医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の実際【電子版】

大木 隆生 (編)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-61134-3
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
336ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥12,960 (本体¥12,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-01134-1
印刷版発行年月
2010/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
570 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術(EVAR)のすべてを学べる本格的テキスト。日本で使用可能な3種類の腹部大動脈瘤用ステントグラフト(Zenith、Excluder、Powerlink)をすべて収載し、経験豊富な術者が、基本から応用、トラブルシューティングまで、手術に有用な知識を系統的に解説していく。一部QRコードを用いた動画教材もあり、さらに充実した内容でEVARの実際を教授する。

目次

1.EVARの意義と血管外科医に及ぼすインパクト
2.EVARの施設基準・実施医基準とその意義
3.EVAR 過去,現在と展望
4.EVARの治療成績
5.EVARの実際-基礎編
 1 CTの読影
 2 オペルームのセットアップ
 3 必要な周辺機器
 4 大腿動脈の露出法
 5 血管造影とpuncture
 6 血管内超音波(IVUS)
 7 内腸骨動脈のコイル塞栓
 8 腹部大動脈瘤に合併した腎動脈狭窄に対するステント留置術
 9 デバイスの挿入
 10 術前術後管理
 11 フォローアッププロトコール
6.EVARの実際-デバイス編
 1 Zenith(Cook社製)
 2 Excluder(W. L. Gore社製)
 3 Powerlink(Endologix社製)
7.トラブルシューティング
 1 瘢痕化した鼠径部に対するアプローチ
 2 アクセス不良症例の対処法
 3 対側ゲートのカニュレーション困難例
 4 内臓分枝をcoverした場合の対処
 5 Terminal aorta が狭い症例の対処
 6 術中エンドリーク
 7 塞栓症
 8 アクセス血管の損傷
 9 大腿動脈の閉鎖
 10 中枢neckの穿孔
8.晩期エンドリークの治療
9.Open conversion
10.症例呈示
 1 Zenith Short neck(フレア)
 2 弓部瘤に対するHybrid手術と胸腹部大動脈瘤に対する枝付きステントグラフト
 3 Zenith 逆さまdeploy・逆conversion
 4 Zenith aorto-uni-iliac(AUI)
 5 Zenith Flexを使用した症例
 6 Excluder Second neck
 7 Excluder 屈曲の強い症例
 8 Excluder 破裂・動静脈瘻例
 9 Excluder 感染性動脈瘤に対するEVAR
 10 Short neckに対するChimney stent+EVAR
 11 アクセス不良のため12Fr Excluderレッグを用いて治療したAAA
 12 腸骨動脈の急性閉塞を合併したAAA:血栓除去後にEVAR症例
 13 Powerlink 嚢状瘤

索引