医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪Skill-Upリハビリテーション&リコンディショニング≫

ランニング障害のリハビリテーションとリコンディショニング【電子版】

リスクマネジメントに基づいたアプローチ

増田 雄一 (編)

出版社
文光堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/07/18
ページ数
280ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,950 (本体¥4,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-8306-5178-6
印刷版発行年月
2012/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
70 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

ブームの再来に伴い,ランニング障害は増加の一途をたどっている.本書ではスポーツ医科学の基礎知見から評価のコツやポイントまで,ランニング障害治療の必須事項を網羅.特にリハとリコの実際の章では,ベテランの理学療法士・トレーナーにより,患部のみを診るのではなく,障害の全体像の評価を行いアプローチすることを主眼に解説.また,「予防」の観点から競技現場での取り組みの実際を紹介している.

目次

I.ランニング障害に関係する構造と機能
 1.体幹・骨盤帯・股関節・大腿部の構造と機能
 2.膝関節の構造と機能
 3.下腿部・足関節・足部の構造と機能
II.ランニング動作の解析
 1.ランニング動作のバイオメカニクス
 2.ランニング動作と関節運動連鎖
III.ランニング障害の発生メカニズム
 1.ランニング動作からみた障害発生
 2.ランニング量からみた障害発生
 3.ランニング環境からみた障害発生
IV.理解しておくべきランニング障害の基礎知識
 1.ランニング障害の病態・診断・治療
 2.体幹・骨盤帯・股関節のランニング障害-その病態と治療方法
 3.大腿部のランニング障害-その病態と治療方法
 4.膝のランニング障害-その病態と治療方法
 5.下腿部のランニング障害-その病態と治療方法
 6.足のランニング障害-その病態と治療方法
 7.下肢の疲労骨折-その病態と治療方法
V.リハビリテーションとリコンディショニングの実際
 1.ランニング障害へのリハビリテーションとリコンディショニング
 2.体幹・骨盤帯・股関節のランニング障害へのリハビリテーションとリコンディショニング
 3.大腿部のランニング障害へのリハビリテーションとリコンディショニング
 4.膝のランニング障害へのリハビリテーションとリコンディショニング
 5.下腿部のランニング障害へのリハビリテーションとリコンディショニング
 6.足のランニング障害へのリハビリテーションとリコンディショニング
  [コラム]ランニング障害における評価法:PF障害・膝蓋靱帯炎
  [コラム]ランニング障害における評価法:腸脛靱帯炎
  [コラム]ランニング障害における評価法:足関節背屈制限(D point)
VI.ランニング障害の予防に活かす基礎知識
 1.ランナーへの徒手療法-競技現場での対応
 2.ランナーへの徒手療法-医療機関での対応
 3.ランナーへの足底挿板療法-入谷式足底板
 4.ランナーへの足底挿板療法-一体成形型の足底挿板
 5.ランニングシューズの選び方
 6.ランニング環境の選び方
VII.各種のランニング動作への対応-競技現場におけるランニング障害からの復帰-
 1.長距離系・持久系ランニング
 2.短距離系・瞬発系ランニング
 3.球技系ランニング
FURTHER READINGS
索引