医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

高血圧治療における併用療法【電子版】

理想の組み合わせと合剤の位置づけ

檜垣 實男 (編)

愛媛大学大学院医学系研究科病態情報内科学教授

出版社
フジメディカル出版
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/01/17
ページ数
107ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,300 (本体¥3,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-86270-034-6
印刷版発行年月
2012/01
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
24 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

●高血圧治療における併用療法の理論的根拠,意義とその実際をクリアにまとめた,実地医家待望の一冊
●おもな降圧薬の併用療法と合剤について,その使用が推奨される代表的な症例を示すとともに,作用機序からみた選択理由から使用上の注意点,エビデンスまでを網羅

目次

■I.降圧薬の併用療法
1.併用療法の理論的根拠と意義
2.併用療法の薬理学的意義
3.推奨される併用療法
1)ARBと利尿薬
2)ARBとCa拮抗薬
3)ARBとACE阻害薬
4)ARBとβ遮断薬
5)Ca拮抗薬と利尿降圧薬
6)Ca拮抗薬とACE阻害薬
7)Ca拮抗薬とβ遮断薬
4.その他の併用療法
1)アリスキレン
2)アルドステロン拮抗薬
3)ポリピル

■Ⅱ.合剤の有用性とその位置づけ
1.合剤の有用性と医療経済学的意義
2.合剤の種類と意義
1)ARBと利尿薬の合剤
2)ARBとCa拮抗薬の合剤
3)Ca拮抗薬とスタチンの合剤
3.合剤の安全性

資料:主要高血圧治療薬一覧