医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

生きづらさを診る産婦人科学【電子版】

医師と助産師で考えてきたこと

中井 祐一郎 比名 朋子 (著)

医療法人秀明会小池病院産婦人科/神戸市看護大学

出版社
中外医学社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/08/04
ページ数
203ページ
 判型
A5判
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,740 (本体¥3,400+税10%)

印刷版ISBN
978-4-498-16038-5
印刷版発行年月
2022/08
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
10 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

生物学的には,妊娠によって女性は母となる.もちろん胎児も母も大事との建前はあるものの,実際に優先されるのは胎児であることは言うまでもない.そこに生きづらさを抱いた女性に対し,著者らは多元的な視点からの介入を試みる.目の前の患者を生活人として捉えたとき,すべての症例が特殊事例になることは当然である.身体機械論的に問題点を純化し既存のテンプレートに患者を当てはめようとするのではなく,法学・倫理学・女性学など多くの学問を包括した新たな産婦人科学の構築に挑戦する.

目次

第1章  女性ならではの生きづらさ

(1)女性という身体に由来する生きづらさ〈中井祐一郎 比名朋子〉
   1.胎児との利益対立
   2.妊孕性保持の義務化
   3.「月経」を抱え込まなければならないということ
   4.不均衡な「性」であること、所有されがちな「性」であること
   5.女性であることの肯定
(2)女というジェンダーによって生まれる生きづらさ〈中井祐一郎 比名朋子〉
   1.ジェンダーとは
   2.「母性」という社会的な縛り
   3.保護される「性」であること
   4.女に対峙する男の眼差し

第2章  いろいろな生き方をしている女性たち

(1)10人の子を持つということ〈中井祐一郎 比名朋子〉
   1.まず、10人の子を持つ女性の物語を聞いてみよう
   2.彼女に問うより、まずは考えてみよう
   3.疑問に答えながら、この女性が10人生むことの意味を考えよう
   4.現実の場で、さらに医療者が考えておかなければならないこと
(2)売春に起因した飛び込み分娩〈中井祐一郎 比名朋子〉
   1.飛び込み分娩に至った女性たちの生を聞いてみよう
   2.彼女に問うより、まずは考えてみよう
   3.疑問に答えながら、この女性が妊娠したことの意味を考えよう
   4.現実の場で、さらに医療者が考えておかなければならないこと
(3)ヒトパピローマウイルスワクチンとは、女性にとって何なのだろうか?〈比名朋子 中井祐一郎〉
   1.アカネさんとミドリさんが聴いた講義とは?
   2.アカネさんとミドリさんとの対話
   3.タマヨ先生の主張を分析してみよう
   4.タマヨ先生のため息と希望
(4)塀の中…で暮らす/から出てきた女性たち〈中井祐一郎 比名朋子〉
   1.受刑中の妊娠女性の物語を聴いてみよう
   2.彼女に問うより、まずは考えてみよう
   3.疑問に答えながら、受刑中の女性を受け入れるということを考えよう
   4.現実の場で、さらに医療者が考えておかなければならないこと
(5)女性は、妊娠という事象を受け入れなければならないのか〈比名朋子 中井祐一郎〉
   1.妊娠という身体事象を受け入れられなかった女性たち
   2.女性は妊娠という事象をpositiveに受け入れなければならないのか
(6)病気を知るということ、そして生殖ということ〈中井祐一郎 比名朋子〉
   1.遺伝性乳がん卵巣がん症候群という存在を知らされた乳がん女性の物語
   2.オトネさんの持った迷いの分析
   3.オトネさんの持つ迷いに解があるのか?
   4.合理的なBRCA遺伝子変異に関する検査のすすめ方
(7)胎児が障害を持つということ〈比名朋子 中井祐一郎〉
   1.安心のために羊水検査をすすめられた女性のお話
   2.クラインフェルター症候群とは…そもそも診断と治療が必要なのだろうか
   3.親にとっての「知る権利」と子の「(親に)知らされないでいる権利」
   4.医療者の対応について
(8)やんちゃで少々口の悪い女性の物語〈中井祐一郎 比名朋子〉
   1.口が悪い…医師の指示(要求)を聞かない女性と私たちの物語
   2.なぜ、彼女は医療者に嫌われるのだろうか?
   3.疑問に答えながら、この女性の想いに向き合うことの意味を考えよう

第3章  キーワードを考えてみよう

(1)相対化、そして「四分割表」〈中井祐一郎 比名朋子〉
(2)医療の場における「アプリオリ」と「アポステリオリ」〈中井祐一郎 比名朋子〉
(3)「子」であること、「子」という存在、そして「胎児」というもの〈中井祐一郎 比名朋子〉
(4)「母」であること…とは?〈中井祐一郎 比名朋子〉
(5)「責任」というもの〈中井祐一郎〉
   1.責任とは何だろう
   2.民事責任と刑事責任との違い
   3.「訴える」ということ
   4.刑事事件について

あとがき
索引