医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

子どもの訴えを見極める ナースのための小児フィジカルアセスメント バイタルサイン、生理学的徴候、トリアージ、症状別の見るべきポイントまで完全カバー【電子版】

伊原 崇晃 (編)

兵庫県立尼崎総合医療センター小児科

出版社
金芳堂
電子版ISBN
 
電子版発売日
2022/12/08
ページ数
373ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,400 (本体¥4,000+税10%)

印刷版ISBN
978-4-7653-1928-7
印刷版発行年月
2022/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS11.0以降 / Android8.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android8.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
76 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

病院を訪れる子どもは、何がつらいのか症状をうまく訴えられない。その訴えを気づく方法としてフィジカルアセスメントが有効な手段である。本書の小児フィジカルアセスメントの基本編では全ての主訴に共通するABCDアプローチとバイタルサイン、それらを組み合わせたうえで行うトリアージについてまとめ、症候編では様々な症候に対して、症例を提示し、解剖学的用語の説明、除外すべき怖い疾患、問診・視診・触診・聴診を通して情報を集めて、患児の状態・状況を判断する。この書籍で看護師さんがそれぞれの身体所見を正しく確認し、自信をもって患児の状態を評価できるようになる。

目次

第1章 小児フィジカルアセスメントの基本編
Ⅰ 見た目の異常
Ⅱ 気道の異常
Ⅲ 呼吸の異常
Ⅳ 循環の異常
Ⅴ 意識の異常
Ⅵ バイタルサイン
Ⅶ トリアージ

「第1章 小児フィジカルアセスメントの基本編」は、下記の項目を基本に構成されています。

① Point
② Pointの説明
③ みるべき項目
④ 悩ましいときの対応
⑤ 異常時の行動
⑥ まとめ

第2章 小児フィジカルアセスメントの症候編
1 熱が出た
2 嘔吐
3 歩き方がおかしい
4 腹痛
5 咳が出る
6 頭を打った
7 何かを飲み込んだ
8 けいれんした
9 呼吸が苦しい
10 泣き止まない乳児
11 腕や足をけがした
12 飲めない
13 耳が痛い
14 ぶつぶつが出た
15 目が赤い
16 風邪をひいた
17 胸が痛い
18 おちんちん・お股が痛い
19 便が出ない
20 首が曲がっている
21 喉が痛い
22 脱水が心配
23 意識がおかしい
24 けがで血が出ている
25 やけどをした
26 便の色がおかしい
27 一時的に意識が変だった
28 頭が痛い

「第2章 小児フィジカルアセスメントの症候編」は、下記の項目を基本に構成されています。

– 症例
– 解剖用語を知ろう
– 怖い病気
– 見る
– 聴く
– 触る
– 上級者向け