医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

AKI(急性腎障害)のすべて【電子版】

基礎から臨床までの最新知見

和田 隆志 (編)

金沢大学教授

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28491-7
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
220ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥5,400 (本体¥5,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26985-3
印刷版発行年月
2012/11
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※パソコン対応(WEBブラウザによるアクセス参照)は2017年7月上旬予定
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
28 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

近年,腎臓領域において急速に研究・整備が進み,臨床現場に浸透しつつあるAKI(急性腎障害)について,現時点での最新知見をすべて網羅した一冊.整備されたばかりの診断基準や病理,原因疾患ごとの病態とその治療,予防から予後管理といった臨床面はもとより,基礎研究や現在の課題,今後の研究の見通しなどまで解説している.

目次

【内容目次】
Part 1 臨床総論
 1 AKIの診断
 2 AKIとバイオマーカー
 3 AKIの発症予測
 4 AKIの病期分類
 5 腎病理
 6 AKIと臓器連関
 7 AKIの予防
 8 AKIの治療
 9 AKIの予後と再生療法
Part 2 臨床各論
 1 薬剤性腎障害
  a NSAID
  b 造影剤
  c 降圧薬
  d 抗菌薬
  e 抗がん剤
  f カルシニューリン阻害薬
  g その他の薬剤(抗ウイルス薬,ビスホスホネート製剤)
 2 運動後AKI
 3 ICUにおけるAKI
 4 敗血症とAKI
 5 種々の病態におけるAKIの特徴
  a 血液疾患
  b 肝疾患
  c 心不全
  d 横紋筋融解症
Part 3 基礎
 1 実験モデル
 2 病態・機序
 3 AKIの新規治療法
おわりに
 1 これからのAKI研究と臨床
索引