医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

あなたのプレゼン 誰も聞いてませんよ!【電子版】

シンプルに伝える魔法のテクニック

渡部 欣忍 (著)

帝京大学教授

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-25976-2
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
226ページ
 判型
A5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,240 (本体¥3,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26127-7
印刷版発行年月
2014/04
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

すばらしい研究内容,なのに眠くなってしまう….どうすれば聴衆を飽きさせない,よいプレゼンテーションができるのか.多数の賞を受賞してきた著者が,『シンプルプレゼン』をベースに,これまで実践してきた研究発表のプレゼン・テクニックをビジュアルに解説.スライド例を豊富に掲載し,文字の色や大きさ,図表の見せ方についても詳しく説明.研究デザインのコツや,臨床データのまとめ方も掲載.よりよい学会発表を行うための知識を凝縮した一冊.

目次

【内容目次】
プロローグ
第1章 スライドの文字と文
 1 高橋メソッドに習う:ビックリするほど大きな文字で
  A 高橋メソッドとは
  B 文量が多いことによる混乱
  C 長老はいつも前方にいる
  D ビジーなスライド
  E 文字の大きさ
  F 80対20の法則で,文はのべ行数3行以内
 2 魅力的なフォントを使う
  A 発表はプロポーショナル・フォントで
  B 視認性と可読性
  C 基本はゴシック体とサンセリフ体
  D 読みやすい行間の設定
  E 文字の装飾
 3 箇条書きを撲滅せよ
  A 書籍や論文の中では有用な箇条書き
  B ありがたくないスライドの中の箇条書き
  C 箇条書きの「結論」はダメ
  D エビングハウスの忘却曲線
  E ハンドアウトなら「箇条書き」も「まとめ」もOK
  F 絶対ダメな入れ子の箇条書き
第2章 スライドのデザイン
 1 スライドの背景
  A はじまりはブルーから
  B コンピュータによるスライド作成のはじまり
  C 代表的なコンピュータ・プレゼンへ
  D 色付いたバックグラウンドが全盛
  E 教科書とノートの背景は?
  F スティーブ・ジョブズとApple 社に学ぶ
  G 「白」と「黒」の世界
  H 地味すぎる?
 2 文字の視認性再び
  A 見やすい文字の設定
  B 色相,明度,彩度
  C 視認性を高める色の組み合わせ
  D 4つの「色」を決める
 3 スライドのタイトル(見出し)
  A スライドのタイトル(見出し)の役割
  B スライドにタイトルは必要か?
  C タイトルを入れないことの効用
  4 イラストと写真
  A ホワイトスペースを意識する
  B イラストや写真の大きさ
  C 写真のアライメント:縮尺と配置
  D 写真の注釈
  E 視覚に訴える印象的な写真
  5 アニメーション効果とトランジッション効果
  A アニメーション効果の多用は下品
  B トランジッション効果を上品に使う
 6 グラフのデザイン
  A グラフの基本
  B グラフ作成
  C 棒グラフと折れ線グラフ
  D 円グラフと帯グラフ
  E Y エラーバーの付け方
  F グラフの中の文字情報
  G 立体グラフは絶対に使わない
  H 多色のグラフはできるだけ避ける
  I とことんこだわるならIllustratorでグラフを編集する
 7 表のデザイン
  A 発表における表
  B 表には縦線は付けず,横線は3本
  C 行・列の項目を減らす
  D 入れ子の箇条書きは表にする
 8 イラストの描き方
  A ドロー系ソフトを使う
  B イラストの簡単な描き方
  C Power PointやKeynoteだけでイラストは描けないか?
第3章 スライドを“わかりやすく”修正してみよう
 ♯1~♯
第4章 論理的に考える
 1 ある学会場での光景
 2 論証モデル:トゥールミン・モデル
 3 トゥールミン・モデルで論文を分析する
 4 学会・研究会での発表と討論
 5 感情と論理の狭間で
第5章 研究計画:ここさえ押さえれば合格ライン
 1 研究目的
  A 何を明らかにしたいのか?
  B 仮説探索的研究と仮説検証的研究
  C 臨床的疑問点の設定
 2 研究デザイン
  A 研究デザインの分類
  B 症例報告(ケースレポート)と症例集積(ケースシリーズ)
  C 横断研究
  D コホート研究
  E ケース・コントロール研究
  F もう1つのコホート研究
  G 比較的敷居が低い「後ろ向きコホート研究」
  H 介入研究:ランダム化比較試験
  I 介入研究なのか,観察研究なのか
  J システマティック・レビューとメタアナリシス
  K メタアナリシスの読み方
 3 研究デザインとエビデンスレベルの階層
 4 最小限の統計学
  A 難しい話は抜きにして
  B 推定と検定
  C データの分類
  D パラメトリック検定とノンパラメトリック検定
  E 独立変数が名義尺度(または順序尺度)で,従属変数が間隔尺度の場合
  F 独立変数が名義尺度で,従属変数も名義尺度の場合
  G オッズ比と相対リスク
  H 独立変数が間隔尺度で,従属変数も間隔尺度の場合
  I 独立,従属という方向性がなく共変関係を問題にする
  J Kaplan.Meier 法とlog.rank テスト(累積の比較)
第6章 いざ発表
 1 どんな人を対象に話すのか?
 2 大きな声で明瞭に話す
 3 制限時間を守る
 4 発表原稿の棒読みはやめよう
 5 研究背景
  A 研究の重要性を主張する
  B 研究背景は手短に
 6 研究目的
 7 対象と方法
  A 研究デザインを意識させる
  B 対象を定義する
  C アウトカム:何を観察・測定・計測したか
  D 統計手法は手短に
 8 結 果
 9 考 察
  A 考察とは結果の解釈である
  B 再びトゥールミン・モデル
 10 結論は簡潔で明確に!
 11 学会抄録の書き方
  A 演題のタイトル
  B 構造化抄録
エピローグ
 参考文献
 索引