医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

アセスメントとケアが変わる

褥瘡エコー診断入門【電子版】

水原 章浩 (他著)

出版社
医学書院
電子版ISBN
978-4-260-61680-5
電子版発売日
2016/08/22
ページ数
120ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥4,104 (本体¥3,800+税8%)

印刷版ISBN
978-4-260-01680-3
印刷版発行年月
2012/09
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※パソコン対応(WEBブラウザによるアクセス参照)は2017年7月上旬予定
※Android対応は2017年8月上旬予定
必要メモリ容量
48 MB以上
※導入・利用方法の詳細はこちら

概要

褥瘡のエコー診断についてまとめた、本邦初の本格的な実践書。エコー機器が小型化・高性能化するなか、DTI、ポケットの正確な評価など、褥瘡診療の分野でのエコーの活用に注目が集まっている。本書では、先進的に褥瘡エコー診断を行なっている著者らの実践事例とノウハウを紹介する。

目次

Part 1 なぜ褥瘡エコーが必要なのか
 エコーで褥瘡の何を見るの?
 エコー検査が褥瘡ケアに貢献できること
  (1)DTIの鑑別
  (2)発赤を評価する
  (3)褥瘡の深達度を評価する
  (4)ポケットを評価する
 看護師が褥瘡エコーを行うメリット
  (1)皮下の観察情報を「見える化」するツールとして
  (2)予防ケアのモチベーション維持
 褥瘡エコー導入のために必要なこと
 ベッドサイドで使用できるエコー機器を調達する
 エコーを読むために
 どんなエコー機器を使用すればよいか

Part 2 習うより慣れろ エコー機器を使ってみる
 ウォーミングアップ
 エコーの特徴と褥瘡診療への活用
 組織間の「音響インピーダンスの差」が映像化される
  コラム エコーの3つのモード
 皮膚はエコーでどのように見えるのか?
 褥瘡エコーに用いるエコー機器
  (1)プローブの種類
  (2)周波数と分解能
 Depth(深さ)を設定する
 Gain(輝度)を調整する
 アーチファクト(虚像)の鑑別
  (1)多重反射
  (2)音響陰影(アコースティックシャドウ)
  (3)サイドローブ
  (4)音響増強
  (5)レンズ効果
  (6)鏡面現象
  (7)その他のアーチファクト
 画像表示の約束事
 エコー検査の準備
  (1)プローブにゼリーをつける
  (2)プローブをビニールで覆う
  (3)褥瘡や周囲の皮膚にプローブをあてる
 プローブの持ち方
 プローブの走査方法
 褥瘡エコーのために必要な診断技術

Part 3 褥瘡をエコーで見る
 皮膚の構造と褥瘡の分類
  (1)皮膚の構造とエコー画像
  (2)NPUAPの褥瘡分類と褥瘡エコー診断
 正常画像を覚える
  コラム 正常皮下組織=“千枚田”所見
  コラム フィブリラパターン
 褥瘡エコーで覚えておきたい4つの異常所見
  (1)不明瞭な層構造
  (2)不連続の筋膜
  (3)低エコー
  (4)拡散した低エコー(diffuse hypoechoic)
 どこを見ればいいのか?
 褥瘡エコーを行ううえでの注意点
 鑑別のポイント
  (1)発赤を鑑別する
  (2)褥瘡の深達度をエコーで判断する
  (3)ポケットをエコーで評価する
  (4)瘢痕治癒組織
 血流シグナルから炎症を評価する
  (1)炎症のエコー所見
  (2)褥瘡の血流シグナル測定の意義
  コラム ポケット切開とカラードップラ

Part 4 褥瘡エコーの実践10事例
 症例1 早期にDTIと診断した結果、治癒できた
 症例2 座位時のズレで発生したDTI
 症例3 DTIの治癒過程と瘢痕組織
 症例4 DTIから潰瘍を生じたが、悪化を防いだ
 症例5 ポケットと壊死組織
 症例6 発赤を有する急性期の褥瘡
 症例7 壊死組織のある褥瘡
 症例8 左大転子部の浅い褥瘡
 症例9 血流シグナルで見る炎症所見
 症例10 炎症から治癒まで