医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

周術期管理ナビゲーション【電子版】

野村 実 (編)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-61550-1
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
284ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,212 (本体¥3,900+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-01550-9
印刷版発行年月
2014/02
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
60 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

周術期の患者管理に必要な知識・技術、モニターの見方、薬の解説などを1冊に凝縮。術前の患者状態把握から、緊急時の対応、術後合併症の予防と対応までが流れに沿って解説されている。術前・術中・術後管理に携わる看護師、医師、薬剤師、臨床工学技士の必携書。

目次

第1章 周術期管理総論
 周術期管理に必要な基礎知識
 クリティカルな場面におけるフィジカルアセスメント
 薬剤の知識
   麻酔薬
   吸入麻酔薬
   静脈麻酔薬
   筋弛緩薬
   抗不整脈薬
   昇圧薬
   血管拡張薬
   術前投与薬
 輸液と輸血の基礎知識
 呼吸管理
   人工呼吸管理
   酸素マスク・カニューレ装着時の管理
   気道ケア
 体位変換と早期離床
 手術部位感染(SSI)対策
 栄養管理
 疼痛管理
 精神症状とその対策
 排液・ドレーン管理
   排液・ドレーン管理の実際【総論】
   排液・ドレーン管理の実際【各論】
 カテーテル管理
   カテーテル挿入の目的(注入・輸液等)
   カテーテル管理の実際

第2章 周術期循環動態管理(モニターの見方)
 [麻酔器/呼吸器]
   麻酔器
   人工呼吸器
 [各種モニター]
   循環器モニター
   血圧モニター
   心電図モニター
   呼吸モニター
   神経筋モニター
   体温モニター

第3章 術前・術中・術後トラブルシューティング
 [術前評価]
   呼吸器系
   循環器系
   血液凝固系機能
   内分泌系
   感染
   アレルギー
   骨格系
   中枢・末梢神経系
 [術中のトラブル]
   麻酔導入時のトラブル
   神経ブロック時のトラブル
   手術開始後のトラブル
 [術後のトラブル]
   覚醒遅延
   筋弛緩の延長
   抜管後呼吸困難
   過換気症候群
   嗄声
   手術創の疼痛
   悪心・嘔吐
   シバリング
   電解質異常(低ナトリウム血症)
   限局した運動神経麻痺・片麻痺
   術後精神症状

第4章 術後合併症予防と対策
   呼吸器合併症
   循環器合併症
   術後腸閉塞(イレウス)
   術後感染
   縫合不全
   肺塞栓症・深部静脈血栓症
   術後せん妄