医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

関節外科診療ファーストステップ【電子版】

これ一冊で基本をマスター!

齋藤 知行 (編)

横浜市立大学教授

出版社
南江堂
電子版ISBN
978-4-524-25566-5
電子版発売日
2016/06/27
ページ数
333ページ
 判型
B5
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥7,560 (本体¥7,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-524-25912-0
印刷版発行年月
2016/05
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
3
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
138 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

外来受診率の高い関節疾患について,日常診療で求められる知識を包括的かつコンパクトにまとめた.問診・視診・触診,各種計測法や検査手技の概説と,関節別に解剖,診察法,検査法,治療法,代表的な疾患の要点をまとめた構成で,関節外科診療の基本的な考え方と対処法をマスターできる.整形外科臨床の第一歩を踏み出す研修医が最初に手にすべき一冊.

目次

【内容目次】

 A 問診・視診・触診のポイント
 イントロダクション
  1.関節痛
   1)安静時痛
   2)歩行時痛
   3)圧痛
   4)夜間痛
  2.関節可動域制限
  3.関節腫脹
  4.関節不安定性
   1)肩関節
   2)肩鎖関節
   3)肘関節
   4)手関節
   5)膝関節
   6)足関節
  5.関節変形
   1)肩関節
   2)肘関節
   3)手関節
   4)膝関節
   5)足関節
   6)足趾
  6.歩容異常(跛行)
   1)正常歩行
   2)跛行

 B 各種診察法・テストの実際
 イントロダクション
  1.疼痛の種類・意義と評価法
   1)疼痛の病態
   2)疼痛の種類
   3)痛みの評価法
  2.関節可動域測定
  3.筋力評価
  4.神経学的所見
   1)運動障害
   2)感覚障害
   3)反射
   4)整形外科領域で有用な神経学的誘発テスト
  5.血管・血流評価
   1)四肢循環障害の診断に有用な徴候,検査
   2)四肢に循環障害をきたす主な疾患
  6.機能評価法
   1)日本整形外科学会治療成績判定基準(Japanese Orthopaedic Association Score:JOAスコア)
   2)SF-36(short form containing 36questions)
   3)WOMAC(Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index)
   4)Harris hip score
   5)Oxford hip score
   6)日本整形外科学会股関節疾患評価質問表
   7)KSS(Knee Society Score)
   8)変形性膝関節症患者機能評価尺度(Japanese Knee Osteoarthritis Measure:JKOM)
   9)Lysholm score

 C 各種検査法
 イントロダクション
  1.画像検査
   1)単純X線検査
   2)透視・動態撮影・関節造影検査
   3)CT
   4)MRI
   5)核医学検査
   6)超音波検査
  2.血液・尿検査
   1)炎症性疾患:骨関節感染症,関節リウマチ(RA),痛風,偽痛風など
   2)腫瘍性疾患:原発性骨腫瘍,転移性骨腫瘍など
   3)代謝性疾患:骨粗鬆症,痛風,Lesch-Nyhan症候群など
  3.関節液検査
   1)色調,混濁度,白血球数
   2)結晶分析,細菌学的検査
  4.電気生理学的検査
   1)神経伝導速度
   2)針筋電図
  5.関節鏡検査
   1)鏡視所見による関節軟骨評価
   2)鏡視所見による靱帯,関節唇,腱板,その他の軟部組織評価

II章 部位別各論
 A 肩関節
  1.肩関節の解剖
   1)骨
   2)関節上腕靱帯,烏口肩峰アーチ,関節包,滑液包
   3)筋肉
   4)血管
   5)神経
  2.肩関節の診察法
   1)問診
   2)視診
   3)触診
   4)徒手検査
  3.肩関節の検査法
   1)単純X線検査
   2)MRI
   3)超音波検査
   4)CT
   5)関節造影検査
  4.肩関節の治療法
   1)保存的治療
   2)手術治療
  5.代表的な疾患の要点
   1)凍結肩
   2)インピンジメント症候群
   3)腱板断裂
   4)上腕二頭筋長頭腱炎
   5)反復性肩関節脱臼,動揺性肩関節
   6)肩関節スポーツ障害
 B 肘関節

  1.肘関節の解剖
   1)骨
   2)筋
   3)靱帯
   4)神経・血管
  2.肘関節の診察法
   1)問診
   2)視診
   3)触診
   4)徒手検査
   5)神経学的所見
  3.肘関節の検査法
   1)単純X線検査
   2)CT
   3)MRI
  4.肘関節の治療法
   1)保存的治療
   2)手術治療
  5.代表的な疾患の要点
   1)変形性肘関節症
   2)肘部管症候群
   3)上腕骨外側上顆炎
   4)肘頭滑液包炎
   5)内反肘・外反肘
   6)遅発性尺骨神経障害
   7)関節リウマチ
   8)肘関節スポーツ障害

 C 手関節,手指関節
  1.手関節,手の解剖
   1)体表解剖
   2)神経系
  2.手関節,手の診察法
   1)問診
   2)診察
  3.手関節,手の検査法
   1)単純X線検査
   2)血液検査
   3)CT・MRI
   4)その他の検査
  4.手関節,手の治療法
   1)保存的治療
   2)手術治療
  5.代表的な疾患の要点
   1)変形性関節症
   2)骨壊死(Kienbock病,Preicer病)
   3)手根管症候群
   4)腱鞘炎
   5)関節リウマチ
   6)化膿性関節炎,化膿性腱鞘炎
   7)複合性局所疼痛症候群(CRPS)
   8)腫瘍,腫瘍類似疾患

 D 股関節
  1.股関節の解剖
   1)骨ランドマーク
   2)血管
   3)神経
   4)筋肉
  2.股関節の診察法
   1)問診
   2)視診,触診
   3)徒手検査
  3.股関節の検査法
   1)単純X線検査
   2)MRI
   3)CT
   4)関節造影検査
   5)超音波検査
   6)骨シンチグラフィー
   7)PET
  4.股関節の治療法
   1)保存的治療
   2)手術治療
  5.代表的な疾患の要点
   1)変形性股関節症
   2)大腿骨頭壊死症
   3)femoroacetabular impingement(FAI.大腿骨寛骨臼インピンジメント)
   4)関節リウマチ
   5)急速破壊型股関節症
   6)大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折

 E 膝関節
  1.膝関節の解剖
   1)骨ランドマーク
   2)骨・靱帯
   3)動静脈・神経
  2.膝関節の診察法
   1)問診
   2)視診・触診・徒手検査
  3.膝関節の検査法
   1)画像検査
   2)関節液検査
   3)関節鏡検査
  4.膝関節の治療法
   1)薬物治療
   2)運動療法
   3)装具療法
  5.代表的な疾患の要点
   1)変形性膝関節症
   2)特発性骨壊死
   3)痛風,偽痛風
   4)関節リウマチ
   5)膝蓋大腿関節障害
   6)膝蓋骨亜脱臼・脱臼
   7)離断性骨軟骨炎
   8)半月板損傷
   9)膝靱帯損傷
   10)膝関節スポーツ障害

 F 足関節,足部
  1.足関節,足部の解剖
   1)骨
   2)血管
   3)神経
   4)筋肉
   5)靱帯
  2.足関節,足部の診察法
   1)問診
   2)視診
   3)触診
  3.足関節,足部の検査法
   1)単純X線検査
   2)CT
   3)MRI
   4)関節鏡検査
   5)関節造影検査
   6)骨シンチグラフィー
  4.足関節,足部の治療法
   1)保存的治療
   2)手術治療
  5.代表的な疾患の要点
   1)変形性足関節症
   2)成人扁平足
   3)外反母趾
   4)関節リウマチ
   5)痛風関節炎
   6)足根管症候群
   7)外脛骨障害
   8)足底腱膜炎
   9)足部骨端症

巻末資料
 1.関節可動域測定
 2.主な徒手筋力検査

索引