツ選手の前方不安定症に対するMGHL修復術

Chapter 9 神経障害
 1.肩甲上神経麻痺に対する鏡視下上肩甲横靱帯切離術
 2.傍肩関節ガングリオン嚢腫による肩甲上神経麻痺に対する鏡視下手術
 3.胸郭出口症候群に対する鏡視下第1肋骨切除術

Chapter 10 骨折に対する治療
 1.上腕骨大結節骨折に対する鏡視下手術
 2.肩甲骨関節窩骨折に対する鏡視下手術

Chapter 11 その他
 1.肩関節拘縮に対する鏡視下関節包解離術
 2.肩石灰沈着性腱板炎に対する鏡視下手術
 3.肩鎖関節脱臼に対する鏡視下烏口鎖骨靱帯再建術

Chapter 12 リハビリテーション
 1.腱板断裂に対する鏡視下手術後のリハビリテーション
 2.肩関節不安定症に対する鏡視下手術後のリハビリテーション
 3.オーバーヘッドスポーツ選手における鏡視下手術後のリハビリテーション

索引