医学・医療の電子コンテンツ配信サービス

isho.jp

0 ようこそ、ゲストさん
0

≪新NS NOW4≫

脳・脊髄腫瘍摘出のための引き出し【電子版】

腫瘍摘出のコツとピットフォール

森田 明夫 (担当編集)

出版社
メジカルビュー社
電子版ISBN
978-4-7583-7504-7
電子版発売日
2016/12/12
ページ数
224ページ
 判型
A4
フォーマット
PDF(パソコンへのダウンロード不可)

電子版販売価格:¥11,880 (本体¥11,000+税8%)

印刷版ISBN
978-4-7583-1564-7
印刷版発行年月
2015/12
ご利用方法
ダウンロード型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
2
対応OS
iOS9.0以降 / Android5.0以降
※コンテンツの使用にあたり、専用ビューアisho.jpが必要
※Androidは、Android5.0以降の端末のうち、国内キャリア経由で販売されている端末(Xperia、GALAXY、AQUOS、ARROWS、Nexusなど)にて動作確認しています
必要メモリ容量
108 MB以上
ご利用方法
アクセス型配信サービス(買切型)
同時使用端末数
1
※インターネット経由でのWEBブラウザによるアクセス参照
※導入・利用方法の詳細はこちら

この商品を買った人は、こんな商品も買っています。

概要

オールカラー・ビジュアル・わかりやすい紙面が特徴の『新NS NOW』シリーズ。
No.4では腫瘍をテーマに取り上げ,総論と各論で構成。総論では腫瘍摘出全体にかかわる共通の技術や理念,術前のシミュレーションを,各論では各種脳・脊髄腫瘍に対する検査や摘出術のポイント,手技のコツ・ピットフォールを示している。
腫瘍の摘出では事前の正確な検査・診断,血管や神経近傍での剥離・摘出の操作,播種を念頭に置いての術後の検査など,注意を要するさまざまなポイントをカラーイラスト・写真を豊富に用いて解説。脳神経外科専門医も,これから専門医をめざす医師も必読の1冊である。

目次

Ⅰ 総論
 腫瘍摘出のコンセプト  森田明夫 
 腫瘍摘出のための画像評価とシミュレーション  金 太一
 ハプティクスと立体モデルによる実体感型手術シミュレーション  大石 誠,ほか
 モニタリングの活用と腫瘍摘出度の決定(止めどき)  後藤哲哉,ほか 
 脳血管外科の視点から取り組む脳腫瘍手術 塩川芳昭

Ⅱ 各論
 グリオーマ摘出計画法 転移性脳腫瘍を含めた悪性脳腫瘍の摘出計画法  小林啓一,ほか
 グリオーマ摘出術 血管損傷を避けるために  隈部俊宏
 Tractに留意したグリオーマ摘出 NY Tract Finderを用いた錐体路同定法  山口文雄
 ALA光線力学診断(ALA-PDD)ガイドによる腫瘍摘出術  金子貞男
 レザフィリンⓇとphotodynamic therapy(PDT)  秋元治朗
 髄膜腫摘出 神経・脳幹との剥離  森迫拓貴,ほか
 髄膜摘出時の穿通動脈保存法  中溝 玲,ほか
 神経鞘腫 特に神経との剥離に重点をおいて  河野道宏
 下垂体腺腫の被膜外摘出  田原重志,ほか
 頭蓋咽頭腫に対する開頭手術 Bilateral subfrontal/interhemispheric approach  山本哲哉,ほか
 頭蓋咽頭腫に対する経鼻内視鏡手術 鞍上部腫瘍を中心に  阿久津博義
 脳幹腫瘍 海綿状血管腫 Tractやvein術前予想に基づいた脳幹の手術  高木健治,ほか
 血管芽腫  中冨浩文,ほか
 脊索腫  齋藤 清,ほか
 脊髄髄内腫瘍 血管とtractの温存  川本俊樹,ほか

●シリーズ わたしの手術記載
 ①経錐体到達法を用いて切除した脳幹部橋海綿状血管腫  森迫拓貴,大畑建治
 ②腫瘍手術  森田明夫