医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪関節拘縮シリーズ≫

肩関節拘縮の評価と運動療法 改訂版【電子版】

林 典雄 (監修)

運動器機能解剖学研究所 所長

出版社
運動と医学の出版社
電子版ISBN
 
電子版発売日
2024/05/20
ページ数
246ページ
 判型
B5変
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,150 (本体¥6,500+税10%)

印刷版ISBN
978-4-904862-59-9
印刷版発行年月
2023/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS最新の2世代前まで / Android最新の2世代前まで
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android2世代前の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
400 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

▶肩関節治療の決定版が10年ぶりにリニューアル
もっと軽く!もっと自由に!
肩関節をさらに解き放て!
▶イラストと写真を刷新。さらにわかりやすく!
▶著者の実技映像を59本追加!
本書は、10年前に出版された『肩関節拘縮の評価と運動療法』の改訂版です。
シリーズ5万部を越えている『拘縮』シリーズでも特に人気の本書に新たに実技映像を追加し、読者がより効果的に学ぶことができるようになっています。改訂版では、イラストや図が一新され、より解説がイメージしやすくなっています。
また、肩関節拘縮の評価方法から、運動療法の実施方法までを詳しく解説し、運動療法に興味がある理学療法士やスポーツトレーナー、医師、学生などに向けた内容となっています。
QRコードを読み取ることで、本書で紹介された運動療法を実際に実践している著者の解説映像を59本視聴することができます。本書を読むことで、肩関節拘縮の適切な評価と効果的な運動療法の実際を学ぶことができます。前作を読んだ読者はもちろん、新たに知見をブラッシュアップしたい方にもオススメの書籍となっています。

目次

第 1 章 肩関節の基礎知識
1.肩関節複合体
2.肩関節における運動と肩関節特有の肢位
3.肩甲上腕関節における安定化機構
第2肩関節における機能
1.肩関節挙上運動における関節窩内上腕骨頭の偏位
2.肩甲胸郭関節の機能
第 2 章 肩関節拘縮の基本評価
1.問診
2.視診
3.触診
第 3 章 肩関節拘縮に対する基本的な考え方
1.関節拘縮と疼痛との関係
2.関節拘縮と筋力低下との関係
3.安定した関節運動とは
第 4 章 筋攣縮と筋短縮との相違
1.筋攣縮の生理的機序
2.筋短縮の生理的機序
3.「筋攣縮・筋短縮」の評価
4.「筋攣縮・筋短縮」の運動療法
第 5 章 筋が原因となる拘縮
1.拘縮を捉える際の筋評価の基礎知識
2.肩関節構成筋の機能解剖学と評価方法
3.筋が原因となる拘縮に対する運動療法の実際
第 6 章 肩関節上方支持組織の癒着が原因となる拘縮
1.肩関節上方支持組織の癒着と臨床所見との関連
2.肩関節上方支持組織の癒着に対する評価方法
3.運動療法の実際
第 7 章 関節包靭帯が原因となる拘縮
1.関節包靭帯の機能解剖学と臨床所見との関連
2.関節包靭帯の拘縮の評価方法
3.運動療法の実際
第 8 章 肩甲帯機能不全と肩関節可動域(拘縮)との関連
1.肩甲帯周囲筋の機能解剖と圧痛のとり方
2.肩甲胸郭関節の機能低下
3.肩甲帯周囲における拘縮評価
4.運動療法の実際