医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

直感で始める診断推論 ―向上のための誤診を恐れるな【電子版】

生坂 政臣 (著)

出版社
日本医事新報社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/05/16
ページ数
144ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,300 (本体¥3,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7849-6343-0
印刷版発行年月
2022/03
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
42 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

◆“診断推論”の本って専門用語が多くてわかりにくい……。そう思って避けている先生も多いのではないでしょうか。
◆本書では生坂先生が医学生や研修医、一般家庭医向けにわかりやすく“診断推論”を解説いたします。まずは小難しい方略はおいておいて「直感」で診断推論を始めてみませんか?
◆実際に遭遇した症例を例に挙げ、どんな「直感」で生坂先生が診断をつけていくのか……?そのノウハウをぜひご覧ください!

目次

第1章 直感を活かす
第2章 疾患を想起できないとき
第3章 キーワードの選び方─OPQRST アプローチ
第4章 侵害受容性疼痛─内臓痛と関連痛
第5章 神経障害性疼痛─解剖学的アプローチ
第6章 心因性疼痛─器質性疾患への紛れ込みを見抜く
第7章 医者が誤解する患者の言葉~日本語の曖昧さを乗り越える~
第8章 医者が誤解する患者の言葉─日本語の曖昧さを乗り越える(続)
第9章 曖昧さと複雑性を主戦場とするジェネラリストの診断方略
第10章 誤診回避の方略