医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

超生物学―次のX【電子版】

私たちがいま手にしている細胞工学

谷内江 望 (編)

出版社
羊土社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/11/05
ページ数
189ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,290 (本体¥3,900+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7581-2252-8
印刷版発行年月
2021/10
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
24 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

実験医学誌の好評連載を単行本化.ゲノム編集を嚆矢とする革新的バイオテクノロジーと,1細胞技術・情報工学が融合し,今何が起きているのか.研究者たちの大胆なビジョンが変えてしまう新時代の細胞工学を知る.

目次

はじめに

第1章 ゲノム編集 バイオテクノロジーの新たな主人公
第2章 細胞レベルで個体発生を追跡する
第3章 シングルセル解析にみるDNAバーコードの威力
第4章 DNAバーコードによるテクノロジーの連結
第5章 DNAシークエンシングで細胞内分子ネットワークや空間情報を取得する
第6章 DNAに人工情報を記録する
第7章 メモリードライブのようにふるまう細胞の開発
第8章 細胞の中に論理回路を作る
第9章 RNAを用いた分子センサープログラミング
第10章 遺伝子回路による生体モニタリングデバイスと次世代がん免疫治療法
第11章 進化生物学と発生生物学
第12章 進化生物学が触発したバイオテクノロジー
第13章 生命ネットワーク情報を利用した知識の統合
第14章 生体空間を捉えるイメージング技術
第15章 細胞レベルに情報を粗視化して空間を捉える
第16章 生物に情報記録マシンを仕込む 私たちの次のX

付録1 本書に登場する研究グループ
付録2 本書に登場する研究グループ(主宰者)相関図

参考文献

おわりに

発行に寄せて
生物学を超えるとは
チーム谷内江,会心の「超生物学─次のX」

索引