医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

経験型実習教育【電子版】

看護師をはぐくむ理論と実践

安酸 史子 (編)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-62406-0
電子版発売日
2016/06/06
ページ数
280ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥3,456 (本体¥3,200+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-02406-8
印刷版発行年月
2015/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
66 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

《反省的実践家》ナース育成を支援するため、看護教員ができることは何か。主体的に学ぶ学習者中心のカリキュラムの提供、教員と学生の共同作業で探求する教材化の過程――理論・評価・研修・各領域別/エピソード別事例・有効性の検証に至るまで、六部構成で解説。デューイ、藤岡完治ら先人からの継承知を看護学教育のために昇華して世に贈る、40年学び続ける編者の集大成。

目次

 まえがき
 序章 なぜ看護学教育で経験型実習を提唱するのか

第一部 理論
 第1章 なぜ経験型実習教育なのか
  I 看護学における技術教育論の検討
  II 技術教育で育成する学力「経験から学ぶ力」
  III 学生にとっての実習教育
  IV 教師にとっての実習教育
 第2章 経験型実習教育を支える理論
  I 発見的学習と斎藤喜博の授業論
  II デューイの経験論と実習教育
  III ショーンの「反省的実践家」
  IV ケアリングと実習教育
  V 成人教育学-学生を大人と捉えて教育するには
  VI 自己効力理論(1)-学生の自己効力感
  VII 学生の自立度に合わせた指導方法
  VIII 自己効力理論(2)-教師の自己効力感

第二部 理論の展開
 第1章 経験型実習教育の展開
  I 経験型実習教育における授業過程モデル
  II 「指導型実習教育」と「経験型実習教育」の違い
 第2章 円滑に取り入れるための工夫(1) カードメソッドの活用
  I 経験型実習教育とカードメソッド
  II カードメソッドの方法(手順)
  III カードメソッドの教育効果
 第3章 円滑に取り入れるための工夫(2) イメージ・マップの活用
  I 経験型実習教育とイメージ・マップ
  II 老年看護学実習でのイメージ・マップの活用方法
  III 老年看護学実習でのイメージ・マップの活用による成果
  IV 今後の課題

第三部 評価
 第1章 一般教育学における評価の考え方
  I 評価について
  II 人を育てる評価
  III 向上目標の設定
  IV 学習評価の機能
  V Bottom-upの目標設定
 第2章 主体的学びにつなげる評価方法
  I 教育的批評モデル
  II ルーブリック評価
 第3章 経験型実習教育における評価

第四部 研修
 第1章 必要とされる能力
  I 経験型実習教育に必要な教師の能力
  II 経験型実習教育で求められる学生の能力
  III 看護教師と臨床指導者の役割分担と共同
 第2章 経験型実習教育を行うための能力を伸ばす研修プログラム
  I 経験型実習教育における目標
  II 経験型実習教育において教師が実施すべきこと
  III 経験型実習教育を実施するにあたって必要な教師の力
  IV 教師の力を伸ばすワーク
  V 経験型実習教育において学生がすべきこと
  VI 経験型実習教育を実施するにあたって必要な学生の力
  VII 学生のレディネスを整えるワーク
 第3章 教材化のためのワークショッププログラム
  I 事例の教材化を学ぶワークショップ
  II 教員と臨床実習指導者とがともに行う経験型実習教育ワークショップ
  III 経験型実習教育教材DVDを使用した展開方法
  IV 学生を対象とした経験型実習ワークショッププログラム

第五部 事例
 第1章 各領域別の実習展開
  I 基礎看護学実習
  II 成人看護学実習(慢性期)
  III 老年看護学実習
  IV 母性看護学実習
  V 在宅看護学実習
  VI 小児看護学実習
  VII 精神看護学実習
 第2章 エピソード別の事例展開
  I 短大3年,終末期患者への寄り添い
  II 大学3年,認知症高齢者との関わり
  III 大学3年,成人急性期実習にて
  IV 大学3年,難病患児のケアを通して
  V 学生グループ,障害の受容から認識へ
  VI 海外留学中の大学院生,担当教諭との対話

第六部 有効性の検証
 第1章 学生からの評価
 第2章 学部卒業生による評価
 第3章 学内研修プログラムの評価
 第4章 成人看護学実習における教師の実践的力量からみた成果
 終章 経験型実習教育の課題と展望

索引