医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

一歩進んだ

腹部エコーの使い方【電子版】

エコーが役立つとき・役立たないとき

辻本 文雄 (編)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2021/11/29
ページ数
266ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥8,800 (本体¥8,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-3746-9
印刷版発行年月
2016/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
124 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

いまや臨床医にとって必須のスキルとなった腹部エコーだが,再現性に乏しく苦手意識をもつ医師は多い.そこで本書は,診断を下すときにエコーが役に立つ状況,あるいは逆に役立たない状況をとりあげ,臨床医のニーズに応える内容とした.さらに,意外と知らない知識,見落としがちな所見を紹介し,エコーの思わぬ落とし穴についても解説を加え,“一歩進んだ”エコーの知識を存分に披露した内容となっている.

目次

I 腹部エコーが役に立つ疾患/ 役に立たない疾患
II 意外と知らない腹部エコーの知識
 1.肝臓の超音波解剖を理解していますか?
 2.胆囊の超音波解剖を理解していますか?
 3.膵の盲点領域をなくそう!
 4.脾腫の判定:spleen indexだけで十分ですか?
 5.腎臓の超音波解剖を理解していますか(腎洞・皮質・髄質)?
  ミニレクチャー 副腎は診ますか?
  ミニレクチャー 結石
  ミニレクチャー 臓器の腫大・萎縮をエコーからどう評価するか
III うっかり陥る腹部エコーの落とし穴
 1.肝内の高エコー腫瘤を血管腫と安易に診断していいでしょうか?
 2.肝実質高エコーは必ずしも脂肪浸潤ではない
  ミニレクチャー 脂肪の見え方
 3.ポリープ? いいえ,胆石です
 4.腎細胞癌を見落としていませんか?
 5.胃癌:スクリーニングでも胃は診ましょう
 6.腹部疾患と思いきや
 7.痛いところに病気はありませんか?!
 8.血管も診ましょう!
  ミニレクチャー カラードプラが診断に役立つ症例
IV こんな時,腹部エコーは役立つ!/ 役立たない?
 1.黄疸
 2.脂肪肝・NASH
 3.急性肝障害
 4.慢性肝障害(慢性肝炎・肝硬変)
 5.急性胆囊炎
 6.膵腫瘤
  ミニレクチャー 膵IPMN
 7.腎炎症性疾患
 8.鼠径ヘルニアの超音波検査
 9.イレウス
 10.消化管炎症性疾患
 11.若い女性の腹痛
 12.小児の疾患
 13.腹部外傷
  ミニレクチャー 血腫の見え方
Further Reading
索 引
付録