医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

看護必要度Q&A(第5版)―令和4年度診療報酬改定に対応! 新評価項目「注射薬剤3種類以上の管理」も詳述―【電子版】

WiseClipper回答者チーム (編)

出版社
オーム社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/06/20
ページ数
306ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥2,860 (本体¥2,600+税10%)

印刷版ISBN
978-4-274-22880-3
印刷版発行年月
2022/06
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
46 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

看護必要度評価者、看護師、導入検討者必読の書!
 診療報酬改定は基本的に2年ごとに実施され、看護必要度の係る施設基準等も見直しがなされます。令和4年度の改定では、新型コロナウイルスの感染拡大が起こっているとはいえ、将来の医療ニーズの変化を見越し、入院患者の状態に応じて適切に医療資源を投入していく体制の構築が求められているとして、
◎一般病棟用の見直し
・必要度Ⅱ(既存の診療実績データを用いた評価方法)の要件化が急性期一般入院料1(許可病床数200床以上)に拡大
・点滴ライン同時3本以上の管理を「注射薬剤3種類以上の管理」に変更
◎ICUの見直し
・必要度Ⅱに限定
・「心電図モニターの管理」削除
等々の変更がありました。
 本第5版では、こうした改定内容を網羅し、内容を一部刷新し、新たに発行するものです。

目次

Step1.令和4年度診療報酬改訂内容について教えてください
Step2.看護必要度の概要を教えてください
Step3.看護必要度の評価方法を教えてください
Step4.ABC項目の基本的な考え方について教えてください
Step5.日常生活機能評価票の基本的な考え方について教えてください
Step6.A項目の個別評価は?
Step7.B項目の個別評価は?
Step8.C項目の個別評価は?
Step9.日常生活機能評価の個別評価は?
Step10.その他の項目の個別評価は?
Step11.看護必要度の評価を臨床現場で実際に使う方法を教えてください
Step12.看護必要度を活用したステップアップ方法について教えてください
付録
 1.令和4年度「重症度、医療・看護必要度」の改定概要
 2.令和4年度「重症度、医療・看護必要度」の通知概要
 3.評価票
 4.評価の手引き
 5.疑義解釈
 6.重症度、医療・看護必要度Ⅱ用のレセプト電算処理システム用コード
 7.参考になるサイト