医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

胆道疾患を診る医師のための胆道病理テキスト【電子版】

中沼 安二 (編著)

静岡県立静岡がんセンター参与

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-28668-3
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
296ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥16,200 (本体¥15,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-26188-8
印刷版発行年月
2015/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
3360 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

好評書『肝臓を診る医師のための肝臓病理テキスト』の姉妹書.臨床の観点から必要とされる胆道病理の基礎的・実践的な内容を網羅.数多くのカラー写真と第一人者による実践的な解説で,臨床に必要な病理の知識が確実に身につく.研修医・消化器科医の教科書としてだけでなく,専門医の知識を深める参考書としても活躍必至.胆道を診る“すべての医師”におすすめの病理テキスト.

目次

【内容目次】
I章 解剖と発生
 A 胆道系の解剖
   A.胆道の解剖と組織
   B.生 理
 B 胆道系の発生
   A.胆道系の発生
   B.胆道系発生の分子制御と細胞系譜
   C.胆道系の形成異常
 C 肝内胆管,肝外胆管,腸管の接点の解剖学
   A.肝内胆管と肝外胆管の細胞起源
   B.アルブミンを発現した細胞のマウス肝における追跡
   C.胆道病理との関連

II章 胆道病理の基礎:疾患や病変の成因と成り立ち
 A 細胞傷害,反応性変化と炎症の基礎病理
   A.胆道上皮の細胞傷害と反応性変化
   B.胆道および胆道上皮の保護・防御機構とその破綻
   C.活性化胆道上皮と病態形成
   D.胆道ステム細胞の関与
   E.胆道の炎症および線維化
 B 成因に基づく胆道系疾患の病理
  1 成因別にみた胆道系疾患(コランギオパチー)の病理
   A.遺伝性・先天性因子と胆道系疾患
   B.感染性因子と胆道系疾患
   C.免疫介在性胆道疾患
   D.薬剤性・代謝性胆道疾患
   E.血管性・虚血性胆管障害
   F.結石症
   G.閉塞性胆道疾患
   H.胆道腫瘍
   I.全身性疾患の部分症としての胆道系疾患
   J.その他
  2 複数の成因が関与する代表的な胆道系疾患
   A.原発性硬化性胆管炎
   B.胆道閉鎖症
 C 胆道の腫瘍と腫瘍形成
  1 胆道癌の危険因子
   A.具体的なハイリスク疾患,病変
   B.生活習慣,全身性疾患(背景疾患)
  2 胆道癌の癌関連病変,前癌病変
   A.発生母細胞からみた胆道癌
   B.従来より知られている癌関連病変
   C.最近確立された前癌病変,早期癌病変
  3 発癌の分子病理
   A.胆道上皮傷害と発癌
   B.癌関連遺伝子の関与
   C.無制限な細胞増殖
   D.細胞老化と発癌
  4 胆道癌の進展と分子機構
   A.胆管・胆道癌の進展と癌の微小環境
   B.上皮間葉転換(EMT)と胆道癌の進展
   C.免疫監視機構と胆管・胆道癌の進展
 D 胆道の肉眼病理所見
   A.胆道壁の変化:肥厚
   B.胆管・胆道腔内でのポリープ状・結節性病変
   C.嚢胞,嚢胞性変化
   D.胆道腔の変化
   E.胆道粘膜の変化
 E 膵カウンターパートを伴う胆道系疾患
   A.胆道と膵の発生学的類似性,解剖学的近似性
   B.膵カウンターパートを伴う胆道系疾患:具体的なアプローチ
   C.新たな臓器病理の創出

III章 非腫瘍性疾患
 A 胆管・胆嚢炎
  1 概略
   A.胆石症
   B.コレステローシス
   C.急性胆道炎
   D.特殊な急性胆嚢炎,重篤な急性胆嚢炎
   E.慢性胆管炎
  2 慢性胆嚢炎と胆嚢結石症
   A.胆嚢結石の種類
   B.肉眼的変化,組織学的変化
   C.病態形成
   D.特殊な慢性胆嚢炎
   E.胆嚢粘液嚢腫および胆嚢水腫
  3 慢性胆管炎
  3-1 硬化性胆管炎
   A.原発性硬化性胆管炎
   B.IgG4関連硬化性胆管炎
  3-2 その他二次性の慢性胆管炎,硬化性胆管炎
   A.病態の概要
   B.成因・病態別分類
  4 肝内結石症,総胆管結石症と胆管病変
   A.肝内結石症
   B.総胆管結石症
   C.特殊な慢性胆管炎
   D.終末期の慢性胆道障害・胆道炎
  5 肉芽腫性胆道疾患,その他の感染症
   A.肉芽腫性胆道疾患
   B.その他の感染症
 B 遺伝性胆道疾患,嚢胞性疾患
  1 カロリ病
   A.臨床・検査成績
   B.病理像
   C.病因,病態
  2 胆管周囲嚢胞
   A.臨床
   B.病理像
   C.病因,病態
   D.類縁病変
   E.鑑別診断
  3 膵・胆管合流異常症
   A.概念,臨床
   B.発生機序,発癌機序
   C.病理像
   D.関連疾患
  4 胆道閉鎖症
   A.概念,疫学
   B.病因
   C.症状,病態
   D.検査
   E.病型
   F.病理組織所見
   G.予後
  5 その他(アラジール症候群)
   A.概念,疫学
   B.病因
   C.症状,病態
   D.病理組織所見
   E.鑑別疾患
 C 虚血性・血管性胆管障害
   A.胆管・胆道の血管支配
   B.虚血性・血管性胆道障害
   C.肝門部側副血行路形成に伴う胆管狭窄
 D 乳頭部の非腫瘍性疾患
   A.十二指腸乳頭炎(乳頭狭窄,狭窄性乳頭炎)
   B.乳頭括約筋機能不全(乳頭括約筋型ジスキネジア,胆道ジスキネジア緊張亢進型)
   C.乳頭部嵌頓結石
   D.乳頭部からの出血,膿性胆汁の流出,粘液の排出
   E.傍乳頭十二指腸憩室
   F.膵胆管分離開口(重複乳頭)
   G.総胆管瘤(先天性胆道拡張症III型,総胆管嚢腫)
   H.十二指腸重複症,重複症性嚢胞
   I.膵・胆管合流異常症
   J.傍乳頭総胆管十二指腸瘻
   K.先天性十二指腸閉鎖症
   L.異所性膵,迷入膵
   M.異所性胃粘膜
   N.動静脈奇形
   O.限局性アミロイド症
   P.粘膜過剰置換
   Q.乳頭状過形成
   R.腺筋腫性過形成,腺筋腫,筋上皮性過誤腫
   S.神経内分泌細胞増生
   T.ブルンネル腺過形成,付属腺過形成
   U.非腫瘍性ポリープ

IV章 腫瘍性疾患
 A 胆道癌の病理
  1 概略と特徴
   A.胆道の解剖と胆道癌
   B.胆道癌と炎症と前癌病変
   C.胆道癌に特異な進展プロセス
  2 前癌病変,早期癌病変としての管腔内腫瘍,嚢胞性腫瘍
   A.胆道の前癌病変,早期癌病変の概要
   B.腺腫
   C.胆道内乳頭状腫瘍
   D.肝粘液性嚢胞腫瘍
   E.粘液産生性胆道系腫瘍
  3 前癌病変,早期癌病変としての平坦型上皮内異型病変
   A.歴史
   B.胆管内上皮内腫瘍
   C.IPNBとの違い
  4 胆道癌の進展,浸潤
   A.胆道癌の発育・進展の基本
   B.胆道癌の壁内進展
   C.胆道癌の脈管侵襲,神経周囲浸潤と壁浸潤様式
   D.胆道癌の壁外浸潤
  5 胆管癌,胆嚢癌
   I.背景病変,臨床的背景
   II.胆管癌,胆嚢癌の病理
    A.胆管癌,胆嚢癌の分類
    B.肉眼形態,分類
    C.組織型
    D.胆道癌の早期腫瘍性病変,前浸潤性病変
   III.病期
  6 乳頭部癌
   A.臨床的背景
   B.上皮内癌,早期癌
   C.肉眼的形態分類
   D.組織学的分類
   E.浸潤癌の組織亜型
   F.分子異常
   G.進展,転移
   H.その他:新たな分類の提唱
   I.神経内分泌系腫瘍
  7 職業性胆道癌
   A.職業癌
   B.職業・環境関連因子と胆管癌
   C.印刷事業場の胆管癌
 B 免疫染色,その他の染色を用いた病理診断補助,鑑別診断と予後予測
   A.代表的な免疫染色
   B.胆道癌の診断アルゴリズム
   C.鑑別診断,補助診断
   D.予後予測
 C 胆道腫瘍類似病変,リンパ・間葉系腫瘍(炎症性偽腫瘍,偽リンパ腫を含む)
  1 胆嚢および総胆管の腺筋腫症
   A.胆嚢腺筋腫症
   B.総胆管腺筋腫症
  2 その他の胆道での腫瘍類似病変(ポリープ病変,胆管周囲付属腺のびまん性増殖など)
   A.胆嚢ポリープ(隆起性病変)
   B.粘膜過形成
   C.胆管周囲付属腺のびまん性増生
   D.断端神経腫
  3 リンパ・間葉系腫瘍(炎症性偽腫瘍,偽リンパ腫を含む),リンパ増殖性疾患
   A.リンパ系腫瘍
   B.濾胞性胆嚢炎・胆管炎
   C.炎症性偽腫瘍
   D.間葉系腫瘍
  4 乳頭部の良性上皮性腫瘍,前浸潤癌病変,腫瘍類似病変,その他
   A.良性上皮性腫瘍,前浸潤癌病変
   B.腫瘍類似病変
   C.非上皮系腫瘍
 D 転移性(結腸癌の転移,その他)
   A.大腸癌転移と肝内胆管癌との鑑別
   B.胆管内発育型の転移性腫瘍

V章 内視鏡下生検病理学および胆汁細胞診
 A 具体的な手技および基本観察
   A.経乳頭的胆管生検・細胞診
   B.経乳頭的胆管生検・細胞診の成績
   C.経乳頭的胆管生検・細胞診の問題点
 B 胆管生検の病理(基礎,応用,反応性,悪性,境界病変)
   A.概略
   B.検体採取時の注意事項
   C.胆管生検の病理診断の実際
   D.具体例
 C 胆汁細胞診,擦過細胞診
   A.胆道系細胞診の現状
   B.胆道系細胞診の特徴
   C.胆道系細胞診の基本的細胞像と組織像との違い
   D.良悪判定の実際
   E.境界病変や良性胆管狭窄症例の細胞診

索引