医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

麻酔科レジデントマニュアル 第2版【電子版】

川口 昌彦 (編)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-64903-2
電子版発売日
2022/04/04
ページ数
456ページ
 判型
B6変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,180 (本体¥3,800+税10%)

印刷版ISBN
978-4-260-04903-0
印刷版発行年月
2022/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
22 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

麻酔科研修に行くならまずこの一冊! 麻酔の基本的な知識から臨床での心構え、実践で役立つテクニックまでを幅広くかつコンパクトにまとめたマニュアル、待望の全面改訂! 術中基本手技は豊富なイラストに加えて動画による解説も。麻酔科ローテートの中で経験する「集中治療」「ペインクリニック」「緩和ケア」についてもカバーしており、幅広い場面で役立つ内容となっている。

*「レジデントマニュアル」は株式会社医学書院の登録商標です。

目次

イントロダクション
  1 麻酔科とは?
  2 周術期管理チームとその役割

Ⅰ 手術麻酔の基本
 A 術前管理の基本
  1 術前評価の基本
  2 注意すべき術前合併症と対策
  3 気道確保困難の予測
  4 術前に中止すべき薬剤
  5 栄養評価と対応
   Memo 術前絶飲食と経口補水投与
  6 緊急手術での術前評価
  7 高齢者での術前評価
  8 プレハビリテーション
  9 術前禁煙
   Memo ピアス,マニキュア,指輪,ピル
  10 周術期口腔機能管理
 B 麻酔の基本
  1 手術室入室時の注意点
  2 麻酔準備と麻酔器の始業点検
  3 麻酔関連薬の基礎
  4 麻酔導入の基本
  5 麻酔維持の基本
  6 基本モニター(心電図,血圧,SpO2,EtCO2)
  7 麻酔深度モニター
  8 筋弛緩モニター
  9 体位の基本
  10 輸液の基本
  11 体温管理(体温測定含む)
  12 抜管と退室基準
 C これだけは押さえておきたい術中基本手技
  1 末梢点滴の確保のコツ
  2 動脈ラインの確保
  3 中心静脈カテーテル
  4 気管挿管のコツ(喉頭鏡,ビデオ喉頭鏡)
  5 声門上器具
  6 difficult airway management(DAM)
  7 脊髄くも膜下麻酔
  8 硬膜外麻酔
  9 末梢神経ブロック
 D これだけは押さえておきたい麻酔管理法
  1 血液ガス分析
  2 低酸素血症と高二酸化炭素血症
  3 よく使用する循環系薬剤
  4 循環モニター(TEE除く)
  5 循環管理
  6 経食道心エコーの基本画像と操作
  7 血液製剤と輸血の適応
  8 大量出血時の対応
 E 主な周術期合併症と対応
  1 周術期肺塞栓症とその対策
  2 局所麻酔薬中毒とその対応
  3 アナフィラキシーとその対応
   Memo ラテックスアレルギーとその対応
  4 喘息発作の診断と治療
   Memo 喉頭けいれんとその対応
  5 空気塞栓症とその対応
  6 悪性高熱症とその対応
 F 術後管理の基本
  1 術後悪心嘔吐とその対応
  2 術後咽頭痛・嗄声・?痒とその対応
  3 術後疼痛管理
  4 硬膜穿刺後頭痛とその対応
  5 術後神経障害の鑑別とその対応
  6 術後呼吸器合併症
  7 術後早期回復プログラム(ERAS?)
  8 術後回復の評価法

Ⅱ 手術麻酔の実践
 A 心臓血管麻酔
  1 冠動脈バイパス手術(CABG)の麻酔
  2 弁膜症手術の麻酔
  3 弓部大動脈瘤手術の麻酔
  4 胸腹部大動脈瘤手術の麻酔
  5 TAVI(経カテーテル大動脈弁置換術)の麻酔
 B 肺外科麻酔
  肺外科手術の麻酔(分離肺換気を含む)
 C 神経麻酔
  1 頭蓋内圧亢進疾患の麻酔
  2 虚血性脳疾患の麻酔
  3 覚醒下脳手術
  4 運動誘発電位モニタリング時の麻酔
 D 産科麻酔
  1 帝王切開術の麻酔
  2 危機的産科出血時の対応
  3 妊婦の非産科手術の麻酔
  4 無痛分娩
 E 小児麻酔
  1 小児の術前評価
  2 小児の末梢点滴確保のコツ(超音波ガイド含む)
  3 小児の気道確保
  4 小児麻酔の基本
  5 日帰り手術の麻酔
  6 小児心臓血管手術の麻酔の基本
  7 小児の人工呼吸(集中治療を含む)
 F 知っておきたい特殊な麻酔
  1 ペースメーカ挿入患者の麻酔
  2 肥満患者の麻酔
  3 腹腔鏡下肝臓切除術
  4 褐色細胞腫摘出術の麻酔
  5 重症筋無力症の麻酔
  6 ECTの麻酔

Ⅲ 押さえておきたいサブスペシャリティ
 A 集中治療の基本と実践
  1 集中治療室の入室基準と重症度評価
  2 呼吸管理の基本
  3 循環・輸液の基本
  4 鎮静鎮痛プロトコール
   Memo せん妄評価と予防
  5 PICSと予防
  6 集中治療での抗菌薬の使い方
  7 心不全の診断と治療
  8 不整脈の診断と治療
  9 ペースメーカとその設定
  10 IABP(大動脈内バルーンパンピング)の適応と基本
  11 急性腎障害と血液浄化の基本
  12 ARDSの診断と治療
  13 ECMOの適応と基本
  14 DICの診断と治療
  15 敗血症の診断と治療
  16 けいれんの診断と治療
   Memo 非けいれん性てんかん重積状態(NCSE)
  17 集中治療における栄養療法
 B ペインクリニックの基本と実践
  1 痛みの定義と分類
  2 ペインクリニックでの問診
  3 基本的な神経学的評価法
  4 痛みの薬物療法(がんを除く)
  5 基本的な神経ブロック療法
  6 ペインクリニックでの主な疾患の診断と治療
 C 緩和ケアの基本と実践
  1 緩和ケアとは
  2 がん患者に対する疼痛管理
  3 がん患者の疼痛以外の症状緩和
  4 緩和ケアでのコミュニケーションの基本

Ⅳ 安全管理
  1 医療安全と手術
  2 針刺し事故の対応
  3 災害時の対応

索引