医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

運動器診療Next Decadeにつながるエッセンス

膝関節運動療法の臨床技術【電子版】

今屋 健 (著)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/05/09
ページ数
170ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,500 (本体¥5,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-4575-4
印刷版発行年月
2018/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
150 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

膝関節を専門とする理学療法士の著者により,運動療法の基礎から細かな治療のコツとピットフォールまでを紹介した臨床に即した一冊.前半の機能解剖と臨床的膝タイプの見極めの章では,日々の臨床の確固たる土台になる大切な知識が含まれている.後半のスペシャルテストと運動療法の章は,著者が積み重ねてきた技術・技法のエッセンスであり,臨床結果として大きな治療効果・患者満足度を導くことができる情報が凝縮されている.

目次

第1章 機能解剖
1 骨性構造
 1 大腿骨femur
 2 脛骨tibia
 3 膝蓋骨patella
2 膝関節の骨ランドマークの触診の流れ
 1 膝蓋骨
 2 膝関節裂隙
 3 大腿骨内側顆・外側顆,内側上顆・外側上顆
 4 脛骨粗面,Gardy結節,腓骨頭
 5 脛骨内側顆・外側顆
3 筋性構造
 1 大腿四頭筋
 2 大腿筋膜張筋(腸脛靱帯)
 3 内側ハムストリングス
 4 外側ハムストリングス
 5 膝窩筋
 6 腓腹筋
4 膝関節の運動学
 1 大腿脛骨関節femorotibial joint(FT関節)
 2 膝蓋大腿関節patelo-femoral joint(PF関節)
第2章 臨床的膝タイプの見極め
1 ジョイントプレイの見極め
 1 KT-2000,KNEELAXから読み取るジョイントプレイとスティフネス
 2 実際のグラフを読み取り,どう解釈するか?
2 伸展可動域の見極め
3 臨床的膝タイプの見極め
  Column 膝関節の伸展可動域
第3章 膝関節のスペシャルテストの習得
スペシャルテストを行ううえでの最重要事項
1 ラックマンテスト
 1 ラックマンテストの臨床的意義
 2 持ち手
 3 ラックマンテストの手順とコツ
2 前方引き出しテスト
 1 前方引き出しテストの臨床的意義
 2 持ち手
 3 前方引き出しテストの手順とコツ
3 Nテスト
 1 Nテストの臨床的意義
 2 持ち手・
 3 Nテストの手順とコツ
4 ピボットシフトテスト・ジャークテスト
 1 ピボットシフトテスト・ジャークテストの臨床的意義
 2 持ち手
 3 ピボットシフトテスト・ジャークテストの手順とコツ
5 後方引き出しテスト
 1 後方引き出しテストの臨床的意義
 2 持ち手
 3 後方引き出しテストの手順とコツ
6 外反ストレステスト・内反ストレステスト
 1 外反ストレステスト・内反ストレステストの臨床的意義
 2 持ち手
 3 外反ストレステスト・内反ストレステストの手順とコツ
7 ダイアルテスト
 1 ダイアルテストの臨床的意義
 2 持ち手
 3 ダイアルテストの手順とコツ
 4 後外側不安定性テストの持ち手
 5 後外側不安定性テストの手順とコツ
8 マックマレーテスト
 1 マックマレーテストの臨床的意義
 2 持ち手
 3 マックマレーテストの手順とコツ
9 膝蓋跳動テスト
 1 膝蓋跳動テストの臨床的意義
 2 持ち手
 3 膝蓋跳動テストの手順とコツ
10 膝蓋下脂肪体の評価
 1 膝蓋下脂肪体の評価の臨床的意義
 2 持ち手
 3 膝蓋下脂肪体の評価の手順とコツ
11 膝蓋上囊の評価
 1 膝蓋上囊の評価の臨床的意義
 2 持ち手
 3 膝蓋上囊の評価の手順とコツ
12 膝関節の伸展制限(HHD)の評価
 1 HHDの評価の臨床的意義
 2 被検者を背臥位にしての伸展制限の評価 手順とコツ(HHDを評価する前に)
 3 HHDの評価の手順とコツ
第4章 膝関節の運動療法
結果の出せる運動療法の優位性(=優先順位)
1 関節可動域エクササイズ
 1 ヒールスライド;浅屈曲可動域エクササイズ(0〜100°の屈曲)
 2 ヒールスライド;深屈曲可動域エクササイズ(100°以上の屈曲)
 3 完全伸展可動域エクササイズ
2 筋力エクササイズ
 1 クアドセッティング
 2 SLR(straight leg raising)
 3 アクティブヒールスライド
  Column 荷重位で筋活動を決定する因子
 4 クォータースクワット
  Column さまざまな肢位,足圧中心でのスクワット
  Column スポーツ種目の違いによるスクワット
 5 レッグランジ
 6 レッグエクステンション
 7 レッグカール
3 歩行エクササイズ
4 軟部組織に対するエクササイズ
 1 膝蓋下脂肪体
 2 膝蓋上囊
 3 皮膚
  Column 適正負荷の法則(負荷に耐えられる関節づくり)
  Column トレーニング時の「痛みの法則」
  Column 次のトレーニングへ移行するのはどのタイミングか?
  Column 抗重力位の法則(非荷重位での筋力トレーニング)
  Column 筋力エクササイズ時の膝関節に生じる剪断力(OKCとCKCの違い)
索 引